失業率と朝日新聞(ニュースステーション)無責任と嘘

最近の失業率をニュースステーションは問題にし、社会問題として特集をしています。ですが、みなさん、思い出してください。数年前、官僚腐敗や金融業界の不信が高まっていた頃です。

久米博や朝日新聞の編集員(たかなりた)氏は、橋本内閣時代の改革を行っている頃、なんて言っていたか覚えています?

「日本人は、改革を迎えてせかせか働くのはいやなのでしょうか?」
また、「完全失業率は10パーセント」を予想すると言っておきながら、それを恐れ改革が進まないことに罵詈雑言でした。

ですが現在は、この失業率を問題にし記事にしています。彼らの記事はその場限りでいいかげんなのが解ったような気がします。彼らは国民の代弁者ではないし、まるで週刊誌の記事レベルのゴシップ的な特集を行っている・・・としか思えなくなってきました。

朝日新聞のその時々いいかげんな社説を唱えているいいかげんな気がします。

結局、国民の代弁者でもないし、真実を責任を持って伝える新聞でも無いと誤解されても仕方無いと思います。

ニュースステーションのあり方についてどう思います?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

報道機関に100%正確な、国民をリードできるような記事や論説は期待すべきではありません。

報道機関といえども一私企業に過ぎません。各社それぞれの思い(方針)があって新聞雑誌を発行しテレビの報道番組を組んでいるわけです。彼らは視聴者や読者の大多数が拒否するような報道記事は取り上げないはずです。何故なら売上に結びつかないから。

日本の報道番組はほとんど解説つきですが、外国では政府や企業団体の発表は解説無しで報道されます。判断はすべて読者や視聴者が行うわけです。報道機関の価値や評価は売上(発行部数や視聴率)となって反映されるので、好みの強い視聴者や読者の意見ではなく大多数の意見が反映されると考えた方がいいでしょう。
朝日が嫌い或いは信用できないのであれば複数の新聞をとるか、他の信用度の高い(と判断される)新聞に変えるべきです。
    • good
    • 0

それは、あなたの指摘されるとおりです。



そもそも、放送局や新聞社が国民の大多数の意見を代弁してくれているという考え自体を、捨て去らなければなりません。

いくら「ニュース」と称していても、あれは一種の「ショー番組」であり、視聴率を稼いでスポンサー収入の増加を目指す「ビジネス」です。

新聞も読者の共感を得られる内容や「日本人の琴線にふれる」記事を書いて、購読者を増やし、広告収入を上げるのが目的です。

それに、考えてもみてください。昨今の放送番組の低俗化を。

アホ芸人総出演の(精神年齢としての)子供向け低俗番組しか作り得ない現在の放送局で、ニュース番組だけが、突出してまともな番組を国民に提供できるはずがありません。

それでも、あなたは非常にまじめなかたですから、朝日新聞に対しては、『結局、国民の代弁者でもないし、真実を責任を持って伝える新聞でも無いと誤解されても仕方無いと思います』とおっしゃっています。

私などは、もともと「新聞が国民を代弁し、真実を責任を持って伝えている」なんて、微塵も思っておりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>新聞が国民を代弁し、真実を責任を持って伝えている

一応、新聞社の歌い文句にはなっているようですね。ですが、信じてない人もいるって事ですね。

お礼日時:2001/08/29 04:35

そのとおりだと思います。


テレビ局は場あたり的な報道も確かにあります。

それに躍らされる国民もたくさんいます。

でも、それを客観的に受け止めて、考えるのは個人です。

昔(どれくらいでしょう)よりは躍らされる人も少なくなっていると
思うのですが?

私の場合はTVを真剣に見ていると腹も立ってきますので
気楽にみていますが こういう意見もあるんだなって
判断するのは責任ある自分ですから

勝手に意見を書かせてもらいました。
(私の一つの意見として捕らえてください)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの番組の影響力から言って、踊らされている(共感している)?国民が多いとも思います。何せ代弁者が欲しい訳ですから・・・

中立、公正な面を押し殺し過ぎている面もこの番組にはあるのかも。

何せ久米キャスターときたらNHKニュースを馬鹿にするする。

NHKの正当さをもう少し学んだ方が良いとも思うのですが。
NHKは硬すぎますが、国営で無茶されるよりは良いような気がします。

お礼日時:2001/08/29 04:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q橋下大阪市長、週刊朝日の株主「朝日新聞」の質問拒否

大阪市の橋下市長は、週刊朝日が掲載した自身の家系に関する記事について、「血脈主義に通じる考え方で一線を越えている」 として、株主である朝日新聞の取材に対し、質問に答えない考えを示しました。会見で、橋下市長は 「公人といえども生身の人間ですから、一定のラインはあると思います。こういう調査の在り方、公にする在り方は、日本社会において許されないと思っています」 と述べ、怒りをあらわにしました。

その原因は、今週発売された週刊朝日の記事で、「橋下家のルーツについて、くわしく調べ上げなければならない」 として、「橋下市長の父親の出身地には被差別部落がある」 などと報じています。橋下市長は 「日本において、これまで被差別部落問題ということに関して、一定のルールがあったのを全て無視して、全て公にしていいんだという考え方は、僕はやっぱり許せない」と述べました。会見で、朝日新聞の記者は 
「別会社の記事で編集権はない」と反論しましたが、橋下市長は
「100%子会社をつくって、そこにむちゃくちゃなことをやらせて、本体は『わたしは知りません』。そんな理屈は、僕は通らないと思いますけどね。金を出すということは、ものすごく責任があるんですよ。金を出すから、その活動ができるわけで。だから株主の責任は重い、朝日新聞社が、朝日新聞出版への出資を引き揚げるまでは、質問は受け付けない」と言っています。

「ハシモト」は「ハシシタ」なのだ、といって誹謗している文章を目にしても、今いち何が言いたいのかピンとこないので恐縮なのですが、そのうえ、どこで生まれていようと、それ自体を持って非国民的ふるい分けをするのも、逆に何様なのだろう、と考えさせられるところなど、私自身も日本に対する理解が乏しいようで身が縮む思いなのですが、さらにそのうえ、日本人は、結構、軟弱な民族っぽいな、などと考えたりするところなどは、じつにケシカラン非国民となりそうで涙あふるる思いなのですが、しかし日本国内には様々な者たちがうごめいているのも事実であるとすれば、その敵味方の選別の仕方を教えてください。

大阪市の橋下市長は、週刊朝日が掲載した自身の家系に関する記事について、「血脈主義に通じる考え方で一線を越えている」 として、株主である朝日新聞の取材に対し、質問に答えない考えを示しました。会見で、橋下市長は 「公人といえども生身の人間ですから、一定のラインはあると思います。こういう調査の在り方、公にする在り方は、日本社会において許されないと思っています」 と述べ、怒りをあらわにしました。

その原因は、今週発売された週刊朝日の記事で、「橋下家のルーツについて、くわしく調べ上...続きを読む

Aベストアンサー

今回の記事は反橋下側マスコミの理論の稚拙さを暴露したわけです
橋下市長が怒るのは当然で。

ただ、安易な意見でも出せる自由がある社会は大切なのです
意見に問題があれば、
橋下市長のように筋道立てて批判すればいいのです。
間違っていてば淘汰されます。意見の主流にはなれません。
感情まかせて、簡単に敵味方に選別する思考は安易です。

たとえそれが正しい考えであっても、
特定意見を特定思想で、「ケシカラン非国民」などと頭から排他する事は
健全ではありません。

正しい意見が通る為には、敵味方の選別ではなく、
いろんな考えが出せる自由が必要なのです。

Q朝日新聞と読売新聞

朝日新聞は思想的に左で読売新聞は右という人がいますが、これは本当ですか。本当ならなぜそうなったのでしょうか。

Aベストアンサー

右とか左という前に…
朝日新聞=中国寄り
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E

読売新聞=米国寄り
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/06-02/060208amaki.htm

毎日新聞=南北朝鮮寄り
枚挙に暇がありません。

軸足を日本に置いた大手新聞がないのが現実です。
『読売新聞 CIA』『朝日新聞 中国』『毎日新聞 朝鮮』のキーワードでgoogle検索すれば一目瞭然です。

問題はテレビです…民放はスポンサーが必ずつきますが、大手広告代理店(世界最大手)のトップがこれですから…バイアス掛かりっぱなしですね。
http://mainichi.jp/select/world/news/20090326ddm012030044000c.html
授章後のコメントもさもありなんですね。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=113072&servcode=A00&sectcode=A10

右とか左という前に…
朝日新聞=中国寄り
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E

読売新聞=米国寄り
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/06-02/060208amaki.htm

毎日新聞=南北朝鮮寄り
枚挙に暇がありません。

軸足を日本に置いた大手新聞がないのが現実です。
『読売新聞 CIA』『朝日新聞 中国』『毎日新聞 朝鮮』のキーワードでgoogle検索すれば一目瞭然です。

問題はテレビです…民放はスポンサーが必ずつきますが、大手広告代理店(世界最大手)のトップがこ...続きを読む

Q朝日新聞って・・・・

朝日新聞の捏造事件の話を聞いて、疑問に思うのですが、なぜ捏造する必要があるのでしょか?

Aベストアンサー

元新聞記者のhanakoyoです。
↓の販売競争というのは全くの間違いで、捏造が発覚したら読者が減って売り上げが落ちますから、そんなリスクを犯して、売るために捏造ということはないです。
捏造のパターンは大きく分けると2つです。
(1)記者がイッちゃてる。
(2)予定原稿を書いていて(すぐに紙面に載せられるように、予測記事を書く。確定したら、原稿を直して紙面に載せる)、それがなんらかのトラブルで「予定記事」のまま載っちゃう。

先の朝日新聞の田中康夫知事の記事の「捏造」は、(2)に近いものでした。
でもね、記事の内容は間違ってなかったんですよ。ここで問題になったのは、記者が知事に直接会っていないのに、記事中に、知事のコメントが載った、という事。
つまり、記者が参考にした新聞名は忘れましたが、例えば「長野新聞の記事によると」という一文が入っていれば、何の問題もなかったわけです。
もちろん、朝日新聞のチェック体制が一番の問題なのです。が、これに関しては、私は、
「捏造だ!と全国に向けて騒いで何が楽しいの?朝日新聞に厳重抗議をすればいいだけじゃん?」
という思いです。

ただ、最近の新聞はたるんでいて、というか、怠け者になっていて、
「TVで某社長がこう発言した」
というのを度々目にします。
私が記者だった頃は、そんな引用は許されず、
「自分で直接会って、直接取材したものしか認めない!」という事が徹底していました。参考にしたTVがNHKでも「お前はNHKからドロボウする気か!?」とか言われたものです。

元新聞記者のhanakoyoです。
↓の販売競争というのは全くの間違いで、捏造が発覚したら読者が減って売り上げが落ちますから、そんなリスクを犯して、売るために捏造ということはないです。
捏造のパターンは大きく分けると2つです。
(1)記者がイッちゃてる。
(2)予定原稿を書いていて(すぐに紙面に載せられるように、予測記事を書く。確定したら、原稿を直して紙面に載せる)、それがなんらかのトラブルで「予定記事」のまま載っちゃう。

先の朝日新聞の田中康夫知事の記事の「捏造」は、(2)に近いもので...続きを読む

Q朝日新聞の社旗

朝日新聞の社旗を見て感じたのですが、とても日の丸に似ていると思いました。特に旧日本海軍の旭日国旗にそっくりです。朝日新聞はもちろん日の丸反対の急先鋒だと思いますが、いつから使っているのか、今までに変更したほうがいいという内外の動きはなかったのでしょうか。中国や韓国からいちゃもんがつかったのですかね。特にこの間の
竹島騒ぎの時、わざわざ社機で出かけたりして、あの社旗も映っいましたが、韓国をおちょくりに行ったように見えます。(おちょくる=関西方言、からかう)

Aベストアンサー

朝日新聞社は戦前は「日の丸大好き!」ですよ。
戦争開戦を完全に煽ってますし。
反日の丸になったのは戦後で手のひらを簡単に買えただけです。

Q今ニュースステーションで…

いつもお世話になります。

よく聞いていなかったのですが、どこかに白装束集団に関する脅迫状が送られてきて、その脅迫文通りどこかの鉄塔のボルトが抜かれていたと聞きました。詳細はどういうことなのでしょうか?

又、「鉄塔・ボルト」から私は4年位前(ですよね)に香川県で連続して起きた送電線のボルト抜き取り事件を連想しました。あの事件は未解決と伺っています。推測ですが、もしかして…先のニュースと関連があるのでしょうか?

更に別の報道番組で、最近起きた熱海沖の海底ケーブル切断事件も送電線事件と酷似ていると聞いたのですが関連はあるのでしょうか?

ご存知でしたらお教え下さい。

Aベストアンサー

高松市の朝日新聞高松支局に白装束の団体「パナウェーブ研究所」の報道をやめるよう脅迫する郵便物が届いたようで香川県の防災行政無線の中継用の鉄塔が狙われました。

内容は「パナウェーブの報道をやめろ。電波塔のナットを外した。次は倒す」

19982/20、香川の鉄塔倒壊事件、熱海沖の海底ケーブルとの関連は分かりませんが怪しいですね。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030514-00000122-kyodo-soci


人気Q&Aランキング

おすすめ情報