【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

アイデンティティとは、自己認識ですか?

質問者からの補足コメント

  • 僕の説明は間違い!!!?

      補足日時:2021/09/16 14:36
  • 学校でこう習いましたが、間違いですかの

      補足日時:2021/09/16 14:37

A 回答 (8件)

>アイデンティティとは、自己認識ですか?



近い。

自分が何者であるのかという点に関する自己の認識と社会の自分に対する認識が一致している場合、アイデンティティが確立されている、と表現できる。

端的に言うと、
・自己の存在証明
あるいは、
・自己が拠って立つと認識可能な基盤
です。
たとえば、

僕って何のために生きているの?
僕って何者?

と問うた場合

「僕は〇〇高校の生徒だ」
「僕は日本人だ」
「僕は〇〇家の長男だ」
「僕は宇宙人だ」
などという認識が自分にあればアイデンティティは確立されている。
むろん、それを周囲(社会)が認めていればですが。
    • good
    • 0

一般的には帰属意識、と聞いています。


当然ながら自己認識がなければ、どこに帰属するかの判断は不可能ですね。
    • good
    • 0

集団主義に対しての個人主義というか。


例えば、校則で下着の色は白と決める事や、マスクの色を指定するなど、意味もなく皆同じ格好をさせるのは、アイデンティティを侵害している、となる。
マスクをつけるもつけないも個人の自由と言っている国もありますが、日本では、常識が無いと言われたり、嫌がらせされたりする。これもアイデンティティの侵害です。
自己認識という名の線引きですかね。
    • good
    • 0

「自己同一性」ですが、と言ってもよくわかりませんね。


「自己」が何と同一なんでしょうか。
コーポレート・アイデンティティという用語があって、これは、企業の特殊性や独自性を統一されたイメージやデザインなどでPRしていくことで、一時期、「CI」などとも呼ばれて、はやりました。オレンジ色の看板を見ると吉野家かなと思うようなものです。コンビニも遠くからわかりますね。
これ「企業の自己同一性」と言われても意味が分かりません。
この場合の「アイデンティティ」は唯一性・独自性という感じですね。この色はこの会社独自のもの・この模様はこの店でしか使わない、というようなものです。これは、経営戦略的な使用例です。
「アイデンティティを失う」という言い回しがありますが、これは、自分らしい言動などができなくなるような状態でしょうか。社会のマイノリティ(LGTBや少数民族・有色人種など)が、周囲のメジャーな価値観に惑わされて、自分本来の姿を見出せなくなる状況などです。
この場合の「アイデンティティ」は、意識した自己(自我?)と本来あるべき姿の自己(本能?)が一致している状態というような意味でしょうか。
お尋ねの意味は、おそらくこのようなニュアンスのものだと思われます。
    • good
    • 0

自己認識とは少し違います。



たとえば「私はラーメンが好き」というのは自己認識ですが、アイデンティティであるとは言えません。

アイデンティティというのは自己同一性と訳されますが、わかりやすく言えば「それを失ったり否定したら自分が自分でなくなっちゃうようなこと」です。

ですから上記のたとえでいえば、ラーメンが好きすぎてラーメンをを毎日食べていて、世間でも大きな影響力のあるラーメンブログを書いているような人にとっては「私はラーメンが好き」というのはアイデンティティであると言えるかもしれません。

このような意味で、自己認識とアイデンティティは違います。
    • good
    • 0

自分はこういう人間でありたいという願望含みで。

    • good
    • 0

自分らしさ。


かと思いますよ。
自分にしかない、容姿を含めた、考えなど、そのひとにしかない、らしさ。
ということかと思いますよ。
    • good
    • 0

アイデンティティは「自己同一性」または「身分」という意味です。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング