へちまの観察を夏休みの自由研究でやるつもりでしたが、お花が25咲いたのに、め花のつぼみができても、つぼみのままかれてしまいました。なぜか教えてください。

A 回答 (1件)

理由はいくつか考えられるのですが・・・。


花の開花には気温や日照、湿度などの気象条件が大きく関与しています。
め花が出来始めてから開花するまでの間、雨が続いたりはしませんでしたか?
雨が続いて気温が下がると花の成長がうまくいかないことがあります。
また、そのへちまはどのような所に植えてありましたか?
屋外でも日当たりの悪い場所や極度に痩せた土地などでは花がつきづらいですよ。
その他にも虫につぼみの根元をかじられたり、強い風などによりつぼみが傷ついた
りした場合もめ花は咲かずに枯れてしまいます。

何にしてもへちまの成長が観察できずに残念でしたね。
でも「なぜ咲かずに枯れてしまったのか」ということを疑問に思うことは非常に良い
ことだと思います。
これからもいろいろな植物について観察・勉強を続けてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今年はだめでしたが、来年またちょうせんしたいと思います。やさしいアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/09/22 00:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実生のりんごは、いつ花が咲きますか?

いつもお世話になっています。

5年程前に、食べたりんごの種をまいたところ
今じゃ、3m位に育ちました。
りんごの種類は、ふじだと思います。

いつ花が咲くのだろうと
毎年この季節を楽しみにしているのに
また今年も裏切られてしまいました。

りんごは、実生では花が咲かないのでしょうか?
実をつけなくても
花だけでも見たいと思ってるのです。
それとも、接木とかしなければ無理なんでしょうか?

どなたかわかる方
教えてください。

Aベストアンサー

果樹の専門家[(独)果樹研究所]の論文の中に『永年性である果樹は、モモ・クリ3年カキ8年と言われるように花が咲き実がなるまでの幼若期間が長く、遅いものでは播種後10年くらいは結実しません。リンゴ「ふじ」を例にとると、「国光」×「デリシャス」の交配が1939年、のちに「ふじ」と命名される実生系統の初結実が12年後の1951年、「ふじ」命名が1962年と、交配から登録品種となるまでには23年を要しました。』とあるように、実生からの結実までには長い年月を必要とします。
3m位になっているということですから、まもなく咲くようになるでしょう。

接ぎ木をすれば早く花を咲かせることができます。

リンゴは自家不受粉性が高いため、結実の効率を上げるためには別な品種の花粉を受精させます。フジの種子をとって蒔いたと言うことですが、その子は、純粋なフジではなく、別な品種との交配種の可能性が高いと思います。リンゴに近いサクラなどは、とても交雑をしやすく、同じ木からとった種でもまたく違う性質のものが出たりします。もしかしたら、とても意外な性質の実がなるかもしれません。楽しみですね。

果樹の専門家[(独)果樹研究所]の論文の中に『永年性である果樹は、モモ・クリ3年カキ8年と言われるように花が咲き実がなるまでの幼若期間が長く、遅いものでは播種後10年くらいは結実しません。リンゴ「ふじ」を例にとると、「国光」×「デリシャス」の交配が1939年、のちに「ふじ」と命名される実生系統の初結実が12年後の1951年、「ふじ」命名が1962年と、交配から登録品種となるまでには23年を要しました。』とあるように、実生からの結実までには長い年月を必要とします。
3m位にな...続きを読む

Q花が咲く野菜は(過程、育ち過ぎて)?

花が咲く野菜を今調べています。収穫の過程で花が咲くものや、熟れ過ぎて生えてきたもの、そのいろいろを教えてください。サイトなども教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

大半の野菜は被子植物なので、花が咲きます。

実を食べる野菜は、花が咲かないと実ができません。
胡瓜、茄子、トマトなどがそうです。
米や麦、トウモロコシなども、目立たないものですが花は咲きます。

葉を食べる野菜は、開花前に食べるものがほとんどです。
なので、収穫せずに放置すると、花が咲きます。
キャベツ、ほうれん草、ネギなどがそうです。
これらの大部分は、花が咲いたら食用には適しません。

地下茎や根を食べる野菜は、開花時期とは無関係に収穫するものもあります。
ジャガイモなどは一般的に開花後に収穫しますが、開花前でも収穫はできます。

主として花の部分を食べる野菜もあります。
ブロッコリー、カリフラワー等の粒状の物は、花の部分(正確にはつぼみ)です。
花が咲いてしまうと、美味くなくなります。

Qかぼちゃが小さい実のまま次々と腐っていきます。花からカビ始め、全体を覆

かぼちゃが小さい実のまま次々と腐っていきます。花からカビ始め、全体を覆いつくしジュクジュクになり、朽ち果てていきます。雄花もカビて腐っていきます。なぜなのでしょうか?対処方法を教えてください。よろしくお願いします。画像も付けておきます

Aベストアンサー

こんにちは。

判定が難しいですが、たぶん綿腐病かなと思います。
これは排水の悪い畑などで栽培するとかかりやすい病気です。
ですから髙畝にするとか、マルチで花や果実を直接土に触れさせない
などの対処が一番です。

残念ながら有効な薬剤はないのですが、気休め程度に
ジマンダイセン水溶液などを散布してみてはいかがでしょうか。

http://www1.takii.co.jp/tsk/bugs/ank/disease/index.html

参考URL:http://www1.takii.co.jp/tsk/bugs/ank/disease/index.html

Qへちまの実がなりません

 小4の娘がいる父親です。
娘が学校から持ち帰ったへちまの実が成らなくてこまっています。花は咲くのですが、すぐに落ちてしまいます。
 葉は丈夫で、病気をしているようには見えません。落ちた花は、雄花のようでした。アパートのベランダで育てています。
 どうしたいいか教えてもらえないでしょうか。雌花と雄花がいっしょに咲かないとだめなのでしょうか。
 雌花が咲いた時に他の花の花粉等をつける方法はないのでしょうか。
 娘を喜ばしたいので、どなたか良い方法を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

ご存知の通り、ヘチマには雄花と雌花があります
雌花は雄花に比べて数が少ないのでなかなか身がつきませんよね
雌花が咲いたら、雄花の花粉を無理やりつけるしかないかもしれないです。そうすれば大体は受粉しますので。
雄花はどうせ落ちてしまうので、思いきって花をちぎって花弁を取り、雌花に花粉をつけるといいです。
筆に花粉をつけて、雌花に・・・っというよりは、受粉率が高いです。
うちにもかぼちゃやニガウリなど瓜系のものをうえているのですが、自然任せじゃなかなか見が結びません。
一株につき、1~2個つけばいい方です
早くしないと時期が終わってしまうので、次、雌花が咲いたらガンバってください!
あと、一株だけでなく2、3株一緒に栽培すると花がたくさん咲くので十分の確率も高くなりますが、やはりアパートでは難しいですよね
ちなみに、他の花の花粉では実はつきません・・・

Qヘチマ、雄花、つぼみについて

理科の参考書か資料集で見たんですが、
「ヘチマの雄花のつぼみは下から花が咲く」
という表現がありました.

雄花が「つぼみが下から咲く」と表記してあって
雌花については特別な言い方はしてませんでした.

迷っているのは、「下から」の下とはなんのことをいってるのかってことです.
ヘチマ全体を見て、土に近い方から順に咲くことなのか、
ひとつの雄花の5個ほどあるつぼみの下の方から咲くことなのか.
どうなんでしょう.お分かりの方いらっしゃったらアドバイスください.

ちなみに、雄花の5個ほどあるつぼみの下から咲く場合で、
つぼみの下っていうのは、先端に近い方ってことなのか、茎(幹)に近い方なのかってことも迷っています.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

>「下から」の下とはなんのことをいってるのか

>ヘチマ全体を見て、土に近い方から順に咲くことなのか、
このことを指していっていると思います。
(へちま、ひょうたん、うり、かぼちゃなども同じですね。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報