gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

二年前にバッテリー交換をしていますが最近頻繁にバッテリーが上がってしまいます。ガソリンスタンドなどで急速充電するとバッテリーの劣化を早めるとのことですが、そうならない充電をするにはどこに依頼すれば良いのでしょうか?
バッテリー自体を交換した方がいいのでしょうか?
車はガソリン車です。

A 回答 (24件中1~10件)

販売店に行けば、1~2日かけて低速充電してくれます。



2年で劣化というのは相当早い部類だと思いますが、もしかしたら漏電してるかもしれないし、点検に持って行った方がいいかも。

外れバッテリーだったら交換しかないと思います。
バッテリーは補償期間が長いものがあるので、交換してくれる可能性もあります。パナやユアサなら2~3年、保障期間があると思います。
    • good
    • 0

バッテリーを上げること自体が劣化を招きます


また消費電力の大きい機器類を取り付けることは 充電不足の状態が続いているわけで バッテリー上がりにつながりやすいです。
何か付けてますか?

通常バッテリーを充電器で充電することはありません

というわけで まずやるべきことはバッテリー交換
容量の大きなタイプがつくならそれを
    • good
    • 0

ネットで安いバッテリーを購入し



近くでバッテリー交換が一番安い店をネットで探し

交換してもらって下さい。 もっと早くに気付くべきだったと思いますよ

あとオートバックスは高いからやめておいた方がいいかもW
    • good
    • 0

車は乗らぬと放電でダメになるのです。

努めて乗りましょう。
トランクにブースターケーブルお忘れなく!
    • good
    • 0

走っている間に、オルタネーター発電機から充電するのが、基本中の基本です。

    • good
    • 0

交換‼️(≧▽≦)

    • good
    • 1

ケンシロウなら「お前はもう死んでいる」と言うと思います。

    • good
    • 1

乗車頻度が判りませんが、上りが早いですネ。


念のためです。以下、ご参考まで
車は燃費向上の為に、停止時にエンジンをストップさせるアイドリングストップの最新車ですか。そうでしたら、バッテリーは何でもいい訳ではありません。所謂、負荷に強いアイドリングバッテリーが必要です。昔の車のバッテリーに比べて値段はかなり高いですよ。
車の仕様にあったバッテリーか、今一度確認したらどうですか。
仕様にあっているのであれば、交換ですね。
    • good
    • 0

二年も使っていて、頻繁にあがっているなら特に死んでいます。


急速充電はまだ死んでいないバッテリーを殺します。
ゆっくり充電すればいいです、5~8時間です。
しかし既に死んでいるので、すぐに交換してください。
    • good
    • 0

バッテリーが死ぬ原因は、幾つかあります。



※ベーシックな開放型
 この種のバッテリーだと、2年で死ぬこともあり得ます。電解液の量をチェックしてみてください。電解液が少ないと、早く死にます。
 後述する『クルマ側の問題』を点検して、そちらがOKならバッテリー交換が必要です。
 尚、密閉型を使っている場合は、どれほど安物でも3年程度は持ちます。クルマ側に問題がある可能性があります。

※バッテリー不良
 これ、密閉型だと意外に多いです。(安物の開放型だと、逆に不良率は低いです。)
 バッテリーの個体のバラつきの様なものですが、クルマ側を点検してみて問題が無ければ、バッテリーを交換する必要があります。もし保証書やレシートが残っていたら、保証してもらえる可能性があります。

※充電不良
 上述した『クルマ側の問題』というのがこれです。
 充電がうまく行われていない場合、バッテリーがすぐ死にます。
 充電がウマく行われていないのは、明確な『クルマの故障』であり、ディーラーや修理屋に持ち込む必要がある『修理案件』です。自力で点検するのは、機材の問題で難しいでしょう。
 『バッテリーがすぐ上がるんだけど』と言って、クルマ側を点検してもらう必要があります。御質問のケースではバッテリーの寿命に影響が出ている様で、クルマ側の故障が疑われる案件です。

 尚、最後になりましたが。

>そうならない充電をするにはどこに依頼すれば良いのでしょうか?

 健康なバッテリーなら、フツーに走行している限り上がることはありません。(消費電力よりも充電の方が勝る様に設計されています。)
 バッテリーが上がるのは、上述した様にバッテリ―本体かクルマ側のトラブルです。つまり充電したところでバッテリー上がりの原因を修理するワケではなく、すぐにまたバッテリーが上がるのでワザワザ充電する意味がありません。

 故に殆どのヒトは、バッテリー充電器を持っていません。バッテリーの充電が必要になるのは、異常事態と言っても過言ではありません。
 バッテリーが上がったら、バッテリーを載せ替えるか修理屋に出して原因を調べ、必要に応じて修理するだけです。

 また。
 バッテリーは急速充電をすると確かに痛みますが、1回や2回、10回や20回急速充電をやったところで、寿命には殆ど影響しない程度の差です。(熱と振動がかかりながら激しい充放電を繰り返している走行中のバッテリーの方が、急速充電するより過酷な状況に置かれいます。クルマ用バッテリーはこういう充放電パターンでも3~5年持つ様に作られています。)
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング