今年の秋にスコッチウィスキーの蒸留所を巡ってみたいと思っています。
旅行会社をあたってみたり、サイトを閲覧したりして情報を集めています。
自分はあまり英語が得意な方ではないので、蒸留所のツアー予約や宿の予約に不安があるため、できればそのあたりの手続きをしてほしいと考えています。
また運転ができないため、電車とバスを利用しようと思っていますが、もしハイヤーを手配した場合、どれくらい費用がかかるのかも知っている方がいれば教えてください。
またスコットランドに強い旅行会社があれば教えてほしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

だんだんとツリーが大きくなってきて楽しくなってきました。



ついでに書いておきます。
何度かでていますが、見学に予約が不要な蒸留所は比較的大きくて有名なところになります。さらに蒸留所内の案内ツアーの開催時刻が決められている場合が多いようです(日に何度もありますが)。例えば10時に蒸留所についても11時にならないと案内が始まらないってこともあり得ますから、事前に問い合わせた方がやはり無難です。

それと”乾杯”のゲール語、Slainte mhathですが、スコットランドの人々でもゲール語を母語としない方々はスランジヴァーあるいはスランジマハーのように発音されるようです。しかし、正確にはラにアクセントをおいてチェを弱く、スラーンチェヴァーのように発音します。このように発音すれば、きっと相手もびっくりするでしょう。
あとは
 Tapadh leibh.ターぺレイブ ありがとう
 Mar sin leibh.マシンレイブ さようなら
といって蒸留所あるいはパブをでるとなおかっこよくなります。
本当はもっと沢山”ありがとう”や”さようなら”という表現があるのですが、一番無難な形だと思います。
ぜひ一度ゲール語をトライしてみてください。きっとものすご~く喜んでもらえますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼がたいへん遅くなり申し訳ありません。
今回は比較的大きな蒸留所を中心に回ってみようと思います。(インヴァネスから電車とバスを使ってダフタウン近郊の蒸留所巡りとアイラ島内の蒸留所巡りに限定)
次回があるかどうかわかりませんが、あまりムリせずスコットランドの風景と蒸留所、そして味を堪能してこようと思っています。(オークニー諸島もすごく捨てがたかったし、オーバンの町並みも惹かれています)
ゲール語はぜひトライしてきます!
ありがとうございます。

お礼日時:2005/03/26 23:11

思い出したことがあったのでご連絡します。

オーバンの蒸留所はたぶん当日でも大丈夫だと思いますが、次回オーバンにでかけたときに聞いてみますね。また回答します。
また、オーバンの観光案内所には日本語のスコットランドのパンフレットがありますので、そこにもでているかもしれませんので、それも入手してみてみますね。
オーバン蒸留所の向かいのカフェジュリーは私のいきつけのカフェですが、おいしいです。
スコッチウイスキーは蒸留所で販売していますが、それよりもTESCOとか大手スーパーで購入されたほうが安いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。
日本語のパンフレットはうれしいですね。
それだけ日本人がきてるっていうことなのかなぁ。

シングルモルトは少し荷物になるかなとおもってお土産としては考えていなかったのですが、
安かったら買ってしまうかも!?
というより、ホテルで飲んでいるかも・・・。

お礼日時:2005/03/15 23:59

No.6のご質問にお答え致します。


できれば事前に電話でアポイントを入れた方が良いのでしょうが、私の場合は、蒸留所に着いてからで大丈夫でした。但し飛び込みOKは、ツアーやビジターセンターがあり、一般公開されている著名な蒸留所に限られている様です。
スペイサイドでは、マッカラン・グレンフィデック蒸留所は外せませんネ。
ウィスキーを試飲する際、ゲール語で「乾杯!」を意味する“Slainte mhath!(スランジャ・ヴァー!)”の一言を添えると、喜んでもらえますよ。

参考URL:http://www.themacallan.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
事前のアポが大切のようですね。
ゲール語の「乾杯!」はぜひ試飲する際にゆわせてもらいます。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/03/15 23:56

インバネスを拠点にするともう一ついいことがあるので、追記いたします。



下記はインバネスにある日本人の方が経営されているB&BのウェブサイトのURLです。この方は本にも紹介されているような方なので、ここに泊まればツアーの予約などのお手伝いもきっとしてくださると思いますよ。日本語で相談できて予約のお手伝いもしてもらえるかもしれないというのはなかなか得難い宿かと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/9210/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。
地球の歩き方「スコットランド」に掲載されていますね。でも宿はサイトでっておもっていたので、見てませんでした・・・。
なので、この情報で初めて知りました。
サイトのほうものぞいてみて、ここを拠点にウィスキー街道やオークニー諸島へ足を伸ばすというのは安心感があっていいですね。

お礼日時:2005/03/15 23:53

一昨年スペイサイドの蒸留所巡りをしました。

見学可能な蒸留所ではウイスキー製造工程の案内をしてくれるので、ある程度の英語力は必須だと思います。現地で予約可能なガイドツアーもありましたが、これも当然英語での案内となります。ただ、スコットランド人は特有の訛りがあり、耳が慣れてこないと発音を聞き取るのに苦労します。
それと、車がないとのお話ですね。スペイ川流域には大小の蒸留所が点在しているので、お時間があれば付近のB&Bを拠点に路線バスを利用して廻ることをオススメ致します。
楽しんでくださいネ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
路線バスでスペイサイドの蒸留所を巡るのがベターなようですね。9月なので時間的に3つくらいに絞ったほうがいいのかもしれませんね。
情報ありがとうございます。

蒸留所の予約は当日飛び込みでも大丈夫なのでしょうか?
tigers31さんは前日までに予約されたのでしょうか?
スコットランド入りした翌日にはウィスキー街道へ足を運びたいと考えています。

お礼日時:2005/03/12 18:07

他の方も書かれていますが、「蒸留所を巡る」ということで複数の蒸留所を訪ねるような日本語でのツアーはほとんど期待できないと覚悟しておいた方がよいと思います。

英語が苦手ということでしたが、蒸留所での説明なども基本的には英語ですし、がんばって英語を磨きましょう。

ハイランドパーク蒸留所はオークニーに有りますし、ウイスキー街道とオークニーの両方にいかれるならインバネスを拠点にするとよいかもしれません。下記サイトは英語ではありますが、ウイスキー街道へのツアーがあるものも紹介されているし、オークニーへのツアーの案内もあります。また、インバネスを拠点とすることでスカイ島にあるタリスカ蒸留所へもいくことができます。ただし、これらのツアーはすべて英語です。でも、インバネスのツーリストインフォメーションでは丁寧に説明してくれますし、外国人の下手な英語になれていますので、英語でのツアーの予約もそんなにハードルが高くないと思いますよ。

タクシーについては、フォートウィリアムで一日借りたことがありますが、25ポンド/時間でした。6時間で約3万円!結構高くつきます。

長くなりますがもうひとつ。出たばかりですが、地球の歩き方「スコットランド」’05~’06年版の42ページをご覧ください。蒸留所めぐりのすすめがあって、主な蒸留所とそこにいくための公共交通機関(タクシーを含む)の案内があります(もちろん公共交通機関がないのもあります)。とても良くできていると思いますよ。

参考URL:http://www.scotland-inverness.co.uk/invernes.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ガイドツアーは英語しかないと思っています。
反対に日本語であったらびっくりですね。
一部の蒸留所にはビデオの音声が日本語であったり、パンフレットが日本語であったりするみたいですが・・・。
英語でのツアー予約のハードルが高くないというのはうれしいです。

インバネスの情報ありがとうございます。
拠点があった方が動きやすいので、とても助かります。
地球の歩き方「スコットランド」はとても参考になりますね。

お礼日時:2005/03/12 18:00

こんにちわ。

スコットランド在住です!
私の住んでいるところに近い街でオーバンというところがあります。オーバン蒸留所というウイスキーの製造工場があります。ガイドツアー(英語ですが)があり、製造工程の見学、試飲ができます。
オーバンまではグラスゴーからスコッチレイル(鉄道)かシテイリンクバスで約3時間程度です。どちらかというとバスを利用されたほうが景色がのんびりながめられてオーバンまでの途中たくさんの古城がみれます。電車は違う場所を通るため景色はいいとはいえません。羊と牛を見たい!というのでしたら別ですが。
オーバンはいわゆる漁港でここからいろいろな島にフェリーがでていて、日本人観光客も増えてきました。
歩いていろいろな名所に回れますし、日本のガイドブックにもいろいろでていますので参考になるかと思います。
日本人は私しか住んでいませんが、とても日本人に対して親切ですし、フレンドリーです。日本語で話しかける人もいるかもしれませんよ。笑。
食べ物も漁港ですから意外においしいものあります。
もっと何か聞きたいことがあればおっしゃってください。できるかぎりお手伝いしたいと思います。
楽しいご旅行を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
オーバンも好きな銘柄のひとつです。
バスでの移動も楽しそうですね。
時間か景色かなやみそうですね。
シーフードがおいしいというのは魅力のひとつですね。
ガイドツアーは当日、蒸留所に飛び込みで行ってもいいのでしょうか?

お礼日時:2005/03/12 17:52

ご存知とは思いますが、アイラ島はいかがでしょう?



グラスゴーから飛行機で20分くらいでロンドンからはかなり行き易いです。佐渡島程度の大きさに7つの蒸留所があります。島内の交通としてはレンタカー利用が大半ですが、タクシーで回る観光客も多かったです。天気がよければレンタサイクルでも回れます。(飲んで運転は注意が必要ですが)

アイラ島を回るツアーは残念ながら知りません。ほとんど個人旅行だと思います。私は去年の8月末に行きましたが、レンタカーもタクシーも手配せずに空港に着いたのですが、タクシーもレンタカーもすべて予約のみで途方に暮れていたら、大柄で陽気なおばさんが「どこまで行くの?」と言って声を掛けてくれました。どこかでみたことが・・・と思ったら、ウルルンにも出ていたボウモア蒸留所のクリスティーンさんでした。結局ボウモアまでただで乗せてもらった上に、翌日のレンタカーの手配、蒸留所ツアーの予約までしてもらってしまいました。ボウモアが島のほぼ中央にあり、レンタサイクルもそこの郵便局で借りられるし、タクシーも呼びやすいです。

どうしても蒸留所は人里はなれたところにあるので公共交通機関だけで行くのは難しいです。タクシー利用は避けられないので、ある程度蒸留所がまとまっている地域を目指すといいでしょう。
アイラ島だったらボウモアから島の端まで往復して5000円くらい(30ポンド弱)とか言っていたように思います。同じように旅行している人(なぜかドイツ人が多い)と蒸留所であうこと多く「次XX行く人いる?」「乗せてって!」なんて会話も多いです。

ツアー予約やホテル予約も向こうが観光客になれていますので日時と人数さえ伝えられればOKです。蒸留所ツアーも英語だけなので、ある程度英語の勉強はしておいた方がよく、単語が聞き取れるくらいあれば予約は簡単ですよ。アイラ島ならボウモアが拠点となるので、まずボウモア蒸留所を尋ねてみると、クリスティーンは日本人を見かけると向うから声を掛けてくれるのでいろいろ助けてくれると思います。

いろいろHPは当たったと思いますが、写真が多く雰囲気が伝わるものを紹介しておきます。

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~hosanna/uk2002f/uk2002.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ボウモアは日程的にきびしいかなと思っていたのですが、読んで、ぜひ行ってみたいとなってしまいました(^^ゞ
たしかにウルルンよかったですね。

レンタサイクルという手もありますね。
片言の英語を少しでも鍛えて、いろんな人と出会って楽しい旅行にしたいと考えています。

お礼日時:2005/03/10 00:30

エジンバラを訪れた際に、エジンバラ城のすぐそばに


あるスコッチウイスキー博物館に行ったことがあるの
ですが、そこからの現地ツアーとかがあったような
記憶があります。わたしは参加した訳ではないので
定かではありませんので確認は必要ですが。
多分ここはガイドブックに載っているので探してみて
ください。

またこの博物館の中には醸造所もあったか、一部製造過程
などが見れるようになっていたと思います。
入り口横のショップではありとあらゆるスコッチウイスキー
が売られていて、わたしもミニボトルを20本くらい
買って帰りました。

あとは探してみましたが、NO.1の方が紹介している
サイトくらいしか見つかりませんでしたね。
実際にエジンバラに行き、駅のインフォメーション
(観光案内)などで聞いてみるのが一番だと思います。
でも日本語ツアーはほとんどないと思います、やはり
英語ツアーが主になります。

各地の醸造所に行きたいなら、やはりレンタカーは
必要になるでしょう。
タクシーだと料金はすごいことになりそうです。
1ポンド=200円ですからね~。

ホテルを予約するのは英語ができなくても読めるので
あれば難しくはないですよ、ネット上で予約できますし。
エアチケット、ホテル、ご希望のプランを代理店に
伝えてプランを立ててもらうのがいいかもしれません。
まず手始めに日本旅行とかJTBにプランの相談に
行ってみてはどうでしょう?
ここくらい大手だと方面別に担当もいるので聞くだけ
聞いてみると何か手がかりもつかめそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
エジンバラのスコッチウイスキー博物館も興味深い博物館ですね。ミニボトルはいっぱい買って帰りそうです(^^ゞ

博物館からツアーがでているのでしょうか?
ネットで調べてみます。情報ありがとうございました。

本当はレンタカー借りてがベストな手段だとは思うのですが、お互いにウイスキーが好きなので飲酒運転はさすがにいけないだろうということで、レンタカーはまったく考えていません。申し訳ありません。

ホテルの手配についても教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2005/03/10 00:24

スコッチウィスキーの蒸留所は、離島も含めてかなりあちこちに散らばっており、それをタクシーで巡る、というのは相当厳しいように思います。

。。

また公共交通機関も、エジンバラ/グラスゴー以北では、鉄道の本数、バスの本数ともに少ないところが多く、日本よりも頼りにしにくいところが多いかと思われます。


ですので、本来であればレンタカーで巡ることをオススメしたい次第ですが、
もし仰るような形で蒸留所をめぐられるのであれば、事前にしっかり情報収集されて、公共交通機関のアシがつきやすいところを中心に、しっかり計画を立てて回られることをオススメしたいと思います。。。

また全ての蒸留所が見学可というわけでもなく、また秋も遅くなってくると日照時間が非常に短くなり見学可能時間もより限られてきますので、このあたりの注意も必要です。


以上の点ご勘案いただき、適切なパッケージツアーのご利用/旅行会社によるフルアレンジ/自力での周遊 等、ご検討されるのがよいのではないでしょうか。。。

(こういった同好の士の手によるツアーもあるようです・・・
http://www.scotchclub.org/gaiyo.htm


また、スコットランドの中でも特にこの地域を回りたい(ハイランド地方限定、島嶼限定、エジンバラ周辺限定 etc.)ということがあれば、その旨補足いただけると、皆様からさらにアドバイスいただきやすくなるかもしれません。。。

以上、ご参考にいただける部分あれば幸いです。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をかいていただきありがとうございます。
自分の質問を読み返してみて、確かに曖昧な表現が多いことに気付きました。

行ってみたいと考えているのは、
ウイスキー街道周辺、ハイランドパーク蒸留所、ボウモア蒸留所近辺です。
ウイスキー街道はタクシーを半日借り切ったほうが行動しやすいかなと考えていたため、質問のような文章になってしまいました。

秋からの日照時間は考慮していませんでした。
気付かせていただきありがとうございます。

お礼日時:2005/03/10 00:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルコール度が一番強いお酒教えてください!

強いお酒を教えてください。
カクテルでも日本酒でもワインでもお酒全般OKです!それと、一番弱いお酒も教えてくれると有難いです。どうか宜しく御願いいたします。

とびっきり強いお酒大歓迎です!

Aベストアンサー

アルコール度が一番高いのは
ポーランドのウォッカ「スピリタス」と言われています。
度数は96度。ほとんど消毒用アルコール?ってくらいの世界ですね。

昔は98度で作られていましたが、現在は98度のものは生産されていません。

98度を学生時代に一度飲まされたことがありますが、
ほんの一口で降参した記憶があります(笑)

Q冬のスコットランドあるいはウェールズのツアーありませんか?

冬のスコットランドあるいはウェールズに行きたいのですが
寒いためか、パックツアーを主催している旅行会社を見つけられません。
どなたか、ご存知のかた、いらっしゃいませんか?
個人旅行はちょっと無理かなと思っています・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
回答ではないのですが・・・・・

冬だとロンドン発着などのスコットランドツアーもほとんどない気がします。
都市部は大丈夫だと思いますが、地方の観光スポットは営業していないことも多いのでツアーが組めないのかもしれません。

ウェールズはもともと日本からのツアー自体が少ないですし、冬はイギリス周遊ツアーも数がぐっと減りますよね。

利用したことはないのですが、個人旅行のプラン作りをしてくれる会社もあるようですので、
ツアーが見つからなければ、そういうところでアレンジしてもらうのも手だと思います。
でも高くついちゃいそうですね。

お役にたちませんで・・・

でも、どちらも良いところですよ。できれば夏に行く方がいいですが。

Q変わったお酒、珍しいお酒

きょう、『博多練酒』という牛乳みたいに真っ白なお酒をいただきました。わたしは下戸なので、(アルコール度数の低い)このお酒はとてもおいしく感じました。世の中にはわたしの知らないこんなお酒もあるんだと思ったのですが、ほかに『こんな変わったお酒を知ってるよ!』という方がいらっしゃいましたら是非お教えください。お酒のジャンルは問いません。アルコール度数も問いません。外国のお酒でもかまいません。変わった飲み方でもかまいません。ただし、変わったお酒を載せているHPのURLの紹介は、結構です。ご自分が実際に飲んだことがあり、『こんなお酒ですよ!』というコメントをいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

アイラグ(馬乳酒)と言う物があります。
モンゴルの放牧民が飲んでいるものですが、牛の乳を搾り瓶に入れて小屋の入り口に置いておきます。

出入りするときは客であっても誰であろうとそれを数回かき混ぜてやるのが礼儀です。
味はアルコール分が殆どしなくてほのかに甘く、酸っぱくて良く本に書いてあるヨーグルトのような、と言う物よりカルピスハイの方が似ています。

アルコール度数が低いのに高度の高いところで飲むので後で足に来ます。

あとは珍しい飲んだことのある酒は「ヴィノ・デ・コカ」というボリビアのお酒です。原料はコカの葉らしいんですが作り方なんかは不明です。
とても甘いのですが飲むと酔いとは別のボーっとした気分になりました。

Qイギリス、スコットランドでタバコ

スコットランドのグラスゴーへ出張中です。成田空港でタバコを買う暇が無く、経由地の免税店でも忘れていたため、驚くほど高いタバコ代に困っています(約1000円)。
どうしたら良いでしょうか?
本当に困っています。
現地の方が、これほどの値段で買っているとは思えないんですが、どこか特別なところで買うのでしょうか??
それとも巻きタバコか何かが普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

高いですよね。でも、みんな普通の値段で買っているようです。
あとは、旅行に行く非喫煙者に買ってきてもらうよう、
頼んだりしているようですよ。

私はイギリスに来てからは、葉っぱ・紙・フィルターをそれぞれ別々に買って、
自分で巻いています。
最初のうちは、ゴールデンバージニア(緑のパック)を吸っていましたが、
ドラムゴールド(クリーム色のパック)の方が、少しマイルドだと勧められ、
今はそれに落ち着いています。
さらにマイルドだと言われて試した、アンバーなんとか?というのは、
どうも好みではありませんでした。
ペーパーも、色々種類がありますが、緑のリズラを使っています。
厚みやフレーバーで、ケースの色が違うようです。
それから、私はメンソールのチップと普通のチップ、
2つのフィルターをつけています。(日本ではピアニッシモだったので)
巻き方は、慣れれば簡単だと思います。
ペーパーを一枚出して、葉っぱを少しのせて、
くるくる少しこよるように形を作ってから、端まで巻いて、
のりの部分をちろっと舌でなめて、くっつけます。
どうしても上手くいかない場合は、巻く機械のようなものも売っています。
一日どれくらい吸うかにもよるかと思いますが、
箱のものよりも、安く済ませることが出来ると思いますよ。

高いですよね。でも、みんな普通の値段で買っているようです。
あとは、旅行に行く非喫煙者に買ってきてもらうよう、
頼んだりしているようですよ。

私はイギリスに来てからは、葉っぱ・紙・フィルターをそれぞれ別々に買って、
自分で巻いています。
最初のうちは、ゴールデンバージニア(緑のパック)を吸っていましたが、
ドラムゴールド(クリーム色のパック)の方が、少しマイルドだと勧められ、
今はそれに落ち着いています。
さらにマイルドだと言われて試した、アンバーなんとか?というのは、
...続きを読む

Qお酒が苦手な人でも呑みやすい日本酒ありますか?

全国の日本酒を集めたお酒の会に招待されました。

日本酒だけではなく、お酒全般ダメだと思ってるのですが
以前、飲み会で勧められた八海山というお酒は美味しくいただけました。
辛口ではなく口当たりの良い
呑みやすいお酒があったらおしえてください。

Aベストアンサー

銘柄もあるのですが、日本酒くささは、アミノ酸によって
出てくると言われます。
大吟醸と言う種類のお酒は、米の芯のでんぷんで作りますので、
日本酒臭さがあまりありません。
初めての銘柄を飲む場合でも、大吟醸を選んでおけば
まだましだと思います。

お勧めは、出羽桜の大吟醸ですが、久保田万寿なんかもいいですね。
(居酒屋で注文してはいけません、びっくりする価格です)
私の好きなのは「あさ開き」ブランドです。
http://chieko.web.infoseek.co.jp/tanpopo510frame.html
http://www.junmai.com/asabiraki/asabiraki-main.html
女性には、夢灯りがおすすめです「これが日本酒?」と
感じるでしょう。

Qロンドンから鉄道などで日帰り可能な蒸留所ありますか?

スコッチウイスキーに興味を持っています。試飲や本格的に飲むことを考えると車での移動が出来ず、しかも時間的制約があるので日帰りなのですが、ロンドンから鉄道などで行って見学できるスコッチ蒸留所をご存知でしたらご紹介ください。

Aベストアンサー

スコッチウィスキーはその名の通りスコットランドで生産されています。スコットランドと言えばロンドンから400-500km北。いわば、東京から青森の酒造所へ日帰りするのと同じくらい無理筋です。

英国には新幹線もありませんので、電車で行くと片道5時間くらいかかります。また蒸留所はとっても田舎というか人里離れた所にあるため、街からレンタカーで1時間やそこらはかかります。バスはなかなか来ないし本数少ないし。

Glengoyne蒸留所訪問記(日本語)
http://www.geocities.jp/land_and_land/glengoyne.html

Glengoyne Scotch Whisky Distillery(英語)
http://www.scotchwhisky.net/distilleries/glengoyne.htm
他の蒸留所もこのサイトで見つけられますが、行きやすくて今でも営業しているのはGlengoyneになるでしょうね。

英国電車時刻表検索(英語)
http://www.nationalrail.co.uk/index.html
ここで電車の時間を調べると、London発7:00、Glasgow着12:36の電車があります。帰りはGlasgow発17:40、London着23:13。

Glengoyne蒸留所のページ(英語)
http://www.glengoyne.com/glasgow_whisky_distillery/
駅の近くでタクシーを拾えば35分で着くそうですよ。本当かなあ…渋滞とかを考えて、1時間ってあたりが安全かな。往復で2時間。英国ではしょっちゅう電車が遅れるので、2時間見学できるかどうか微妙ですね。

以上のように、不可能ではないけど余裕はない感じですね。私だったら怖くて実行できないですけど、ご参考まで。

スコッチウィスキーはその名の通りスコットランドで生産されています。スコットランドと言えばロンドンから400-500km北。いわば、東京から青森の酒造所へ日帰りするのと同じくらい無理筋です。

英国には新幹線もありませんので、電車で行くと片道5時間くらいかかります。また蒸留所はとっても田舎というか人里離れた所にあるため、街からレンタカーで1時間やそこらはかかります。バスはなかなか来ないし本数少ないし。

Glengoyne蒸留所訪問記(日本語)
http://www.geocities.jp/land_and_land/glengoyne.htm...続きを読む

Qお酒(まだ飲んだことがありません・・)や食料品を売る時、買う時

お酒(まだ飲んだことがありません・・)や食料品を売る時、買う時
 
 私はまだお酒を飲んだことがありません。お酒を売るにあたって(主にお酒が中心)大切なこと、お酒を買いに来ているお客様が求めていることは、どのようなことでしょうか??
 
 お酒に限らず、食料品なども含めて、販売員はどのようなことに気をつけ、考えて仕事をしているのでしょうか。

 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

商品に関して言えば「定番は抑えている」+「種類が豊富」というところかと。
例えばお酒なら焼酎・日本酒・ワイン・ビール類・チューハイ・カクテル類・ウィスキー・スピリッツは置いてある方が良いですし、焼酎は「麦」「そば」「芋」ワインは「赤」「白」は最低でも置いて欲しいかと…。
お酒中心で食品は「おつまみ程度」という感覚なら、焼酎のラインナップに「しそ」「黒糖」、ワインに「ロゼ」「スパークリング」「アイスワイン」もあるといいですし、ウィスキーも「アイリッシュ」「スコッチ」「カナディアン」「バーボン」「ジャパン」日本酒は「甘口」「辛口」、缶のカクテル類は少なくても良いのでリキュールや中国酒、スピリッツもジン、ラム、ウォッカは最低でも3,4種類はあったほうがいいと思います。あと、欲を言えば泡盛もあるといいかも。(マニアックな物はないけどお酒は一通りあるよ!的なリカーショップ)

あるいは、お酒の中でも特定の物をメインに店内の80%くらいはそれだけで占める。(ほぼ専門店)
例えばワインですと、色のほかにも産地、ヴィンテージで全く違う味がします。同じヨーロッパでもスペイン、イタリア、フランス、ドイツではそれぞれ個性がありますし、一つの国の中でも使っているブドウやシャトーによって味も違うし、ヴィンテージによってブドウの生育が違うので年によって味も収穫量も違いますので、店舗面積がいくらあっても足りないくらいです。

前者
メリット:幅広い層が来てくれる。(客層が広い)商品知識は大まかな傾向程度の知識でなんとかなる。
デメリット:近隣に同じようなラインナップで価格の安い店舗があればそちらに流れて行きやすい。大型店舗やチェーンとは価格競争で負けてしまう。

後者
メリット:固定客がつきやすい。価格競争などに勝てる力がなくても「ここにしかないもの」があれば客が流れていかない。
デメリット:基本は「マニア相手」なので専門的な商品知識が必須。地域のニーズにあっていなければ上手く行かない(焼酎の消費量が多い地域でワイン専門店をやっても上手く行かない)競合店があると新規の客を掴みにくいなど、事前リサーチが重要。

こんなところではないかと思います。
いずれにしろ「商品知識」はある程度必要ですので勉強だけはしっかりしないといけません。
たくさん飲める必要はないですし、酒飲みになる必要はありませんが、味見程度は出来た方が良いかな?
(個人的に、酒飲みや酒豪は酒屋経営には向いてないと思います。商品を飲んでしまい、身を持ち崩す人が多い。)

食料はおつまみということなら「チップス類」「燻製類」「チーズ類」「ドライフルーツ類」「チョコレート類」「クラッカー類」
「割り物」に使うようなフルーツジュース(果汁100%)やコーラ、ソーダ(サイダーではない)、トニックウォーター、ミネラルウォーター、ジンジャーエール(甘いカナダドライと辛いウィルキンソン)はあったほうが良いかな?
あと、飲み会の買出しなどを想定した場合、お酒が飲めない人用のソフトドリンクもあるといいですね。

商品に関して言えば「定番は抑えている」+「種類が豊富」というところかと。
例えばお酒なら焼酎・日本酒・ワイン・ビール類・チューハイ・カクテル類・ウィスキー・スピリッツは置いてある方が良いですし、焼酎は「麦」「そば」「芋」ワインは「赤」「白」は最低でも置いて欲しいかと…。
お酒中心で食品は「おつまみ程度」という感覚なら、焼酎のラインナップに「しそ」「黒糖」、ワインに「ロゼ」「スパークリング」「アイスワイン」もあるといいですし、ウィスキーも「アイリッシュ」「スコッチ」「カナディア...続きを読む

Q2016年4月頭の国内線航空券手配

名古屋ー羽田の2016年4月頭のJAL国内線航空券をとりたいんですが、いつ頃販売されるかわかる方いらっしゃいますか?

羽田に着いた後は一泊し、次の日羽田より国際線を使いカナダに経ちます(1歳児がいるため、ANAだと待ち時間が10時間になるので、JALの夜便に乗り羽田泊まりをしようとおもってます。)

現在持ってるチケット(羽田ートロント)を日にち変更しなければなりません。JALを使い名古屋ートロントに変更する際に$100の変更手数料と$300の差額合わせて$400万位かかるといわれました。

400ドル払うなら、エアカナダのチケットを羽田ートロントにし、個別でJALのチケットを買ったほうが安いのではと考えたからです。
後は二ヶ月程変更のできる期限はありますが、それまでにJALの4月の国内線は発売されるでしょうか?
また日にちを4月3日(日曜)か4月10日でなやんでます。
4月10日のほうが春休み(小中学校)後なので値段やすくなるでしょうか?

アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

今年の例
http://press.jal.co.jp/ja/release/201501/003205.html
大体毎年1月の月末らへんから発売開始してますね。そして同じように
3月末以降の運賃の発表は例年1月の中旬ごろになるのではないでしょうか?

Qお酒が好きな女性にお聞きします。

つき合い始めた彼がお酒が全く飲めないことがわかりました。
タバコも吸いません。もちろん彼はお酒が飲めないので居酒屋やお酒があるお店には連れて行きません。
あなたはお酒と料理が美味しいお店につれていって欲しいと
思っていました。お酒やタバコを好きなあなたは上手にお付き合い
できますか?それとも別れますか?

Aベストアンサー

私の彼もタバコ、お酒はやりません!
だから付き合うのはイヤとか別れたいとか考えたことはありませんが、私は付き合い始めは彼の前ではタバコを我慢したりちょっと外で吸ってくるね、とかしていました。(彼が煙が苦手なのを知っていたので)
いまはタバコは彼からやめて欲しいと言われやめました。当時は「なんでやめなきゃいけないの!?」って思っていましたが禁煙できた今は、禁煙のきっかけを作ってくれた彼に感謝しています。
私はお酒大好きで、居酒屋でわいわいやるのが好きなんですけど 彼はタバコの煙もお酒も苦手なので、最初は彼以外の友達と飲みにいっていました。
でも同棲を始めてから あんまりそういうことをしたいと自然に思わなくなり、家で彼とふたりで食事をしたりTVを見ながら私だけちょっと飲んだりとか、そのほうが楽しいなって思うようになりました。
まあたまには友人同士で飲みに行ったりもしますけどね。

私の場合は やっぱり「私だけ飲んでるのは悪いな」って意識があったんですけど、一緒に暮らしてみて「あ、この人は気にしないんだな」と思い遠慮なく飲んじゃってます(笑)←実は嫌がられてたりして?
あと彼は居酒屋でワイワイするよりも 家でふたりでのんびり食事したりおやつを食べたりするのが好きみたいなので、私がお酒飲んでてもジュース飲んでてもいいんだなってのもありますね。
たまには彼とも飲みに行きたい!!って思うときありますけどね。彼は飲まないんで居酒屋よりファミレスとかペッパーランチとかのほうが好きみたいです(笑)たまには釣った魚にもディナーとか連れてけよ…って思いますけどね(笑)
なのでお互い少しずつ譲り合うことが大切だと思います。
自分は酒もタバコもしないからそういうお店にはいかない…じゃ 彼女も不満があるかもしれません。
たまにはそういうお店も付き合うよ、って言ってくれる男性は素敵だと思います。あーこの質問彼氏にも読ませなきゃ。失礼いたしました。

私の彼もタバコ、お酒はやりません!
だから付き合うのはイヤとか別れたいとか考えたことはありませんが、私は付き合い始めは彼の前ではタバコを我慢したりちょっと外で吸ってくるね、とかしていました。(彼が煙が苦手なのを知っていたので)
いまはタバコは彼からやめて欲しいと言われやめました。当時は「なんでやめなきゃいけないの!?」って思っていましたが禁煙できた今は、禁煙のきっかけを作ってくれた彼に感謝しています。
私はお酒大好きで、居酒屋でわいわいやるのが好きなんですけど 彼はタバコ...続きを読む

Qイタリアのオペラ予約

今度イタリア旅行をするので、オペラも観にいきたいと思っています。
日本からオペラのチケットを予約したいのですが、代理業者を通すと手数料
がかなりかかるので、出来るなら個人で予約を取りたいんですが………

場所は、ベネチアのフェニーチェ劇場(現在は仮設劇場パラ・フェニーチェ)
になるんですが、ここのHPの英語でチケットを申し込むページにチャレンジ
したものの上手く送信できませんでした。(ちなみにMacです。)
送信確認とかも表示されず、違うページに飛んでしまいました。
記入ミスの可能性大かもしれませんが、正しい記入方法が分かりません。
もしかして時間制限とかあるのでしょうか?
どなたか御存知であればお教えください。おねがいします。

 ちなみに→ http://www.teatrolafenice.it です。

Aベストアンサー

こんにちは
へんですね。もしあまりトラブルようなら別の手を探されては?
たとえば、宿泊先のホテルに手配をお願いしてみる。一流ホテルならもちろんわりと安めのホテルでも手配料なんかとらないでやってくれると思いますよ。まともなとこなら、できるかできないかは問わず、ホテルのコンシェルジェあてにメールかファックスを英文で送るとすぐに返事が返ってきます。もちろん、チップ程度はあげるにこしたことはないと思いますが。
あと、調べたことはないのですが、クレジットカード会社に予約を頼む。しかし、ゴールド会員とかじゃないと手数料がかかるかも。これはチョッと自信ないかな。


人気Q&Aランキング