こんにちは。

「ギター弾きの恋」の原題とその日本語訳を教えてください。

映画を見に行ったのに、すっかり忘れてしまいました。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Sweet には「優しい」「可愛い」という意味がある。

Lowdownはジャズ界では「ひどく感情的に」「低音で感覚的な」という意味で使われ、「卑劣な」「堕落した」という意味もある。パンフレットに書いてありました。
    • good
    • 0

「Sweet and Lowdown」です。


日本語訳は知りません。「甘くて堕落?」
誰か教えて~!!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ギター弾きの恋」の原題の意味について

こんにちは。最近ケーブルテレビでウディ・アレン監督、ショーン・ペン主演の「ギター弾きの恋」を見たのですが(すごくよかったです)、この映画の原題「Sweet and Lowdown」の意味がよくわかりません。いろいろな方のレビューのページを見てみたのですが、みなさんそれぞれ解釈が違うようで・・・。

おそらく最初の sweet は、口のきけない恋人のことを言っているのかなとおもうのですが、lowdown は・・・?主人公のショーン・ペンのことなんでしょうか。だとすると名詞+名詞?私はふたつとも形容詞的に使っているのかな?とも思ったのですが・・・。

単語そのものの意味はわかっても、映画の内容から、具体的にどんなことを指しているのかがいまひとつわかりません。無理矢理題名っぽく訳すとどんなかんじになるのでしょう?

わかる方いましたらぜひ教えてください。できれば自分流の解釈ではなくて、正解に近いものが知りたいです。(勝手ですみません・・・)

Aベストアンサー

こんにちは、度々すいません。

インターネットを検索して調べていたら、いくつか正しそうな意見がありました。
もし宜しければ、参考にして下さい。
お役に立てず、すいません。

<1>
原題「Sweet and Lowdown」
ラスト、エメットは自分の卑屈さ(lowdown)にやっとのことで気づいて、ホントに大切だった人(sweet)を想い、宝物のはずのギターをブチ壊すのです。

<2>
原題は『Sweet and Lowdown』で、これは劇中エメットが神様のように称える天才ジャズ・ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト(実在の人物)のアルバムの同名タイトルでもあり、加えてアレンのごひいきの、ジョージ・ガーシュイン(『マンハッタン』でも彼の曲を起用)が作曲した有名なスタンダード・ナンバーでもある。単語本来の意味が、“甘さと堕落”といったところだから、これはエメットの恋や人生にぴったりマッチした名タイトル。

Q「運命を分けたザイル」の原題について。

Touching The Void
が原題ですが、日本語に訳すと、どうな感じが適切でしょうか。
こういうテクニカルタームがあるのでしょうか。
何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

絶対絶命、万策尽き果てる といったニュアンスですね。
俗語であることを意味しますがそれは書きませんので興味が有ればネットで検索して下さい。

参考URL:http://us.imdb.com/title/tt0379557/

Q原題→邦題 誰が決める?

映画の邦題なんですけれど、私には、納得できるものもあれば、「え??」と思ってしまうものもあります。
もうすぐ日本で公開される(もしかしてもう公開中?)の「ゴースト・ハウス」は原題が「the messengers」ですが、映画を見て、この題の違いによって、この映画の意図することが少し違ってきてしまうのでは?と思いました。

原題から邦題というのはどのように決められているのでしょうか?映画製作会社がなにかの権利をもっているのでしょうか?それとも、翻訳家の方が決められるのでしょうか?

ご回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

既に出ているように、配給会社がつけるようです。一時期なんでも「愛と哀しみの」とか「愛と青春の」とか「愛」を頭に付けることがはやりました。最近は、アメリカの興行成績情報が日本にリアルタイムで入ってくるので、オリジナルタイトルのカタカナ読みが増えていますね。

また、アメリカ本社からの指示で決めるもあるようです。日本人の英語力からするとなんだこりゃ?(少なくとも私はそう)、のタイトルもあります。「ホワット・ライズ・ビニース」は本社指示のタイトルだったそうです。

「ランボー」は日本で勝手につけたタイトルですが、アメリカで評判が良くなんとPART2製作の際は、向こうでも使われることになりました。逆輸入ですね。「バタリアン」も本編には全然出てこない名前なのに勝手に語感だけで付けたそうです。むちゃくちゃですが、かえってそれが受けたりするので、水物ですね、ほんと。

英語以外は今でもちょっと趣きがあるものがあったりしますよね。「あるいは裏切りという名の犬」とか感心しちゃいました。

Q『赤ちゃん泥棒』(原題:Raising Arizona)

『赤ちゃん泥棒』(原題:Raising Arizona)
ホリー・ハンターが、赤ちゃんを腕に抱きながら聴かせている子守唄
カントリーソング(「絞首台に連れられていく~」)らしいですが、曲名を教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

この場面ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=eWYvDsyfqnI


「Down in the Willow Garden」だと思いますが、歌っているのはこの曲の終わりにちかい部分です。
http://www.youtube.com/watch?v=Xp_ivMnp0lM

歌詞はここのところ。

My father sits at his cabin door,
Wiping his tear dimmed eyes,
For his only son soon shall walk
To yonder scaffold high.
My race is run beneath the sun,
The scaffold now waits for me,
For I did murder that dear little girl
Whose name was Rose Connelly

Q「北京ヴァイオリン」の原題の意味。

 先日観てきましたが、なかなかの佳作でした。

 ところで中国語の原題は「和ni在一起」(niは日本語フォントだと出ない)とクレジットされてましたが、この意味は何ですか?

 「君と一緒に」とかそういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

「貴方と共に」という感じですネ。
「和」は「○○と」「○○に加えて」「○○プラス」という意味ですから。
「在」は「いる」「所属する」「暮らす」といった意味合いになります。
以上kawakawaでした


人気Q&Aランキング

おすすめ情報