失業率と朝日新聞(ニュースステーション)無責任と嘘

最近の失業率をニュースステーションは問題にし、社会問題として特集をしています。ですが、みなさん、思い出してください。数年前、官僚腐敗や金融業界の不信が高まっていた頃です。

久米博や朝日新聞の編集員(たかなりた)氏は、橋本内閣時代の改革を行っている頃、なんて言っていたか覚えています?

「日本人は、改革を迎えてせかせか働くのはいやなのでしょうか?」
また、「完全失業率は10パーセント」を予想すると言っておきながら、それを恐れ改革が進まないことに罵詈雑言でした。

ですが現在は、この失業率を問題にし記事にしています。彼らの記事はその場限りでいいかげんなのが解ったような気がします。彼らは国民の代弁者ではないし、まるで週刊誌の記事レベルのゴシップ的な特集を行っている・・・としか思えなくなってきました。

朝日新聞のその時々いいかげんな社説を唱えているいいかげんな気がします。

結局、国民の代弁者でもないし、真実を責任を持って伝える新聞でも無いと誤解されても仕方無いと思います。

ニュースステーションのあり方についてどう思います?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

報道機関に100%正確な、国民をリードできるような記事や論説は期待すべきではありません。

報道機関といえども一私企業に過ぎません。各社それぞれの思い(方針)があって新聞雑誌を発行しテレビの報道番組を組んでいるわけです。彼らは視聴者や読者の大多数が拒否するような報道記事は取り上げないはずです。何故なら売上に結びつかないから。

日本の報道番組はほとんど解説つきですが、外国では政府や企業団体の発表は解説無しで報道されます。判断はすべて読者や視聴者が行うわけです。報道機関の価値や評価は売上(発行部数や視聴率)となって反映されるので、好みの強い視聴者や読者の意見ではなく大多数の意見が反映されると考えた方がいいでしょう。
朝日が嫌い或いは信用できないのであれば複数の新聞をとるか、他の信用度の高い(と判断される)新聞に変えるべきです。
    • good
    • 0

それは、あなたの指摘されるとおりです。



そもそも、放送局や新聞社が国民の大多数の意見を代弁してくれているという考え自体を、捨て去らなければなりません。

いくら「ニュース」と称していても、あれは一種の「ショー番組」であり、視聴率を稼いでスポンサー収入の増加を目指す「ビジネス」です。

新聞も読者の共感を得られる内容や「日本人の琴線にふれる」記事を書いて、購読者を増やし、広告収入を上げるのが目的です。

それに、考えてもみてください。昨今の放送番組の低俗化を。

アホ芸人総出演の(精神年齢としての)子供向け低俗番組しか作り得ない現在の放送局で、ニュース番組だけが、突出してまともな番組を国民に提供できるはずがありません。

それでも、あなたは非常にまじめなかたですから、朝日新聞に対しては、『結局、国民の代弁者でもないし、真実を責任を持って伝える新聞でも無いと誤解されても仕方無いと思います』とおっしゃっています。

私などは、もともと「新聞が国民を代弁し、真実を責任を持って伝えている」なんて、微塵も思っておりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>新聞が国民を代弁し、真実を責任を持って伝えている

一応、新聞社の歌い文句にはなっているようですね。ですが、信じてない人もいるって事ですね。

お礼日時:2001/08/29 04:35

そのとおりだと思います。


テレビ局は場あたり的な報道も確かにあります。

それに躍らされる国民もたくさんいます。

でも、それを客観的に受け止めて、考えるのは個人です。

昔(どれくらいでしょう)よりは躍らされる人も少なくなっていると
思うのですが?

私の場合はTVを真剣に見ていると腹も立ってきますので
気楽にみていますが こういう意見もあるんだなって
判断するのは責任ある自分ですから

勝手に意見を書かせてもらいました。
(私の一つの意見として捕らえてください)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの番組の影響力から言って、踊らされている(共感している)?国民が多いとも思います。何せ代弁者が欲しい訳ですから・・・

中立、公正な面を押し殺し過ぎている面もこの番組にはあるのかも。

何せ久米キャスターときたらNHKニュースを馬鹿にするする。

NHKの正当さをもう少し学んだ方が良いとも思うのですが。
NHKは硬すぎますが、国営で無茶されるよりは良いような気がします。

お礼日時:2001/08/29 04:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング