中1の夏休みの科学研究で、
紅茶の色の変化を調べました。
紅茶に、レモン、洗剤などを入れて色の変化を調べたのですが
何故、そのように変わるのかがわかりません。
どうぞ、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

科学 研究」に関するQ&A: 科学研究

A 回答 (2件)

お茶の成分のタンニンの変化だと思います。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=118845
    • good
    • 0

紅茶には色や味を決める「テアフラビン」という成分が含まれています。


この「テアフラビン」がレモンに含まれる「クエン酸」と反応して色を消してしまいます。
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q12.html
こちらに詳しく載っていますので参考までに。(ちょっと難しいけど。(^^ゞ)

洗剤については解りませんでした。。m(__)m
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラスで上手くいっていません。 孤立しかけています。 今は夏休みなので目立ちませんが、夏休みが明けれ

クラスで上手くいっていません。
孤立しかけています。
今は夏休みなので目立ちませんが、夏休みが明ければペア決めなどで女子が奇数なので、私のあまりが目立ちます。 
他のクラスの人とは上手くいっているのに、自分のクラスの人とは何故か上手くいきません...  
それに対しての漠然とした恐怖があります。 
二人ペアを組まされるときなんか、最悪の気分です。
一人になるのは私の性格に問題があるからなのでしょうか?
こういう経験をしたかたアドバイスなどください。

Aベストアンサー

なんでペアを組むんですか?そこが気になりますね。

貴方は、他のクラスの人とはうまくいっているんでしょう。なら大丈夫です。
性格上の問題ではありません。 多分そのクラスの人と貴方が少し合わないだけです。
『仕方ないや。』これで忘れちゃいましょう。
どうしても無理なら、そのペアで何かをする時は、休みましょう。
嫌なことからは、逃げましょう。 手遅れに、なる前に逃げましょう。

Q理科の先生に質問です。塩化銅水溶液にBTB液を加えたときの色の変化を教えて下さい。

塩化銅水溶液が青色で酸性であること。また、BTB液はもともと青色だがアルカリ性だからというわけではないこと(オオカナダモの呼吸と光合成の実験ではアルカリ性にしておく)などを最近知りました。
そこでふと考えたのですが、もともと青色をしている塩化銅水溶液にBTB液を加えた場合、色の変化はどうなるのでしょうか。BTB液の量を増やしていくにしたがって青色から緑色、黄色と変化していくのでしょうか。
また、塩化銅水溶液に限らず、もともと色のついた水溶液のPHをBTB液やリトマス、フェノールフタレインなどで調べるのは無理があるように思いますがどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

>>BTB液はもともとアルカリ性なんですか?

BTBは普通粉末ですから、
水に溶かした時にアルカリ性にするか中性にするか酸性にするかで違ってくると思います。
一般的にはあんまり水に溶けにくいものですんで、エタノールやメタノールあたりに溶かしてから水で希釈して用います。



青は分子の色というのは間違いないですよ。
BTB分子の中に水素イオンがついたり離れたりする部分があるのですが、
酸性条件だと周りに水素イオンがいっぱいあるんで分子に水素イオンがくっついた状態で存在しています。
アルカリ性条件だと周りに水素イオンがほとんど無いので、いちど離れた水素イオンがまたくっつくということが起こりにくくなります。
中性だとくっついていたり、いなかったりする部分が各々あるわけです。


そんなわけでpHによって分子に存在する水素の数が違ってくるんで、
水素を共有結合させるために、分子全体の電子のバランスが変わるから色が変わって見えるわけです。
(多くの有機物の場合、ベンゼン環とかにある二重結合にどれだけ電子が集まりやすいかとかで色が決まってくるですよ。
詳しくは大学で学んで下さいです。)



BTB粉末の量にもよると思いますけど、確かメタノールに溶かしたときは青かったような気がします (^^;)。
ちょっと記憶があやふやで申し訳ありません。
これを大量の水で希釈すると黄色くなりますよ。
普通、水は大気中の二酸化炭素が溶けて酸性になってるからです(pH 5.4-5.6)。
たぶんオオカナダモの実験には始めアルカリ性であった方が都合いいので
薄い水酸化カリウムか水酸化ナトリウムでアルカリ性にすると思います。
必要に応じて液性を変えるわけです。
普通はアルカリ性にしておくと二酸化炭素を吸って酸性になるので、
中性~弱酸性で存在してると思います。



だから、BTBはもともとアルカリ性か酸性かと聞かれると
粉末状の固体なんで、酸性でもアルカリ性でも無いと応えるしか無いです。
ただ、何か加えてアルカリ性にしたBTB液に完全な中性の塩水を加えていくと緑色に近くなります。
BTBのアルカリ度を示す水酸化物イオン(OH-)が塩水が加えられることによって薄まるからです。
とはいえ、10000-100000倍量ほど希釈しないと緑色にならないでしょうけど(^^;)。

>>BTB液はもともとアルカリ性なんですか?

BTBは普通粉末ですから、
水に溶かした時にアルカリ性にするか中性にするか酸性にするかで違ってくると思います。
一般的にはあんまり水に溶けにくいものですんで、エタノールやメタノールあたりに溶かしてから水で希釈して用います。



青は分子の色というのは間違いないですよ。
BTB分子の中に水素イオンがついたり離れたりする部分があるのですが、
酸性条件だと周りに水素イオンがいっぱいあるんで分子に水素イオンがくっついた状態で存在しています。
...続きを読む

QオオカナダモのBTB溶液の実験で 元の色は青色ですよね。 そこで、呼気を吹き込むということは二酸化炭

オオカナダモのBTB溶液の実験で
元の色は青色ですよね。

そこで、呼気を吹き込むということは二酸化炭素を吹き込むということ。

二酸化炭素は酸性なのに黄色ではなく何故、緑色・中性になるのでしょうか?


分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

水に二酸化炭素を吹き込むと極少量の炭酸ができて本当に弱い酸性となります。
水は二酸化炭素を溶かす性質を持っていますが、その溶けた二酸化炭素の本当にごく一部が炭酸になり、大部分は水に溶けているけれど二酸化炭素のままです。

この実験はちょっと引っ掛けっぽい問題なのですが、
中性の水に息を吹き込むと少し黄色っぽくなる可能性がありますが…実際に実験してみないと判らないですね…BTB溶液の調整法とか他の要素が微妙に影響するので…。
この実験では青色の液に息を吹き込んでいます。
青ということはアルカリ性です。
呼気の二酸化炭素の一部が炭酸となりアルカリを中和して中性になります。

酸やアルカリの中和反応は中学高校で出てくるのですが、根本的なことを理解するためには大学の理系の基礎課程辺りで勉強しないと理解が難しいです。
簡単な実験なのですが、中高の化学では基本的なことを説明しようとすると難しい理論が必要な事が多いですね。

Q黄色のキティちゃんの筆箱かラメがついた半透明の黄色の筆箱どっちが可愛い? そして、塾にもっていくなら

黄色のキティちゃんの筆箱かラメがついた半透明の黄色の筆箱どっちが可愛い?
そして、塾にもっていくならどっち?
中1女子です

Aベストアンサー

可愛さなら、断然 黄色いキティちゃんですね。
ピンクじゃあなくて黄色がポイント高いと思います。

Q出前科学教室

中学生とその保護者を対象に、出来るだけ低予算で科学実験教室を、学校まで出前で開催してくれる業者(企業でしょうか?)を探しています。でんじろうさんの事務所に問い合わせたのですが、日程が合わず、断念しました。

Aベストアンサー

こんばんわ。くろすです。

下記はいかがですか?

NEC ガリレオクラブ
http://www.nec.co.jp/community/ja/edu/galileo.html

基本的には小学生向けなので、中学生でもよいかどうかは事務局にお問合せ下さいね。なお倍率は高いですが、費用は実費しかかからなかったと記憶しています。(ちょっと前の記憶なので事務局にお問合せ頂く事をおすすめ致します。)

参考URL:http://www.nec.co.jp/community/ja/edu/galileo.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報