【OCN】1GBプレゼントCP中!

コードギアスと言うテレビアニメの英語版で次の場面があります。
C.C.(シーツー)と言うキャラクターが危険な行為をするのに対し、
主人公がその身を案じて「死ぬなよ、C.C.(シーツー)」と声をかけます。

ですが、C.C.とはその作中内において、不死の魔女なので、その声かけに対して
(お前は)「誰に言っている? 」(私は不死なのだから死ぬ訳がないだろう)
と返事をします。カッコ内の言葉は文脈を整理するための私の補足です。

この「誰に言っている? 」のセリフが英語版ですと、

Who are you taking to ?
になっていたのですが、これで意味は通じるにしても、正しくは

Whom are you taking to ?
ではないかと思うのです(誰に=whom、誰が=whoと言う区分で)。

まず文法的に上記のどちらが正しいのかの確認をしたいのと、
ネイティブ的には自然な語用としてどちらを使用するのかと言うのが気になり質問させて頂きました。
どうも海外の反応を見ると普通に通じているようです。

私がwhomの使用方法を誤認している可能性もあり、それも含めて確認させて頂きたい次第です。

どなたか分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    皆様回答ありがとうございました。

    1.takingは誤りでtalkingです。失礼しました。3回も誤記しておいて何で気づかんと言う。
    2.おおよその見方で文法的には正しいかもしれないが、通常はwhoであると言うのも理解しました。

      補足日時:2021/09/15 22:27
  • 3.これは決してわざとではないのですが、本当に偶然にこの問題を別個ネット検索していたところ、ドンピシャの回答をyoutubeで(しかも投稿日が昨日だったか)でアップしている人がいました。


    言語学からの仮説としての回答で、
    (1)言語としての英語として、主格と目的格の収束する圧力がある(whomは圧力を逃れた生き残り)。
    (2)形式に関する美学と心理学が入っている。
    (3)全ての語順をSVに適応させる言語的潮流がある(whomが一番最初に来てもwhoとしたい言語使用的潮流の圧力がある)。
    (4)不変化詞に向かおうとする傾向
    (5)ネイティブのリズム的に言いにくい。
    とのことでした。

      補足日時:2021/09/15 22:27

A 回答 (9件)

結論からいくと


・文法的には whom
・ただし現実的には who
となる.

すっごく厳格にいくなら本来は
To whom are you talking?
だと思う. 疑問詞 whom が語頭に移動するんだけど, 「前置詞+目的語」という 1つの句として移動するため前置詞の to もそれに引き摺られる.

ただし, 「本来」はそうであっても現実的には前置詞が後ろに置き忘れられて
Whom are you talking to?
になってしまう (関係詞の場合もしばしばこうなる) し, こうなると
・疑問詞が文頭にある
・あからさまな「目的語」には見えない
という点で whom の代わりに who が使われる (現代の英語において主格と目的格がほぼ合流していることにも注意). 結果として, 「現代における最も一般的な表現」は
Who are you talking to?
になる. もちろん何らかの理由で「格式ばった」表現が必要であれば, 最初にもどって
To whom...?
という形になるし, その場合にはおそらく日本語としても「それっぽい」表現が求められる. 例えば, 小説 For Whom the Bell Tolls は
誰がために鐘は鳴る
とかたい訳をされている.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>For Whom the Bell Tolls
! なるほど! これ一番しっくりきました。

お礼日時:2021/09/15 22:29

「文頭にあると『主格』と思われる」というのは確かにあって, その結果として本来目的格であったはずの you が主格の地位まで奪って

る. 逆に「なにかのあとにあると『目的格』と思われる」というのもあって, be 動詞の補語や比較するときの than のうしろが目的格になってることもあるね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー。
> be 動詞の補語や比較するときの than のうしろが目的格になってる
は分かりました。

> 「文頭にあると『主格』と思われる」というのは確かにあって, その結果として本来目的格であったはずの you が主格の地位まで奪ってる
がよく分かりませんでしたが、回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/09/19 11:05

#7で回答した者です。



>ちなみにアニメでのセリフ「誰に言っている? 」は3秒くらいしかないので、日本語の原盤の絵に合わせる必要があってセリフを短くしたのだと思います。

ならば、なおのこと「Die? Me?」あたりがいいですね。話がそれてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、そうかもしれませんね。
これは作品中でのセリフの前後の流れもあるので、何が最適なのかについては作品を見て頂き、そこで判断するしかない感じですね。

