一説によると、クレオパトラが入っていると言われた、血の風呂。
これってトマトのことじゃないでしょうか?
だとしたら、この時代にトマトの栽培があったということなの?

A 回答 (3件)

クレオパトラは死海の海水にバラ水を入れたものや、牛乳風呂に入っていたらしいですよ。




ちなみに血の風呂に入っていたのは、エリザベート・バートリー伯爵夫人です。
http://profiler.hp.infoseek.co.jp/elizabeth_bath …
    • good
    • 0

#1さんの言われるとおり トマトと言うことは ありえません。



クレオパトラといえば 牛乳のお風呂に入っていた というのが 有名ですが、 ちょっと調べてみたら、

ローズヒップを入れてようです。

それを再現した 入浴剤が 出てます。

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/nyuuyokuzaiya/a1dac6fec …
    • good
    • 0

トマトの原産地は「南米」です。


ヨーロッパに初めて持ち込まれたのは「コロンブスがアメリカ大陸を発見」した「15世紀以降」といわれています。

ですので、クレオパトラの風呂がトマトの可能性は「限りなくない」と思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカエサルとクレオパトラの息子の名前

カエサルとクレオパトラの子供の名前と、その子供はどの国の王位についたのか?またはつかなかったのか?

Aベストアンサー

クレオパトラはカエサル(シーザー)との間にカエサリオン(小カエサルの意味、後のプトレマイオス15世 )
をもうけます。
彼はエジプトのプトレマイオス朝の王位につきます。
クレオパトラの死後、カエサリオン(プトレマイオス15世)はオクタヴィアヌスに殺され、
300年間続いたプトレマイオス朝エジプトはついに滅亡した、とされています。

プトレマイオス15世カエサル(カエサリオン) Ptolemaios XV Caesar(Caesarion)
生没年:BC47-BC30
父:ローマ終身独裁官ガイウス・ユリウス・カエサル
母:エジプト女王クレオパトラ7世フィロパトル

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~isamun/monarchs/people/greek/ptolemaic.html

Q質問です!平安時代のことについて調べているのですが平安時代の風習で印象

質問です!平安時代のことについて調べているのですが平安時代の風習で印象に残っているものや
驚いたことって何ですか?是非教えてください!

Aベストアンサー

 女が家で待ち、有力な男が牛車に乗って「今日はこの子、明日はあの子」なんて時代・・・そのことは格別驚きもしませんが、そのときの風習がいまだに残っているのを知ったときですね。

 飲食業が入り口の両サイドに「盛り塩」をしているのはみたことがあるでしょうか?
あれは平安時代の女達が、自分の家の門口に塩を盛ると、牛車の牛がそれを舐めるそうです。
そうすると牛車はその場にとどまって動きません。男はその家に泊まるってことなんですね。

 これはなかなか子どもには説明できない色っぽい風習ですね。

Qクレオパトラの美人説の真偽

クレオパトラが美女でないといふ説は、どこから出てきたのですか。

ギリシャ、ローマの古典を読んでも、そのやうな言葉がない、としばしばネットに記されてゐますが、そんなことはありません。女性に優しく、むさくるしい男に厳しい私としては納得がいきません。

*** *** *** *** ***

「クレオパトラが、小型の二段櫂船に運ばれて都に着き、カエサルの知らぬ間に、マケドニアゆかりの王宮に入城していた。アエギュプトゥスの恥辱、ラティウムに滅びをもたらす復讐女神、ローマの禍となる不貞の女、それが彼女である。」

といふ誹謗中傷のあとで、

「そう言って、彼女はカエサルの冷酷な耳に探りを入れてはみたが、言葉だけでは。甲斐もなかったであろう。だが、彼女の美麗な容姿と不貞の顔立ちが嘆願に点睛を加えた。」

と、「美麗な容姿」についての言及があります。

(ルーカーヌス『内乱(パルサリア)』第10巻 第57-,60,103-105行 大西英文訳 岩波文庫 下277,280ページ)

クレオパトラが美人でないと唱へる人は、前半の罵詈雑言だけを読むか、もしくは、まつたく文献を読まずに判断してゐるのではないでせうか。

他にも、

「彼女のカエサルおよびポンペイウスの子グナエウスとの美貌にもとづく交わりから判断して、アントニウスを一層容易に思いのままにできるとの希望をいだいた。」

(プルタルコス『プルタルコス英雄伝』「アントニウス」第25節 秀村欣二訳 ちくま文庫 下372ページ)

といふ記述もあります。

クレオパトラが美女でないといふ説は、どこから出てきたのですか。

ギリシャ、ローマの古典を読んでも、そのやうな言葉がない、としばしばネットに記されてゐますが、そんなことはありません。女性に優しく、むさくるしい男に厳しい私としては納得がいきません。

*** *** *** *** ***

「クレオパトラが、小型の二段櫂船に運ばれて都に着き、カエサルの知らぬ間に、マケドニアゆかりの王宮に入城していた。アエギュプトゥスの恥辱、ラティウムに滅びをもたらす復讐女神、ローマの禍となる不貞の女、それが彼女で...続きを読む

Aベストアンサー

クレオパトラ女王の横顔を刻んだ、ローマ時代の
コインが残っています。
後世のものではないと思いますが。
少し鼻の高い普通の女姓です。
美人とも、それほどの美人でないとも、どちらとも
採れるでしょう。

Qクレオパトラの墓

クレオパトラってお墓があるのでしょうか?
ピラミッドって聞きませんしねえ。

Aベストアンサー

 Cleopatra は、アントニウス(Antony)と結婚し東方の女王として君臨したが、彼が敗れると、後を追って自殺し、オクタビアヌス(Octavian)の命により、同じ墓所に葬られた。

http://www.beautyworlds.com/cleopatra.htm

... she pleaded to be buried in Antony's tomb, and Octavian was later to grant this last wish.


http://home2.planetinternet.be/verjans/Political_Divas/Stories/Bio_Cleopatra.htm

Octavian, the future Caesar Augustus, commanded that she be royally buried beside Antony.



ということに成っていますし、



 1890年(明治23年):クレオパトラの墓、発見。

と報じられました。が、


http://www.ne.jp/asahi/jun/icons/kida/upper1.html
その中でも値段が倍高くいかにも貴重そうな「クレオパトラの墓」...


なので、詳細は未だ不明(?)

 Cleopatra は、アントニウス(Antony)と結婚し東方の女王として君臨したが、彼が敗れると、後を追って自殺し、オクタビアヌス(Octavian)の命により、同じ墓所に葬られた。

http://www.beautyworlds.com/cleopatra.htm

... she pleaded to be buried in Antony's tomb, and Octavian was later to grant this last wish.


http://home2.planetinternet.be/verjans/Political_Divas/Stories/Bio_Cleopatra.htm

Octavian, the future Caesar Augustus, commanded that she be royally buried beside An...続きを読む

Qカエサルとオクタヴィアヌス

カエサルが元老院を中心とした共和政を軽視したことはわかりますが、これが本当にカエサルが殺された理由だったんですか?
そのときの暗殺者の考えは何だったのですか?

カエサルは都市開発や治安対策、暦の改定などの政策を積極的に行ったと聞きますが、カエサルとオクタヴィアヌスのうち、政治的な面でどちらのほうが評価できるとお考えですか?

Aベストアンサー

>そのときの暗殺者の考えは何だったのですか?

単に権力争いの結果だと思います。
紀元前1世紀頃、共和政ローマは戦争や内乱で混乱の極地にあり、元老院の権威が著しく低下していました。

そんな中に現れたのがカエサルで、三頭政治を経て、彼が天下を平定した後、いろんな業績を残したのは質問者さんのご存知の通りです。

これを妬んだ、あるいは危惧した元老院派のブルータスによって暗殺されてしまいますね。

>政治的な面でどちらのほうが評価できるとお考えですか?

私はオクタヴィアヌスの方が評価できると思います。
彼は100年に及ぶ内乱を鎮め、また、独裁を嫌うローマ人の人心を察して、独裁を始める時から共和政の形式を尊重した政治を行い、カエサルのように混乱を招かなかったからです。
また、ローマ帝国の最盛期を迎える基礎を築いた事からも、とても評価できると思います。

(ちなみにローマは建国時から共和政で、帝政になったのはこのオクタビアヌスからです)

Q古墳時代~江戸時代で

古墳時代~江戸時代で

古墳が人為的に壊された
または風水害などで古墳が壊れたという記録はありますか。

Aベストアンサー

一般論ですけど、古代においては戦に敗れれば次の政権によって前政権を否定するために意図的に破壊された古墳はあると思います。
天皇家は万世一系と言われますが、実際には征服された王朝もあったと思いますし、豪族クラスなら珍しい話でもない。
時代が下ればそもそも古墳の意義など忘れ去られ開発で破壊されたものも多い、武士の世になれば古墳を壊して城になった例もあるし、豊臣秀吉が土木工事の都合で壊した、大阪城の部材に使うために壊した、砦を築くために壊したという話はいくつか残っています。
信長も墓石を石垣にしているので、戦国武将は平気だったんでしょうね。

Q【クレオパトラはエジプト人ではなくギリシャ人だった?】 なんでギリシャ人のクレオパトラがエジプトに居

【クレオパトラはエジプト人ではなくギリシャ人だった?】


なんでギリシャ人のクレオパトラがエジプトに居たのですか?

そしてギリシャ人のクレオパトラがエジプトの王妃になってさらにローマ人と結婚してローマに嫁いだの?

どこからギリシャ人のクレオパトラはエジプトにたどり着いたのか教えてください。

しかもクレオパトラは黄色人じゃなくて白人だったって本当ですか?

たまたま銅像の色が茶色かったからクレオパトラを誰も白人だとは思わなかった。

Aベストアンサー

エジプト人って、色は黒くないですよ。今の”中東の人”って言えば分かるでしょうか。当時のギリシャやローマの人も今の”中東の人”です。アングロサクソンの血が入ってくるのはもう少し後です。

イエス・キリストも白人のイメージがあるでしょうが”中東の人”です。

Q旧石器時代から飛鳥、奈良時代などを経て現代まで、日本列島の人々には大まかにどのような変化が起きたので

旧石器時代から飛鳥、奈良時代などを経て現代まで、日本列島の人々には大まかにどのような変化が起きたのでしょう?使用する道具の素材の変化や、稲作の発展、食文化の変化など、とても興味があります。自分でも調べていますが、他の人の知恵をお借りしたいです。

Aベストアンサー

今から3~2万年前のヴュルム氷期、日本列島も大陸とつながっていた時代にスンダランドからやってきた人々(縄文人の祖先)は、約1万2500年前の間氷期に日本列島が海によって大陸と分断された後、島国となった日本で縄文時代を形成していきます。縄文時代前期から集住した人々は、中期には大規模集落を形成し……
というところから説明すると、例え大雑把であっても旧石器時代から現代までの変遷をここで説明することはできないと思います。ましてや概要だけでなく、道具や食文化にまで触れると、膨大な文字量になります。
かと言って、あまりに簡略化した説明では、a2588様が調べられていることと大差ない答えにしかならないのでは?
もう少しテーマを絞ってお題をいただけると助かります。

Qクレオパトラについて

クレオパトラについて調べているのですが、クレオパトラの家系図など
ありませんか?
できれば詳しいのが良いです。お願いします。

Aベストアンサー

ANo.1のWiki.の英語のところにCleopatra VIIの家系図が載っていますよ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Ptolemaic_dynasty

Q時代区分としての新石器時代

新石器というのは、磨製石器のことで、磨製石器を使った時代を新石器時代という、と習った覚えがあります。
そして新石器時代は農業が始まった画期的時代だ、と習ったと思うのですが、最近は新石器と農業の間には関連が無いことがわかり、この時代区分は使われなくなった、と聞きました。

新石器時代という区分が意味を成さないのであれば、当然「旧石器時代」という区分も無くなって、単に石器時代というべきだと思うのですが、このあたりのことが全く混乱しているように思われます。

時代区分の統一ということはどうなっているのか?知りたいと思いました。

Aベストアンサー

●世界史(人類史)の時代区分を作る必要があると思います。
●世界史を考えるときに、これを西洋史のことと混同されている現状も改める必要がある、と思うのですが如何でしょうか?
○そういう観点から「ヨーロッパの旧石器文化・時代」とは異なるので「先土器文化・時代」「岩宿文化・時代」と呼称する研究者もいる、と前回答でご紹介させていただきました。
 また、地域のよって文化の発展段階や時代変遷も異なるので「全世界共通の人類史の時代区分」というのは無理でしょう。

●「旧石器時代」という言葉も意味を失いますが、この論理にも賛成していただけるでしょうか?
○いいえ。
 「石器時代」という名称も縄文時代においても「石器時代」には変わりないのでこの時期を示す用語としては不適切ですし、「先土器」と言う用語も「後世の文化」を前提とするため不適切、「岩宿文化・時代」という用語ではわかりにくいです。
 なによりすでに一般的にこれだけ普及している名称をあえて変更することによる混乱、わかりにくさを凌駕するだけの変更理由はないと思います。

●「考古学会の人たちはどうして、こういう曖昧な状態に満足していられるのか?」何かご存知ないでしょうか?
○ですので前回答でも申し上げたとおり一部の研究者は「先土器文化・時代」「岩宿文化・時代」という呼称にすることを提唱していますが、「旧石器という名称の解りやすいさに抗しきれない」「いまさら混乱を承知で変えるほどの積極的な理由がない」というのが現実です。
 例えば「前方後円墳」というの実際は「後円部」に埋葬施設があってこの部分が中心で、「前方部」は祭壇機能ですから「牛車からの連想」である「円部」を「後」、「方部」を「前」というのは不適切です。
 しかし、いまさら新しい名称にしても混乱するだけですし、良い名称もないので現在でもこの名称がつかわれています。
 「縄文土器」と言いますが「縄目模様」ではない縄文土器もありますし、「弥生町で発見されたから弥生土器」なのにこの最初に発見された土器は「古墳時代の土器」であって弥生時代の土器ではないのです。なのでその土器の説明は「弥生調で発見され弥生土器の名前の由来となった土師器の壺」というものになってしまっています。
 「土師器・須恵器」というのも後の文献からの命名のため、古墳時代の土器にこれの名称を使用するのは不適切、という指摘もあります。
 奈良時代~江戸時代までは「政治的中心地域の地名」を時代名称としていますが、それならば元号を基にする「明治時代」「大正時代」という時代名称は不適切です。
 このようように時代区分と言うのは「厳密な基準」でやってしまうとかえってわかりにくくなるという側面があります。質問者さんの疑問・提唱は、的を得たものではありますが、現実的にはそれをすることのほうがやっかいなのです。

●世界史(人類史)の時代区分を作る必要があると思います。
●世界史を考えるときに、これを西洋史のことと混同されている現状も改める必要がある、と思うのですが如何でしょうか?
○そういう観点から「ヨーロッパの旧石器文化・時代」とは異なるので「先土器文化・時代」「岩宿文化・時代」と呼称する研究者もいる、と前回答でご紹介させていただきました。
 また、地域のよって文化の発展段階や時代変遷も異なるので「全世界共通の人類史の時代区分」というのは無理でしょう。

●「旧石器時代」という言葉も意味...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報