岩波新書等のコンパクトな学問書に興味があります。
私は色々な分野に興味がありますが、皆さんが新書を読んで感銘を受けたなど、お勧めの本があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

公務員です。

喫煙の問題について真剣に取り組もうと思ったのは、次の2冊を読んだことがきっかけでした。ご一読ください。まさに目からウロコです。

伊佐山 芳郎『嫌煙権を考える』、同『現代たばこ戦争』〔ともに岩波新書〕
    • good
    • 0

ここ近年、新書ブームですね。

私も、興味の分野が広く(と自分では思っていますが・・・)、大学の教科書や専門書など、普通なら数千円、数万円・・・する書籍の執筆をしている、著名な方々の意見や論評が手軽に読めて、なかなかいいですよね。お薦めの新書はたくさんありますので、色々迷います。
 
それでは、先日、私が読んだ新書を一つご紹介。
 
中公新書1775 自衛隊の誕生(日本の再軍備とアメリカ) 著者:増田 弘
2004年12月20日発行 (ISBN - 4-12-101775-7 )
 
憲法9条関係、海外派遣・・・などなど、自衛隊に関する書籍はたくさん出版されていますが、この本は、巻末には自衛隊の「関係略年表」と「参考文献一覧」もあり、最新の自衛隊の状況、米軍との関係など、なかなか充実しています。
    • good
    • 0

コンパクトな新書タイプなら創元社の「知の再発見」双書がカラー版で手頃です。


300タイトル以上あり著者は専門家で、参考文献も豊富です。
大きな書店ならコーナーがありますから一覧されては如何。
    • good
    • 0

結構前に出た本なので


お読みになったかもしれませんが、
中公新書
神坂次郎著「元禄御畳奉行の日記」
はおすすめです。

「尾張徳川家に250年間秘匿されてきた
『鸚鵡籠中記』という稀有の日記がある。
筆者は御畳奉行朝日文左衛門。
元禄に生きた酒好き女好きのありふれた侍だが、
好奇心旺盛で無類の記録マニア、
湯治の世相を赤裸々に書きとめて倦むことなく、
27年に及ぶ。・・・」

朝日文左衛門の日記をもとにして
天下泰平、豪華絢爛というイメージの元禄とは違った
「元禄の世」を浮き彫りにした本です。

本当に!面白いです。
大笑いさえしてしまう本です。
    • good
    • 0

集英社新書 佐藤賢一「英仏百年戦争」


岩波新書  佐藤賢一「ダルタニャンの生涯―史実の『三銃士』 」
はいかがでしょう?

「英仏百年戦争」は日本人にはジャンヌダルクが活躍したくらいしか知らないと思いますが、名前の通り百年続いた戦争を解りやすく教えてくれます。読んでみてびっくりって感じです。
「ダルタニャンの生涯―史実の『三銃士』 」は三銃士のダルタニャンは実際の人物で物語みたいにかっこよくないけれど、ちゃんとあの時代に生きてましたよってな感じの本です。
    • good
    • 0

特に専門もない一般人ですが、そうした私がたまたま目を通し、印象に残ったものからいくつか。



・「寝ながら学べる構造主義」内田樹 文春新書
身近にあって難解な構造主義を、ソシュールから説き起こして解ったような気にさせてくれるなかなかの一冊だと思いました。
ということもさることながら、「まえがき」にある、
『無知というのはたんなる知識の欠如ではありません。「知らずにいたい」というひたむきな努力の成果です。』
とか、
『知性がみずからに課すいちばん大切な仕事は、実は、「答えを出すこと」ではなく、「重要な問いの下にアンダーラインを引くこと」なのです。』
と言った文章に出会うと、もうそれだけで元が取れたような気にさせられます。

・「日本語の21世紀のために」丸谷才一、山崎正和 文春新書
・「漢字と日本人」高島俊男 文春新書
以上二冊は日本語についての示唆に満ちた本。前者は肝胆相照らす名コンビの対談です。

・「ふしぎの博物誌」河合雅雄編 中公新書
動物、植物、化石・鉱物にまつわる全32話の短い科学エッセイ集です。

・「ふしぎの植物学」田中修 中公新書
副題は「身近な緑の知恵と仕事」。人類の科学がいまだ『たった一枚の小さな葉っぱがやっている』ことに及ばない、植物一般に関する一冊です。

・「水と生命の生態学」日高敏隆編 講談社ブルーバックス
滋賀県は1990年、生態学琵琶湖賞という賞を設け、水に係る生態学の研究者の功績を讃えているそうですが、その9年分が収められている一冊です。もちろん一般人が読んで特に難解なところはありません。というよりむしろ、スリリングで臨場感に溢れた研究記録、その報告となっていて、すこぶる興味深かったです。

・「自然をつかむ7話」木村龍治 岩波ジュニア新書
変に小難しいものより、こうしたジュニア向けの一冊のほうがはるかによく解るというアイロニーを込めて。
物事の興味も理解の仕方も、子供に還り基本に返るべしってことでしょうか^_^;。
    • good
    • 0

学問書ではありませんが、岩波新書の、


新藤兼人「ある映画監督の生涯ー溝口健二の記録」がおすすめです。

溝口健二の助監督を勤めた作者の回顧談ですが、新藤兼人作品(映画と著作を含めて)のなかでぴか一と私自身は思っています。語られる話が興味津々の面白さ。出色のできだから、あっというまに読めます。
    • good
    • 0

こんにちは。



新書は「正しい日本語の使い方関係の本」がほとんどの私ですが、一昨日の読売新聞の書評でとても興味を抱きました。
今取り寄せ中なので、感想を申し上げられなくてごめんなさい。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 」光文社新書
(副書名 身近な疑問からはじめる会計学)
会計学といっても内容は、
・さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
・ベッドタウンに高級フランス料理店の謎
・在庫だらけの自然食品店
・完売したのに怒られた!
・トップを逃して満足するギャンブラー
・あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?
・数字に弱くても「数字のセンス」があればいい
ざっと、目を通すとこの謎を知りたくなりませんか?

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334032 …
    • good
    • 0

こんにちは


学問書はあまり多くは読まないのですが、面白かったのは、
「マヤ文明の謎」青木晴夫 講談社現代新書
「近代絵画史(上・下)」高階秀爾 中公新書
です。少し頭が良くなりました(・∀・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
マヤ文明の謎は面白そうです!
買ってみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/08 16:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q応仁の乱並みの戦火

応仁の乱並みに、京都(あるいは奈良など都)が焼け野原になった出来事は何かありますか?
応仁の乱並みでもなくても、かなりダメージを受けた出来事なら、それでいいです。
教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

京都は長い歴史もあり、政治の中心でもあったために記録も多く、災害についても多くの記録が残っていますが、平安時代は内裏の焼亡などもあったのですが、どのぐらいの広がりがあったのかはっきりしないので、平安も最終期からわかる範囲で。

安元・治承の大火。安元3年-1177-と治承2年-1178-におこった大火。方丈記にも記載された大火。
治承の大火
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BB%E6%89%BF%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%81%AB

養和の飢饉。これも方丈記に記載された飢饉。治承5年改元して養和元年―1181-の飢饉。源平の争乱中におこった飢饉で、対木曽義仲戦の前にして平家側は兵糧・兵員調達に苦しみ、敗因となったとの説がある。
養和の飢饉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E5%92%8C%E3%81%AE%E9%A3%A2%E9%A5%89

応仁の乱に勝る被害と言われているのは、天文年間、特に天文5年―1536-の天文法華の乱で、日蓮宗に対する宗教戦争の過程での日蓮宗寺院焼き打ちからの大火で、京都の大半が類焼。
天文法華の乱(法華一揆)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%96%87%E6%B3%95%E8%8F%AF%E3%81%AE%E4%B9%B1

信長による上京焼き打ち(元亀3年-1572)、室町幕府滅亡直前の対足利義昭戦で、義昭支持の上京地区を信長が焼き打ち。上京のほとんどが焼け落ちる。

宝永の大火。宝永5年-1708年-の大火。
宝永の大火
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E6%B0%B8%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%81%AB

天明の大火。天明8年-1788-の大火。京都の8割消失。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%98%8E%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%81%AB


禁門の変。蛤御門の変とも。元治元年-1864-失地回復のために上京し、御所に迫った長州軍に対して、薩摩・会津藩を中心とする幕府軍が応戦、その過程で火が放たれ、延焼し、大火となる。この大火をどんどん焼けともいうそうです。
禁門の変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E9%96%80%E3%81%AE%E5%A4%89

以上、参考まで。

京都は長い歴史もあり、政治の中心でもあったために記録も多く、災害についても多くの記録が残っていますが、平安時代は内裏の焼亡などもあったのですが、どのぐらいの広がりがあったのかはっきりしないので、平安も最終期からわかる範囲で。

安元・治承の大火。安元3年-1177-と治承2年-1178-におこった大火。方丈記にも記載された大火。
治承の大火
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BB%E6%89%BF%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%81%AB

養和の飢饉。これも方丈記に記載された飢饉。治承5年改元して養...続きを読む

Q岩波ジュニア新書。

岩波ジュニア新書の名著を教えてください。
(一般的評/個人的評価問わず。)
ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

こんばんは。

子どもの選んだ本を読んで、一番面白いと思った「my名著」は、

『ミジンコはすごい! 』(花里 孝幸)です。

恐らく「すごい!」というタイトルに魅かれて選んだようですが、確かに凄かった!
人間様はミジンコを馬鹿にしちゃあイケマセン^^

Q応仁の乱の原因

  応仁の乱の原因ってなんですか?
               教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。(kougakubu)工学部です。

応仁の乱;室町幕府の3代将軍足利義満の死後、しだいに幕府の権力は
守護大名に移っていく。中でも大きな勢力を持つ細川氏と山名氏は、幕
府の実権を争っていた。
 8代将軍義政のとき、将軍と管領(かんれい)の跡継ぎをめぐり、細川
勝元と山名持豊(宗全)が対立し、1467(応仁元)年、【応仁の乱】が始ま
った。全国の武士が細川の東軍と、山名の西軍に分かれ、京都をおもな
戦場として、11年間も戦いが続いた。その結果、京都は荒れ果て、大半
が焼け野原になってしまった。

・・・です^^
参考文献;「新しい歴史教科書」2001.6.10 初版
     著作者 西尾幹二ほか13名より。

Q「岩波新書」ってどうなんでしょう?

大学の教授に、新書をたくさん読めと言われました。
中でも岩波新書は秀逸だと。
先生曰く、
「毎月5冊ずつくらい岩波新書」で出るから、
毎月全部買って片っ端から読むといい」だそうです。

今は社会人1年目で、時間を捻出するのも難しいですが、
知的好奇心は旺盛で、
読書がたまらなく好きなので、休日は本を読むことが多いです。

みなさん的には、岩波新書ってどうでしょうか?
ためになりますか?
ならないとしたら、新書は、
どこのやつがいちばんよさそうでしょうか?

また、小説も合わせて読んでいます。
岩波文庫から、村上春樹の小説まで、
網羅しようと試みています。

Aベストアンサー

岩波新書は心理学関係のものと、歴史関係のものしか読んでないのですが、
心理学関係でいうと、
講談社他の新書と比較して、
興味をそそるような書き方をしていないです。
例えば、タイトルだけ見てもわかると思うのですが、
岩波新書
「心理学入門 第二版」
「欲求の心理」
中公新書
「事故の心理 交通環境と人間の行動特性」
「犯罪心理学入門」
講談社
「うその心理学」
「心理戦争」
現代教養文庫(社会思想社)
「心理テスト」
私見ですが、他の会社の本のほうが手にとってみたくなるタイトルと思います。
中身も岩波は、専門用語が大目で、その内容について深く知りたいと動機付けされた人には
向いていますが、どんなものかなと読む人には向いていないと思います。

歴史関係の方は、専門用語が大目であることにかわりはないですが、
タブン、誰でも一般教養として多少知識があるから、読みやすいのではないかと思います。
(とはいえ、「アンゴラ解放戦争」って言われてもねぇ、とかいう本もありますが。)

Q応仁の乱の旗印

応仁の乱の東軍、西軍の旗印を教えていただけますか?

Aベストアンサー

山名氏の紋は二つ引両紋といいますが、山名氏は新田氏流なので、大中黒の中黒の真ん中を横に細く白線を入れたものです。それに、桐紋の右下、左下にに笹を配した紋があります。

細川氏は九耀紋を使っていますが、後の熊本藩主家が戦国時代に使い始めたとの説がありますので、応仁の乱までさかのぼれるかは不明です。室町管領家の細川氏は松笠菱が家紋ですが、もともと足利氏流ですので、二引両もしくはその変形紋を用いた可能性はあります。ただ、鎌倉時代の細川氏は、足利氏流の中では家格の低い方でしたので、可能性は低いかも知れません。

以上参考までに。

Q講談社や岩波の新書本(それ以外でも可)読んでみるといいもの(高1)

某県立校に通う高1です。参考までに私は法学・人文系を志望しているのですが・・・
最近、大学の2次の事もありますし、それ以上に今後のためにいろいろな本を読んでいこうと思っているのですが、国語の先生からは岩波や講談社などの新書本を薦められました。主にその辺りを中心にして(もちろんそれ以外でも)お勧めのもの、読んでみるといいものを紹介して頂きたいです(特に志望学部に拘る必要もないですが、志望学部の関連の本も読んでみるといい、とは言われました)。
ではお願いします。

Aベストアンサー

文系で。新書に絞りました。
去年たまたま目にしたものを中心にいくつか。

◆『高校生のための評論文キーワード100』中山元著・ちくま新書2005年
一般のニュースやニュース解説より、子供向けのニュースのほうがはるかによくわかる、ちょうどあれと同じ役割でしょうか。
語句の説明に留まらず、切り口から展開までを視野に入れた、高校生はもとより、社会人にとっても基本的な一書と感じます。

◆『グロテスクな教養』黒田里惠子著・ちくま新書2005年
オビに「知的マゾヒズム宣言」と惹句してあって、思わず苦笑しながら買ってしまいました。
日本近代直伝の教養主義が瓦解した現在、知性なるものに、どうアプローチしてゆくか。

◆『西洋音楽史』岡田暁生著・中公新書2005年
クラシックという世界最強の「民族音楽」の、前史(中世)から現代までの流れを一望し、
独断ではないかと問われかねない領域にまであえて踏みこんで語られた、熱く頼もしい一冊。

◆『ウェブ進化論』梅田望夫著・ちくま新書2006年
また新たなウェブの大変化を予感させる、今まさにここでの動き。グーグルの発想と戦略。
これらはきわめてアメリカナイズな、行動主義の産物なのかもしれません。

◆『ルノワールは無邪気に微笑む』千住博著・朝日新書2006年
アーティストたろうとすることへの心意気が小気味よく伝わってきました。
芸術一家のカナメに位置するご母堂がある真剣な問いかけをしていることに対しての、ひそかな解答が内包されているようです。

最後に、ことに印象深かったものとして記憶に残る、
◆『寝ながら学べる構造主義』内田樹著・文春新書2002年
を挙げておきます。

文系で。新書に絞りました。
去年たまたま目にしたものを中心にいくつか。

◆『高校生のための評論文キーワード100』中山元著・ちくま新書2005年
一般のニュースやニュース解説より、子供向けのニュースのほうがはるかによくわかる、ちょうどあれと同じ役割でしょうか。
語句の説明に留まらず、切り口から展開までを視野に入れた、高校生はもとより、社会人にとっても基本的な一書と感じます。

◆『グロテスクな教養』黒田里惠子著・ちくま新書2005年
オビに「知的マゾヒズム宣言」と惹句してあって、思わ...続きを読む

Q応仁の乱

応仁の乱を題材にして書かれた小説、ってなにかないものですかね。

それも面白おかしく(笑
個人的に好きな歴史小説家は司馬遼太郎と高橋克彦なんですが・・・

なにか知ってる方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして

応仁の乱を題材にした小説というのはあまり聞いたこと
がないのですが、そのあたりの時代を背景にした小説を
列挙してみます。

『妖怪』 司馬遼太郎
『はては嵐の~尼首二十万石』 宮本 昌孝
『室町少年倶楽部』山田風太郎
『銀の館』 永井路子
『幻花』   瀬戸内寂聴

Q新書(特に歴史系)って文系(化学系の新書なら理系)以外が読む価値あるのですか?

そもそも新書はどういう目的があるのでしょうか?

わざわざ新書じゃなくても、もっとわかりやすく解説してある入門書とかも売ってるのに新書があるっていうのは不思議です。

イスラムについての新書とかもよく見かけたりしますが、理系の人からしたらどういった価値があるのでしょうか?
逆に、科学関係の新書を文系の人が読む価値みたいなの。

新書の価値みたいなのがよくわからないのでこんな馬鹿な質問になりましたがどうかお願いします。

Aベストアンサー

新書というのは判サイズの意味でしかありませんが・・・?
新書版の小説もあれば各種知識の本もあります。
また各種知識についても、出版形式には四六判も新書も文庫本もあります。
> もっとわかりやすく解説してある入門書とかも売ってるのに
その入門書が新書版で発行されているケースもありますが。

書籍というのは知識の共有のためのツールです。
専門外の知識を手に入れることを「読む価値が無い」などと言い切ってしまうのは暴論だと思います。

例えば会社で技術職をしていた人が海外との提携でイスラム圏の人と話さなくてはならなくなった。
噂には他の文化圏と相容れないという話を聞くけれども実際はどんな歴史を持った世界でどう関わればいいのだろう・・・
そう考えたときにイスラムについての知識を記した本というのは非常に有用ですね。

逆に言うと、科学関係の入門書を仕事も含めて完全な文系の人が読む価値は無いわけです。
ただその人が会社で
「君、これからコンプライアンスの書類整理やってもらうよ。まずは労働安全法の化学物質管理から」
と言われた時点で、その人には化学物質の性質や濃度計算の知識が必要になるのです。
その助けになるのが関連書籍です。

私は学生時代・現在ともに理系ながら活字中毒なので色々読み漁っていますが、世界の宗教の本を読んだときは目から鱗が落ちた思いでした。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%9B%B8

新書というのは判サイズの意味でしかありませんが・・・?
新書版の小説もあれば各種知識の本もあります。
また各種知識についても、出版形式には四六判も新書も文庫本もあります。
> もっとわかりやすく解説してある入門書とかも売ってるのに
その入門書が新書版で発行されているケースもありますが。

書籍というのは知識の共有のためのツールです。
専門外の知識を手に入れることを「読む価値が無い」などと言い切ってしまうのは暴論だと思います。

例えば会社で技術職をしていた人が海外との提携で...続きを読む

Q応仁の乱について

1467年に起きた「応仁の乱」につきまして、「応仁」とはそもそもどういう意味なのかを現在調べている処なのですがイマイチよく分かりません。そこで皆様の知恵を拝借したいと思います。質問が重複していたらすいません。

Aベストアンサー

ANo.4 重複質問で削除されたので、書き足します。(読み下し)
 
 仁之感物、 〔仁、之れ、ものに感じ〕
 物之応仁、 〔物、之れ、仁に応じてあり〕
 若影随形、 〔若し、影にても、形なるに随いてあれば〕
 猶声致響  〔なお、その発する声も響きを致すならん〕

Q最も感銘を受けた本

今まで読んだ中で、考え方を変えさせられた、読んで悩みが晴れた、心が揺り動かされた、泣いた、など思い入れの深い本を教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

はじめまして

ものの見方の観点が変わった本
・「唯脳論」 養老孟司
・斎藤一人さん関連の本
・子どもに伝えたい三つの力 斎藤孝

感銘を受けた本
・「ぼくは勉強ができない」 山田詠美


当時の自分が共感した本
・「風の歌を聴け」~「羊をめぐる冒険」 村上春樹
・「ノルウェイの森」 村上春樹


人気Q&Aランキング

おすすめ情報