コードギアスは、英語が素人の私から見ても、英訳に度々失敗している箇所があり、外国人はこれを本当に本来の作品を楽しめているのかなとかなり疑問に思うところがあり、訂正したいところなのですよ。
(2期6話で「やり直せるはずです・・・人は! 」と言うセリフのところは、本来の作品ベースで言えば「一般論としての「人間はやりなおせない」と言うロジックそのものに対して真正面から立ち向かって行き、一般論そのものを否定してやりなおせるはずだという強い信念の人間的意思を発する」と言う、人間そのものが主題になっている呼びかけをするのが、物語中でのその背景をベースとして伝えたいメッセージだったと思うが、これが英語訳だと"If you're human,you'd try it again ! "(扱うべき文中の主題が「人間に関わる一般論」から「あなた」になってしまっている)だとか別の訳だと"turn over, please... !"など超意訳みたいになってしまっていて、かなり直したい・・・)

これもあって、ひょっとしてWho are...の件もそうなのかと思って質問したところ、そうではないという確証が得られました。皆様ありがとうございました。
私個人としては、ここのQAの皆様からのご意見を受けたのもあり、"Who are you talking to ?"でしっくり来ました。

あと外国人の反応は、このWho are...のところで「クゥ〜!!! 」みたいな良い反応をする人もいたので、ネイティブ的な自然な言語の感受としてもこれで合っているのではないかなと思います(無論そうでない人もいたので、そういう人達にとって不自然な訳なのかとも思いましたが、しかしそうではないことが重層的に分かりました)。

お礼日時:2021/09/19 10:30

Whom のほうが正確なんでしょうけれど、一般的には Who を使うので、よほど個性的なキャラクターなのでなければ Who です。



ただ、その文脈で「誰に言っている?」というセリフがあるならば、「Who are you taking to?」は不自然です。英語声優のセリフの言い方の抑揚で意味を伝えているのなら、それでもいいかもしれませんが、私なら「Who do you think you're talking to?」にします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。
なるほど。
ちなみにアニメでのセリフ「誰に言っている? 」は3秒くらいしかないので、日本語の原盤の絵に合わせる必要があってセリフを短くしたのだと思います。

お礼日時:2021/09/15 22:34

Who are you taking to? ではなく、


Who are you talking to? です。

Whom are you taking to? は
Whom are you talking to? のつもりだとしても
そんなこと言う人はいません。

実際に使用されている言語の説明を試みたのが文法です。文法が先にあって言語が後からついてくるのではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誤字失礼しました。
また回答ありがとうございました。
なるほどー。

> 実際に使用されている言語の説明を試みたのが文法です。文法が先にあって言語が後からついてくるのではありません。
これは考えさせられることがあります。
補足に動画を引用しましたので、是非こちらを見て頂ければ今後の英語ライフに参考になるかと思います。

お礼日時:2021/09/15 22:31

Are you joking???

    • good
    • 0
この回答へのお礼


回答ありがとうございます。

お礼日時:2021/09/15 22:30

Who are you taking to ?で正しいです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/09/15 22:30

※動詞や前置詞の目的語になる(人)について誰?と聞く時はwhomを使うと教科書では習いますが、ネガティブスピーカーはほとんど使いません。


例:誰にあなたはスキーを教えているの?
Who do you teach skiing to?
上の例のように「Who+文末に前置詞」という形になります。
>Whomを耳にしない理由
※会話でwhomを使うことはほとんどない→アメリカの口語表現ではwhomを使う人はほとんど居ないです。
*ですが、堅い論文のような文章ではwhomを使うようです。
*Whoで代用されたり場合によっては完全に省略してしまうこともできます。

まとめ
※会話ではwhomではなくwhoでOK(現代英語では目的格でもwhoを使う場合がほとんどという状況)
例:だれに投票しましたか?Who did you vote for?
>(例文)誰に言ってるの?
Who are you talking to?
この場合、会話文なのでwhomではなくWhoを使う方が(堅い印象がwhomにはある)自然なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

なるほどなるほど。やっぱり固い文だと使って、口語では使用しない、と。

お礼日時:2021/09/15 22:29

口語ではwhom は殆ど使わず who で代用します。

なので Whom are you talking to? は文法的には正しいとしても、口語では99.9%の人が Who are you talking to? と言います。

whom という単語を見るのは、日本の手紙で「関係者各位」を意味する "To whom it may concern" ぐらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

形式ばる時だけwhomを使うんですね。
具体例提示頂きありがとうございました。

お礼日時:2021/09/15 22:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング