最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

25人中24人がブレイクスルー感染 群馬の病院でクラスター
ワクチンは感染を止めることができない。

A 回答 (13件中1~10件)

ワクチンは感染を止める事ができない……当たり前です。

感染を止めると言う事はウイルスが体内に入らないようにする事ですが、ワクチンにそんな芸当ができるわけありません。
    • good
    • 0

ことコロナやワクチンについてはゼロイチで極論語りたがる馬鹿が多いですが。

もしかしたら質問者もその手合いでしょうか。

ワクチンにしろ他の方策にしろ、感染を「完全に」止める方法はありません。何割防げるというだけです。でも何もやらないよりはずっと役に立ちます。それだけ患者が減るから医療機関への負荷が減ります。最新の適切な医療を受けられるならば、今のコロナは致死率0.3%、インフルエンザの3倍程度まで下がってきています。病院がパンクしなければかなり「怖くない」病気です。パンクする可能性あるからまだ怖いってことでもありますが。

書かれている群馬のクラスター感染は、そろそろ医療従事者向けの接種が効果薄れてきたせいかもしれません。早い人は2月に打ってる、もう半年以上経ちましたから。効果が残っていても、大量のウイルスに晒されたら感染が成立します。ウイルス排出量の極めて多いスーパースプレッダーな人がたまたまいたのかもしれません。

しかし世の中全体としてはワクチン打った人の感染はよく抑えられているし、重症化はもっとよく抑えられています。
    • good
    • 2

>ワクチンは感染を止めることができない。


いままでのすべてのワクチンも、感染しづらくなる効果があっても感染しないなんて誰も言ってないですし、公的HPなど見てもどこにも書かれてありません。
大事なのは感染しても重症化しない、後遺症などに悩まされるような重篤化しない効果が95%ぐらいあるということです。

ワクチンを打っていなければ同じ条件で感染したら重症化する可能性も後遺症に悩まされるような重症化の可能性も遥に高く、結果入院期間もワクチンを打って感染した人よりも3日ぐらい長くなる(その入院費は個人負担ですよ。国は負担してくれません)のです。

だからワクチンは打てるなら打った方が感染後の体の負担の面でも入院の費用の面でもプラスが多いと考えられます。私の仕事の関係者は接種券が届く前に感染して6か月たった今でも嗅覚障害という後遺症が治らず、とっても落ち込んでいます。

とはいえ、打ちたくない人が無理して打つ必要はないです。ワクチン接種でストレスから体調など崩したら本末転倒ですからね。そういう方はご自分なりの自粛生活を続けて人との接触をできる限りさけて感染防止策を取りながら生活していただければそれでいいと思います。
    • good
    • 2

できないでしょうね


風邪も免疫により引く人とそうでない人がいるし
ただワクチンは抗体により重症化を防げますが
高齢者は風邪ですら肺炎になりますし
ワクチン打って感染してもそこまで問題にする必要はないと思います
ただ接種しない人がいるのでそうゆう人達のためだけの予防に
これからなるとおもいます
    • good
    • 0

ワクチンが100%ウイルスを根絶できるならば、世の中に存在するあらゆる感染症は簡単に根絶できることになりますからね。



実際にはワクチンの効果は個人差もあるし、ウイルスの変異によって感染するものが現れる頻度を考えると感染拡大は防げても根絶は難しいいので一定の範囲で広がり続けてる限りブレークスルーは起こります。
    • good
    • 1

現時点では「100%感染を防げる」というものはないんだよ。

    • good
    • 0

全ての病気の治療も、ワクチンも、結果的には「実験」ですからね。


多くの実験をする事で、成功も失敗もある。
そこから多くのデータが得ながら、正解を導き出す。それが医療です。

ワクチンがダメなら、将来的には、感染後の対処法で、薬で抑えれば、何も怖くはないし、それでOKです。

ワクチンはその踏み台で、医療的には1ステップ目なので、それはそれで無駄ではない。
(もちろん、家族だと「無駄死にした」と思う人も居るでしょうが、それも間接的には無駄ではない)
    • good
    • 0

もちろんですとも。



ワクチンはウィルスが体内に入り、感染してから機能するものです。
    • good
    • 0

ほとんどの人が、摂取2回。


そのため、病院ではマスクしていなかったと考えられる。

コロナウイルスは、気管支から直接侵入できる。
そのため、マスク無しでは、マクロファージ、好中球、NK 細胞(ナチュラルキラー細胞)、抗体が、防御する時間が無い。

抗体などの、防御免疫は血液中、体液中で防御する。
肺胞に直接入ったら、増殖される。

増殖は4時間で、1000倍になる。
その後は、近辺の細胞膜を破り、複数個が融合して内部で増殖。
細胞は100%死滅する。

抗体は、細胞に入る前の段階でのみ作用する。

もっとも、細胞内で繁殖後、飛び出したコロナは抗体などが攻撃する。
    • good
    • 0

こんばんは。



ワクチン接種をすると、重症化にならないと言われています。
 メリットは、ここ(だけ)だと思います。

感染を防ぐ効果はないので、2回接種しても感染はします。
古い情報ですが、接種を終えた人も、マスク、手洗いをして、
 ワクチン効果:95%で、マスクなしだと60%程の効果しかない
 のでは?と言われています。
デルタ株では、その効果が半分程度では?とも言われています。
今度、3回目の接種の準備中との話も出ていますね。

ですので、ワクチン接種された方も、マスクと手洗いは必須です!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング