「ブロック機能」のリニューアルについて

タイにリタイヤメントビザで移住し2021年3月タイの不動産会社を通して1年間のコンドミニアム賃貸本契約した2ヶ月後にその不動産会社の担当女性から連絡あり「部屋の持ち主である中国人オーナーからの提案で残りの10ヶ月分の月家賃をまとめて一括振込してもらえるなら月家賃10000バーツ(35000円相当)を3000バーツ割り引いて7000バーツ(24500円相当)にしてもらえる」との連絡を持ちかけられ、快諾し、その担当女性が新たに作成した契約書にサインして70000バーツ(245000円相当)指定の口座に振り込みました。
安心してコンドミニアム滞在生活を過ごしていた6ヶ月後、不動産会社のスタッフが突然部屋を訪れ、担当女性が本来オーナーに支払うべき月家賃を横領していま行方不明になってること、その担当女性が新たに作成した契約書は改ざんされたものであり私が騙されていたという事実が発覚しました。
私の他に少なくとも3人以上の外国人が同様の被害を受けており、
昨日スタッフと一緒に現地警察署に出向き事情説明して来たところです。

こういうケースの場合、
1.私が振り込んだお金はどうなるのでしょうか?
2.罪を犯した担当女性は不動産会社に所属してるのかそれとも代理店として仕事していたのかは不明なのですがこういうケースの場合、私に対し不動産会社が保証すべき事例なのでしょうか?
3.今後の対応で心構えすべき点、注意すべき点等ありましたらご教授願います。

よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

1、返ってきません。


2、不動産屋の正式な社員なら交渉の余地あり。
3、中国人は1年間先払い等で部屋代のディスカウントは普通の事です。
しかし、これは最初の契約時です。途中で変更はあり得ません。もし変更が有る場合は、オーナーの口座に直送金が基本です。

今回は不動産屋のスタッフですが、通訳等も注意が必要です。
中国では、日本語通訳が親切等で部屋を斡旋してくれますが、注意が必要です。
家賃3000元の部屋を、日本人には5000元と言って契約させ、2000元は小遣い。こんな話はいっぱいあります。
    • good
    • 0

1.戻ってこないような気がします。



2.不動産会社の社員なら、社員がその不動産会社の肩書を利用して不正を働いたことに、全く責任がないとは言い張れないでしょう。
 代理店の場合でも同じです。不正を働く代理店を使っていたという責任はあります。(社員に比べれば、責任は軽くなるかもしれんが・・・)

3.契約書を新たに交わしたんでしょ。契約相手(大家)のサインはあるんですか?そこもポイントになるような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日本の不動産会社の知り合いにも確認したところ日本だったら代理店であっても会社の信用に関わる問題なので会社が保証する責任があるとのことでした。
しかし、異国の地で起きた問題なのでなんとも言えないですね。

新たに交わした契約書は担当女性がオーナーサイン入りの元のオリジナル契約書をコピーした上で日付、振込先口座(会社口座から担当女性個人口座へ)、割り引いた賃貸料を勝手に改ざんした書類でした。

お礼日時:2021/09/22 11:53

1.戻ってきません。


2.担当女性が勝手にやったことなので、不動産会社は保証しません。
3.日本人向けの不動産会社は沢山あるので、そこで契約することです。

あなたは、外国人なので警察も親身に対応はしてくれません。これは海外で暮らす場合は普通のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど……
不動産会社は保証してくれないことも理解しておきます。
場合によっては引っ越しする可能性もありますので
日本人向けの不動産会社にも事の経緯を話して相談してみようと思います。

お礼日時:2021/09/22 11:20

タイの法律に従い判断されます。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
そうですよね。
タイの法律でどのように判断されるのかわかりませんがいろいろと心構えしておこうかと考えてます。

お礼日時:2021/09/22 11:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング