【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

B型肝炎ワクチンについて教えてください。
ワクチンはB型肝炎ウイルスを注射し抗体を作るのですか?
ワクチンを打つとB型肝炎にかかり治った人と同じ状態になるのでしょうか?
よろしくお願いいたします

gooドクター

A 回答 (3件)

どちらも違います。


ウィルスを注射する事は有りません。
ウィルスのスパイク蛋白質(人の細胞にくっ付く足)を線虫などに作らせて、人工的に複製して、それを注射で体内に入れる。
(注射で入れる個数は250兆個程度)

そもそも感染を防ぐから、治った時と同じでは有りません。

抗体の量もワクチンで作ったほうが多い。
ただし、どちらも抗体を作るB細胞には記憶が残ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2021/09/24 11:05

>B型肝炎ウイルスを注射し抗


違います。

>B型肝炎にかかり治った人と同じ状態に
なりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2021/09/24 09:37

ワクチンを接種するすることで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。



免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、回りの人への感染も防ぐことができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/09/24 09:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング