【初月無料キャンペーン中】gooドクター

一回もインフルエンザなどのワクチンも打ったことない人の方が、コロナワクチン副作用が強く出ますか?また、二回ワクチン注射した証明みたいなものは今後お店や外出先で提出させられたりは有り得ますか?

gooドクター

A 回答 (6件)

米国・看護師の内部告発

https://bit.ly/2ZmQK1o

医師がワクチン接種が原因と認めなくなるところが恐ろしい
    • good
    • 0

色んなワクチンを接種した人ほど体内に入る異物の警戒心が高まるので


打ってない人は反応がにぶいので副反応も低いです
10月からワクチン接種者に限りの実験的な感染率をみるようなので
11月頃からワクチン証明書の提示による飲食店の利用になるでしょう
飲食店側も感染者が多くなると飲食店が原因として叩かれますので
10月のデータの結果により11月からは接種した人のみは飲食店
や旅行などを利用可能として制限緩和になるのはほぼ確定してますので
ワクチン接種してない人は今後も今まで通りの自粛になります
    • good
    • 0

>強く出ますか?



関係ない。

>有り得ますか?

あるかもね。
    • good
    • 0

ワクチン履歴と新型コロナワクチンとはまったく関連がありません。


そもそもインフルエンザワクチンは不活化ワクチンですから数か月すると効力がなくなりますので新型コロナワクチン接種の6か月以上前にインフルエンザワクチンを打ったとしても、体内は打ってない人と同じ状態に戻ってます。なので、副作用はあくまでも新型コロナ用ワクチンに限定してお考えください。

>二回ワクチン注射した証明みたいなものは今後お店や外出先で提出させられたりは有り得ますか?
大いにありえます。政府は2回接種完了後の証明書をもつか、接種しないまたはできない人は72時間か48時間以内のPCRの陰性証明書をもっていれば、それを入店や参加の条件にしている場所やイベントで使えるよう考えているようですね。
すでに一部店舗や国内ツアー旅行では接種済みの人限定とか、接種済みまたはPCR陰性証明ある人限定で参加できたり、割引があったりといった特典を用意して受付しているそうです。
    • good
    • 1

ワクチンがどれも同じ物と言うことではなく、特定のワクチンに対して自身の身体がどこまで反応を示すかは種類やその時の基礎疾患、体調によります。



ワクチン接種証明の活用については、今、国が具体的に検討に入っていますが、お公共公共施設の予防対策同様に「なお感染の広がりを防ぐ、押さえる対策済み」の証明としてなんらかの区分、提示は有利と区分されるでしょうね。
    • good
    • 0

副反応は、過去のワクチン歴とは関係ないでしょう。



証明書(ワクチンパスポート)は実施されれば、提出要請されることはありうるでしょう。
ワクチン接種=感染者ではない、ということではありませんけどね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング