【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

腕立て伏せの姿勢の自由度っていくつですか?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    腕を伸ばすかどうかということでしょうか?腕を曲げた状態での自由度でお願いします!

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/09/20 15:29

A 回答 (3件)

足のつま先を固定して、腕の曲げ伸ばしだけの自由度ですから「1」です。



変数を「腕の上下長さ」にしても、それに伴う「体の体幹と床面の作る角度」にしても、1つであることに変わりはありません。

腕がぶれて左右に動くとか(足のつま先を中心にして水平方向に回転)、体の長さ(足のつま先と腕なり頭の位置の相対長さ)が伸び縮みするのであれば、自由度は「3」、さらに体が体幹のまわりに回転する(ねじれる)ようだと自由度は「4」になります。
    • good
    • 0

腕立て伏せは上げる時より降ろす時に効果があります


三頭筋を鍛える運動ですので
無理にやると腰を痛めます
また出来る範囲でやるのが理想であって
筋肉痛になるまでやる必要はないです
    • good
    • 0

自分次第で決めれます

この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング