教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

数の単位について教えて下さい。


万、億、兆、京、、、無量大数までありますが、この概念が生まれたのは何時頃ですか?

  そして、そもそも昔の人類が無量大数までの数値を日常的に使うケースは無かったと思います。

  今のスーパーコンピューターでも無量大数の領域まで計算する能力は?無いですよね?(ある?)

  昔の人類はどうしてこんな途方も無い数の単位を定義づけしたのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 逆の意味で太古の人類は超古代文明があって、無量大数の数字まで使ってたと考える方がしっくりきます。

     いや、仮に仮定の概念だとしても、今の人類は京の単位ぐらいまでしか使えてません。

      そのはるか上をいく数字の概念が意味不明過ぎます。

      補足日時:2021/09/19 21:59

A 回答 (5件)

無量大数は、その実際の大きさが重要なのではなくて、


仏教の教義上、何かすごく大きい数があって
それに比べれば我々が日常経験するような数値は
大きいように思えてもとてもちっぽけだよ ということが
言いたかっただけです。 その証拠に、とても古い時代には
無量大数の値が一定していなくて、文献ごとに違います。
歴史の中で、だんだんひとつの値に決まっていくんですけど。
だから、実際に無量大数を体験したり計算した人なんて
最初からいるわけないんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

仏教の教義上ということですね。
確かにそれは考えましたね。

しかし、その教義はどこまで理路整然とした内容になってるんでしょうかね。
どこかで破綻している部分は無いのでしょうかね。

お礼日時:2021/09/21 16:40

>今のスーパーコンピューターでも


>無量大数の領域まで計算する能力は?
>無いですよね?(ある?)

ここだけ

ハ―ドウェアの備えている演算だけではできないが
ソフトウェアでは昔からパソコンでもできる。
所謂多倍長演算というやつで
今や多くのコンピュ―タ言語が多倍長演算を標準で
持っている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すごい。
できるんですね!!

お礼日時:2021/09/21 16:44

古い時代には下数を使ってたようだから, 「京」くらいなら使われていたとしてもおかしくない. その延長線上として, 後漢の時代には「

載」まであったみたい. 後に「極」以上が追加されたわけだけど.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね。
「京」はあったと思います。

でも宇宙のはじまりは138億年前。
距離も何兆光年というのは聞いたことがなく、考えた人はどういう思いで編み出したのか聞きたいものです。

お礼日時:2021/09/21 16:44

ばかでかい単位は仏教で虚仮威しのために作られた


と聞いてます。実用性など何も考えてません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうなんですね。

お礼日時:2021/09/21 16:43

大きな数の単位(桁と言った方が正確だと思います)のうち「恒河沙」「阿僧祇」「那由多」は仏教用語で「無量大数」の元となった「無量数」も仏教用語だそうです。

なのでこれらの単位は具体的な数を表記するためと言うよりは非日常的な長さを形容するためのものだったと考えた方が良さそうな気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど。
例えば宇宙のはじまりは138億年前と言われてます。

つまり兆ですら使われてません(^^;
距離においても何億光年という表現はあっても、何兆光年はまだ出てないと思います。更にその上の単位は事実上使われてないのです。

これを考え出した人たちは、どういう心境で編み出したんでしょうかね。

お礼日時:2021/09/21 16:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング