最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

食事の時に、「いただきます」、「ご馳走様でした」、と言いますが英語でいう場合は何といえばいいのですか?また初対面の時に言う、「宜しくお願いします」という言葉は英語ではどういえばいいでしょうか?

A 回答 (8件)

「文化の違い」と言っても、意味合いは同じと考えましょう。


日本の「いただきます」は誰に対して言っているかと考えると、その食事を手配し、料理した人だけではなく、食材を販売ルートで配送した人、食材を田畑で育て収穫した人、人のみならず悪天候に会わなかった幸運(自然、神?)など、あらゆることを日本では考えます(やおよろずの神)。それらへの感謝の意味です。
「宜しくお願いします」は、これからお世話になりますということですが、英語では「Thank you in advance.」という表現はあります。あまり使いません。先にお礼を言って置けば、言い忘れもないだろうと、若干勝手な想い。
    • good
    • 1

thanks God, for having dishes. 神へのお祈り。

かな。
    • good
    • 0

No.5 さんと同じ。

補足です。

アメリカで家庭の夕食によく招待されたのですが、全員が揃ったところでお祈りします。ご存知の「天にましますわれらが父よ(Our Father, which art in heaven,)」から始まる言葉です。その中に「Give us this day our daily bread.」というのも入っています。「bread」が食事に相当します。
最後はアーメンです。ですから、このアーメンが日本語での「いただきます」に相当します。

つまり、神がこの食事を与えて下さったことを感謝する、ということです。
日本の場合も、日本の神を含む自然や人間を含む世界のあらゆること、から授かった食事なので、感謝するという意味の「いただきます」なのですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

具体的な経験に基づく回答は参考になりました。食事に対する感謝の気持ちは同じですね。但しピッタシの英語はなさそうですね。文化の違いですね。

お礼日時:2021/09/12 19:43

ご質問のような日本人が普段言うような3つの言い方は日米文化の違いで英語には無いというのが正しいと言えます。

ただし次のようなことはあります。

「いただきます」→ 今のアメリカではごく少数派だと思いますが信仰心の厚い家庭では食事の前の祈りをします。祈りの言葉の最後を Amen で締めくくるやつです。あれがある意味「いただきます」に当たります。

「ご馳走様でした」→ 家庭では言いませんが、例えば友達の家などにお呼ばれして食事が済んだ後、何も言わないよりは ”Thank you for the meal. ” を 「ご馳走様でした」の意味で言うことがあります。

「宜しくお願いします」→ いかにも日本的な言葉ですが、アメリカではこんな挨拶言葉はありません。直訳的には Please be kind to me のようなことですが、こんなことを初めて会った人に挨拶としては言いません。初めて会う人との挨拶では、How do you do? の後 Nice to meet you. と言ったりしますが、この Nice to meet you のほうが「宜しくお願いします」に相当すると言う人もいます。日本語で「はじめまして」→「宜しくお願いします」と続くので一理あると思います。
    • good
    • 3

そう言う英語はありません。


だから、日本語の多様性を感じますね。
日本語って感性豊かでいいですね。
    • good
    • 1

欧米ではいただきますいいません。

熱心なキリスト教の家族ではお祈りします。またよろしくという表現もありません。欧米人にとって曖昧すぎる言葉だからでしょう。
    • good
    • 0

ないです。


「いただきます」にあたる挨拶がある日本がむしろ世界的にはレアらしく、日本にどうしてそういう表現があるのか外国人が考察してるのを時々見ます。大抵は「食材や料理を作っている人達への感謝の気持ちから」といった説明がされています。

「よろしくお願いします」もないです。日本人はこの言葉をしつこいくらい乱用しますが、海外の人と交流する時にこれが言えないからと言って不安になるべきではありません。
例えば目上へのメールでも、挨拶は”Hello, this is Smith.”「こんにちはスミスです」程度で、日本人のように「お世話になっております。昨日はありがとうございました・・・・・以上、取り急ぎ失礼致します。お手数ですがよろしくお願いします。」なんて長々と意味の無い挨拶はしません。というか”hello”の一言にこれが全部含まれていると考えるべきかもしれません。用件だけを簡潔に言います。それが普通であって、失礼とかドライ過ぎるなんて思われません。

海外交流では日本の常識はまるで通用しないことをよく理解する必要があります。
それと、直訳する癖も直す必要があると思います。より慣用的な表現を積極的に使うべきです。
    • good
    • 2

もともと「いただきます」と「ごちそうさま」は神道に由来する言葉だと言われています。

神道は年賀状や初詣など日本独自の感覚のものが多く、生活の一部になっていますよね。そうすると、神道とは縁のないアメリカでは「いただきます」や「ごちそうさま」という表現はないのでしょうか?

厳密にいうと「いただきます」と「ごちそうさま」に対応する英語はありません。

ご参考に
https://www.qqeng.com/blog2/study/column313.html

https://www.rarejob.com/englishlab/column/201809 …
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング