プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

ウイルスの歴史からみて、いずれコロナもインフルエンザと似たような扱いになるか、無くなるかでしょうが、もしずっと共存を強いられた場合、今後の経済のあり方も根本的に変わりますよね?

  新しい時代の幕開けでしょうか?人類にとっては暗いですが。

gooドクター

A 回答 (8件)

まぁ現在のワクチンでもかなり重症者数、死者数は減っているので


このワクチンが常時供給できれば少なくともインフルエンザ扱いに
なるのではないでしょうか。

また時の経過とともに効果が優れた治療薬や一生モノのワクチンなどが出てくるのではないでしょうか。それも国産で。

で、現在コロナに非常に神経質な人と
規制の緩和を叫ぶ人と二通りいますよね。

これは考え方、というか意識の違いで
前者はまだ「生活の中の」リスクとしてとらえられない人達なんですよ。

入院が必要なケガや病気、あるいは事故は生活の中で
いくらでも起こる話であって、
コロナ感染による入院や死も
その中の一つだと考えればべつにどうってことはないんです。

交通事故死は年間3~4千人。
風呂で溺死、およびヒートショック死は1万3千人。
餅をのどに詰まらせて死ぬ人は年間やはり3千人。
他、死亡原因や入院加療の原因は佃煮にするほどあります。
脳卒中もあれば癌もある、心筋梗塞もあれば梯子から転落もある。

だからと言って
車は走らせない、風呂に入るな!
餅食うな!とは誰も言いません。
つまりどの死亡原因も生活の中のリスクとして承知しているんです。

それと同じと考えれば年間5千人くらいの死亡であれば
べつに騒ぐほどのものでもありません。

まして高齢者はコロナでなくたって死亡原因は山のようにあります。
「その中の一つ」でしょ?

車だってやみくもに無法で走っているわけではありません。
免許制度があり、車検もアリ、道交法もあり、
つまり安全を考慮したうえで誰もが利用できるようになってます。

コロナもワクチンや治療薬、医療(収容病院や医師)などを広げ、
安全をある程度用意したうえで普通の生活をすればいいんです。

コロナはもはや「生活の中の」一つのリスクです。

しかし、それを認められない人達は
コロナは生活の中ではなく、外的な要因であって、
取り除かなければ生活の中に入り込んできてしまう。
と思っているんです。
躍起になってなくそうとしているんです。

インフルエンザを見てもわかる通り
コロナはもう消え去ることはありません。
風邪の一種ですから。

なので、
認識を変えてもらって普通の生活しましょうよ。
と言いたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね。
将来的にはコロナも治療法が確立されて、インフルエンザと同じような扱いになるかもしれません。

でもインフルエンザ予防にマスクが劇的な効果があったのは、昨冬のインフルエンザの件数からも見ても明らかです。

今後の冬はマスク着用はマストになると思われます。

お礼日時:2021/09/21 18:18

年末頃から、一月末頃に、第六派のピークがやって来ます。



その時は、一日の感染者数は、10万人以上となり、その後も、第七派、第八派と、波は次々と大きくなります。

世界人口の、2~3割程度は、死滅。。
人類は、文明崩壊の危機を迎えることになるでしょう。

備え有れば、憂い無し。

備蓄して、籠城作戦で、乗りきるしかない。

イベルメクチンも買うなら、今すぐじゃあ無いと、噂では、規制が入るらしいとの事だよ。
「ウイルスの歴史からみて、いずれコロナもイ」の回答画像7
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まだまだ油断できませんか。
確かに、完全に終わったわけではありませんしね。

お礼日時:2021/09/21 18:16

すでにワクチン効果によりその状況に近くなってると思います


ただ蔓延してる今ではワクチンで重症化しなくても
高齢者などは風邪ですら肺炎をおこし亡くなる場合があるので
新型コロナウィルスにかからない予防は必要ですし
その予防は風邪にかからない予防とほぼ一緒になるので
来年は収束状態になると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

政府の発表を鵜呑みにしていいかは来週以降にならないとわかりませんが、
今週はかなり抑えられてますよね。

問題はシルバーウイーク後の来週です。

お礼日時:2021/09/21 18:16

もしずっと共存を強いられた場合、


今後の経済のあり方も根本的に変わりますよね?
  ↑
共存するから変わる、ということは
無いと思います。

例年訪れるインフルと同じに
なるだけです。

あれで何か変わったでしょうか。




新しい時代の幕開けでしょうか?人類にとっては暗いですが。
  ↑
共存するから変わる、ということは
無いと思いますが、
こういう世界的大事件が起こると、
時代が加速される、という現象が
発生することがあります。

オイルショックでは、これを契機に
電子産業が発達しました。

コロナを契機に、果たしてどんな産業が
伸張してくるか。

判った人はお金持ちになれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

良い方向へ行きたいですね!

お礼日時:2021/09/21 18:15

ウイルスは、波はあっても、基本的に感染が広がるにつれ、弱毒化していくものだそうです。



100年前のスペイン風邪は、収束に2年かかったそうです。
https://www.bbc.com/japanese/53858673

テドロスさんのおっしゃる2年未満=来年夏までかどうかは分かりませんが、100年前には今のような技術や知識がなかったことも、今の私達には最新の技術や知識があることも事実です。

現在、軽症者や濃厚接触者が自宅で飲める治療薬も急ピッチで開発中だそうです。
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/

順調にいけば、年明けには軽症者や濃厚接触者が自宅で飲める治療薬が出るそうです。
治療薬が出来、新型コロナがインフルエンザや普通の風邪レベルになれば、ほとんどの心配は解消されると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

来年の夏は旅行へ行きたいものです♪

お礼日時:2021/09/21 18:15

コロナVIRUSは、もう2年も世界中の電子顕微鏡の所有する日本も含めての国々の科学者が、PCR検査での陽性標本を懸命に再検査すること25万件以上すれど、これまでに見られているのは、感染率は高けれど致死率の極端に少ない感染症5種のインフルエンザA型のみで、コロちゃんは見られていないです。



致死率の高い感染症2種のコロナVIRUSが流行っていると警告しているのはWHOだけ。

多くの国々は、コロナは存在していなかったとの対応になってきています。ただし、コロナ・ワクチンはインフルA型にかなりの発病予防効果がありなので、接種は推し進めています。

マスコミ報道ではなく、日本国を含めて、各国政府の厚生省のような正式公文書発表を見れば、コロナは見つかっていないと明言しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうなんですね、、、
それは意外な話でした!

お礼日時:2021/09/21 18:14

人類は、したたかだ。

ちょっとやそっとのウイルスぐらいではビクともしない。すぐに集団免疫を獲得する。むしろ、ウイルスに感染したからこそ分化(いわゆる進化)できたのだ。ウイルス進化説を参照。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4 …

 進化/退化とは、人間が進化の頂点で最も進化した優れた生物であるとする傲慢な見方だ。人間は体毛を失ったので体温の調節が出来ず、極めて限られた温度範囲の場所でしか生息できない。この欠点を衣服を着る事で補っている。また、直立二足歩行するので腰痛や重い頭を支えるので首や肩の筋肉も傷め易く、首が痛い/肩凝りに悩まされる。産道も狭くなり出産が大変だ。ライオン/トラ/オオカミ/熊/ワニ/アナコンダなどに食べられる。武器を持って集団で対処する事で身を守っている。
「進化/退化」と呼ぶよりも「分化」と呼ぶべきだ。
 生物が分化して様々の種が発生したのは、DNAをコピーする際に親と完全に同じにコピーされずに極僅かのコピーミスが発生し、この親と異なるDNAを持つ子やその子孫がまたコピーミスを発生し、このコピーミスが何世代もの間、蓄積されると元の先祖とは大幅に異なる生物になって行く事とウイルス進化説が指摘する様にウイルスに感染する事で別の生物の遺伝情報が水平伝搬してその生物の遺伝子(DNA)に組み込まれる「突然変異」が何世代にも亘って蓄積される事が分化の原因だ。
 この突然変異は生物の生存に利益にも不利にもならないものが殆どだが、稀に有利に働けば子孫は生き延び、不利に働けば子孫は死に絶える。これが「自然淘汰」と呼ばれる考え方だ。
 DNAのコピーミスやウイルスによる他の生物の遺伝情報の水平伝搬に依る「突然変異の蓄積」と「自然淘汰」が生物の分化の原因と私は考える。

 生命が誕生したころの太古の地球は、酸素が殆ど無かった。酸素と無縁の環境で生命は誕生した。海底の熱水噴出孔の周辺や海面近くの高温の温泉や熱い溶岩の近くのどろどろの無機物のスープの中で多種多様の化学反応が起こり、その中からRNAが油膜の様なものに包まれ、このRNAが自己複製して油膜ごと分裂して、一つの油膜の泡が二つの油膜の泡となり、このそれぞれが更に自己複製して分裂して四つの油膜の泡となり・・・どんどん増殖して行ったと考えられる。
 重要なのは、現在の地球とは全く異なる世界/環境の元で様々の化学反応が起こり、その中から自己複製し分裂して増殖する泡、すなわち、生命が誕生したと言う事だ。
 こうして誕生した原始生命体からやがて今から25〜30億年前に酸素を作り出すシアノバクテリアが生まれ、光合成に依って大量の酸素を吐き出した。この為に大気中の酸素濃度が一気に高まり現在の地球の空の様に青く澄みきった空が初めて地球に出現した。
 生命が誕生したころと今の地球の環境は異なるので、今の地球で新規に新しい生命が発生する可能性は低いと私は考える。生命は生命が誕生して生命活動を行う事で周りの物資を取り込んでエネルギーや自己の体を作り出して行く。その為にシアノバクテリアが大量の酸素を吐き出して地球の環境を激変させた様に、生物は自己の周囲の環境を変えてしまう。こうして周囲の環境が変わると新規の化学反応で新規の別の生命が誕生する確率は低くなり、新規の生命は誕生しなくなる可能性が高くなる。
 なので、新たにRNAが誕生する事は現在の地球では起こらず、もし、起こったとしてもそれが現在の植物や動物の様に分化(いわゆる進化)して行く事は無いだろう。
 地球上でこうした化学反応が起きて生命が誕生したのでは無く、生命の元は宇宙に既に存在していて、これが地球に隕石などで飛来して地球に生命が登場したとの説「パンスペルミア説」もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3 …
 周囲の物質を取り込んでエネルギーを取り出し自己の体を作り自己複製して分裂する一個の泡から出発した「生命」が、その後、どんどん分化(いわゆる進化)して現在の地球上の全ての生物種を創り上げたと私は考えている。

wikipedia日本語版の記事「ケイ素生命」の様に、ケイ素を主体とした生命体かも?
 例えば、核分裂物質が豊富な環境でケイ素生命体が誕生し、体内に核分裂物質を取り込み核分裂エネルギーで生命活動を維持するのかも?
 または、太陽の光を浴びて光合成の様にして生命活動に必要な物質やエネルギーを得るのかも?
 そうであれば地球の生命体の様に他の生命体を捕え/殺し/食べ/消化し/吸収し 生命活動を維持するエネルギーを得る必要は無いので、食べる「口(くち)」は無く、自己の体内から電磁波を発信し、外部の電磁波を受信し外部の情報を知覚し、他の個体とコミュニケーションするなら、目も耳も喋る「口(くち)」も無く、呼吸が不要なら鼻も無く、手足も無く、触手の様な体の器官で物を掴み、銀河間航行する宇宙船を組み立て、宇宙狭しと駆け巡り、壮大な宇宙文明を築いているのかも?

 宇宙人を「この宇宙に存在している知的生命体」とすると地球に住む人類も該当する。人類がいるのに人類の他には、この宇宙に宇宙人はいないと言う方が無理がある。天の川銀河(銀河系)には約1000億個の恒星があるらしい。その中に地球人と言う知的生命体が発生していると言う実績/事実がある。アンドロメダ銀河は、天の川銀河の約2倍の恒星があるらしい。天の川銀河でも最低1個の知的生命体を産んだ星(地球)があるのだから、その約2倍の恒星を持つアンドロメダ銀河には最低でも2個の知的生命を産んだ星がある可能性がある。
https://www.businessinsider.jp/post-214824

 2045年にコンピューターの知能は,全人類の知能の総力を超える「技術的特異点/シンギュラリティ」に達するらしい。人間は脳にチップを埋め込み,スマホやPC,マウスやキーボードなどを使わず,脳の中に投影されるスクリーンの輝点を目で追うと,その脳の電気信号をチップが検出し,文字の入力やクリック/ドラッグ/ドロップなどが可能になり、人間は、常時、ネットにワイヤレスで接続し、超知能/超知性の人工知能AIと通信し、世界中の情報を操作/情報処理する。
 超知能/超知性の人工知能AIと連動した人型ロボットが、一般家庭で炊事/洗濯/掃除/育児/介護/買い出し/ゴミ出しなどを熟し、医療/法曹/建築/土木/生産/流通など全業種の全職場で働く。人間には、研究開発や芸術などの限られた仕事しか残らない。

時間が無かったら,つまり,時刻も無い,瞬間も無い,時間的な幅が無い/ゼロなら「何」も「存在」できない。すなわち,「無(む)」です。

空間が無かったら,つまり,点も線も面も体積も無い,空間的な大きさ広がりが無い/ゼロなら「何」も「存在」できない。すなわち,「無(む)」です。

真空を「無(む)」だと言う人がいるが、超弦理論の弦/紐/膜やクォーク、素粒子、原子、物質、エルネギーの全てが無くても、真空には時間と空間はある。従って、真空は、「無(む)」ではない。

時間だけでも、空間だけでも、「存在」は、成立しない。この一方だけでは「存在」は成立しない。時間と空間の双方があって、初めて「存在」は、成立する。
宇宙は、なぜ存在している事が出来るのか? それは、「時間」が存在し、「空間」が存在しているからだ。

時間の無い宇宙をイメージ出来ますか?  時間が無い状態から時間が始まった/初めた/流れを開始した状態をイメージ出来ますか?
空間の無い宇宙をイメージ出来ますか?  空間が無い状態から空間が始まった/初めた/大きさ広がりを開始した状態をイメージ出来ますか?
出来ませんよね。と言う事は、時間の無い宇宙、空間の無い宇宙は、存在しない、ありえないと理解すべきと言う事なのだ。
ビッグバンで宇宙が誕生して、時間も空間も誕生したのなら、ビッグバンの「前」は、時間は? 空間は? どうなっていたのか?との疑問が湧く。
「無限大の大きさ広がりを持つ空間的に無限大の空間と無限大の過去から存在し無限大の未来まで流れ続ける時間的に無限大の時間が無限大の過去から共に既に存在している」。この時空/宇宙を「母宇宙」と定義します。この母宇宙Aの時空の量子論的な揺らぎが、我々が存在しているこの宇宙Bのビッグバンを138億年前に引き起こし、Bは、Aの「子宇宙」として、Aの時空の中で誕生し、今もAの時空の中で加速膨張し続けていると解釈/理解すると、Bが誕生する「前」の「時間」は? 「空間」は? と言う問いに、Bが誕生する「前」は、Aの時間が流れ、Aの空間が広がっていたと答える事が出来る。
それぞれが無限大の大きさと広がりを持つ「子宇宙」を無数に無限大個、その時空の中に持っているのが「母宇宙」で、母宇宙の中では、常に無数の無限大個の子宇宙が誕生して、それぞれが母宇宙の時空の中で収縮/安定/定速膨張/加速膨張などの成長を続けているのかも?
多数の宇宙が存在するとの考えを「マルチバース」と呼ぶ。
母宇宙は、どのように始まった/誕生したのかは、母宇宙の「定義」から、
「母宇宙は無限大の過去から時間と空間と共に既に存在している」と回答する事になる。なので、母宇宙に始まり/初め/起源/誕生は無い。
「ウイルスの歴史からみて、いずれコロナもイ」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

いつも熱い回答感謝です^^

人も進化し続けているのですね!
まぁある意味で人類もゴキブリ並みの生命力はあるかもしれません。

それこそ絶滅危惧種なんかは別の観点から、環境に適応できない訳ですからね。

お礼日時:2021/09/21 18:14

全世界で5億人が感染し1億人以上の死者を出した人類史上最も死者を出したパンデミックであるスペイン風邪ですら数年で収束しています。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A …
なので、今回の新型コロナウイルスのパンデミックも数年で収束すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
はい。スペイン風邪については知ってます。ただあれの不思議な点は今ほど世界中の交流が無かったにも関わらず、集団免疫ができた点です。

お礼日時:2021/09/19 21:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング