【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

マイホームについて考えていると嫌になって来ます。

予算内、学校や職場の通いやすさ、駅の距離、周辺環境、耐震性、ハザードマップ、同居も可能な間取り、などなど。
特に大きな地震の確率がかなり高い地域のため、なんだか憂鬱ですし、
最近運転にも自信がなく、ちょっと遠いだけで疲れるので、市街地から離れた場所だと心配になってきました。
でも中々良い物件は出ませんし、、
(中古住宅で探しています)

地震が怖いですし、大きな地震のときに修理にお金が沢山かかるのも嫌ですので耐震性、
同居も可能な間取りを優先的に考えたところ、
少し大きな市街地からは遠い場所を現在検討中です。(地方の県です)

しかし、よく考えると高校からも遠いですし、大きな市街地から遠いと、スーパーや病院はそれなりにあっても、
やっぱり不便だと思いました。
子供の入学前にはと考えていたのにどうしようか、
今検討中の物件は止めておいたほうがいいのか、
比較的安く買えそうなので、
最悪退職後に災害の少ない場所へ移住も可能かもしれない(?)、などなどでぐるぐる迷ってしまいます。

最近は、小学校入学後になり転校になったり、きりのいいところまで送り迎えも仕方ないとも思えてはきました。

皆様でしたら何を優先して、どうしますか?

ちなみに、可能な範囲で安全性の高い場所にするつもりですが、
職場に通える範囲では地震被害率はあまり大きく変わりません。
また、自宅が大丈夫でも、周りが大規模に被災する可能性が高いため、外出時に被災するとリスクが高く、
街が壊滅すると、かなり大変なことになるなと思います。
でも、転職は無理そうです。

質問者からの補足コメント

  • satoshino様

    調べましたら、
    譲渡所得税は、売る時に利益が出た場合に利益分にかかるのですね!
    そして、3000万円までは控除があるようで、おそらく我が家の場合は、その税金はかからないようです‥

      補足日時:2021/09/26 18:00
gooドクター

A 回答 (9件)

①通勤・通学の便。


②生活・買い物の便。
③平坦で広い土地。
地震被害は考えないでよい。日本に安全な場所はありません。
水害は少し考えます。周辺より低くない土地程度でいいです。テレビなどで冠水映像を流していますが、その10m手前は冠水してないというところがほとんどです。冠水していない場所は映像価値がないので映さないだけです。ただし、大きな川の堤防付近は避けます。堤防までは水位が上がるということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントくださりありがとうございます。

生活の便は大事ですよね‥
いま検討している物件はちょっと利便性に欠けるので、
止めておくかまだ迷っています。

迷いすぎですね。。

お礼日時:2021/10/02 04:50

プロファイルに記したような年寄です。


暮らす国が違うので、情報はご参考までとなります。

私は東北の山間の寒村の生まれ育ちで、カミさんも九州と土地は違えどやはり田舎の出です。
大学で首都圏に出て出会い、社会人になって数年してアメリカに渡りました。
アメリカの先端技術を学び、それで暮らしていきたいと思ったからで、時間はかかりましたが、なんとかそれが出来るようになり、それでずっとやってきました。

幸いなことに、コロナ禍よりはるか前からテレワークが出来る世界に居ましたので、それをいいことに、暮らすのにいい場所を探す取り組みをずっとしてきました。
最初は単に生活環境だけを考えていましたが、子どもが生まれると子どもの教育も考えるようになり、年を重ねるにつれ、我々の老後や医療なんかにも考えを馳せるようになってきました。

そんなことで過ごした40年近い生活では、およそほとんどの可能性を試してきました。
ニューヨークなどの大都会から全米一貧しいミシシッピの超々ド田舎まで、バーモントやユタの山国から360度どっちを向いても地平線のカンザスの大平原の真ん中まで、冬は極寒と豪雪の五大湖岸から冬でも半そででいられるメキシコ湾岸まで、乾燥のニューメキシコやテキサスから湿潤なルイジアナまで、年中さわやかな西海岸から四季のはっきりした東海岸まで・・・といった具合です。

これも幸いしたことですが、当地では日本と違い、家の売買は非常に簡単に頻繁に行われています。
日本では一度でも入居すると新築扱いはされなくなり、値段が極端に下がったりしますが、当地では手入れさえしっかりしていれば値は下がらず、造作ない工夫でも価値を高めれば値は上がります。
なので、住み替えでは、捨て金になる賃貸は使わず、いつも持ち家を買い換えてきました。

地域によって家の値段には大きな開きがありますが、セカンドハウスまでは税負担は増えないので、安い地域では2軒持って一方を貸し、高いところに移るときには両方を売却して・・・というワザが使えるのも助かりました。

そんな経験をすると、たとえば立地条件ひとつをとっても自分たちの要件というのが出来てきました。
たとえば、住むのは少なくとも、四季があり、南・西・北に山地がある、半径数十キロの範囲は森に覆われた低くなだらかな丘がちな平野の真ん中、のようにしています。
四季を求めるのは適度に雨が降るからで、干ばつや山火事に合いにくい。
山地を求めるのは冬の寒波、夏秋の台風の影響を軽くしたいからです。
広い森を求めるのは竜巻や突風の害にあわないためで、なだらかで低い丘がちなら土砂災害や水害に会わず、湖沼が出来るので渇水の心配がありません。
そこに、教育、医療、社会福祉、治安、文化レベルなどの経験的な評価ポイントを加えて探し出した町が今暮らす町です。

同じ町の中でさえ、場所にはいろいろ考えました。
住んでみないとわからないことが多く、子供の成長や我々の加齢がそこに要件の変化を必要としました。
結局はこの町に来てさえ、今暮す家は4件目です。
最初の3件は子どもの学区や環境に合わせたものでした。

最初の家は子どもが小学校低学年まで過ごしたところでした。
思いっ切り走ってあそべ、家の中で遊ぶにも散らかしてもいいように、裏庭が広く、リビングがふたつあり、寝室も多い家にしました。

2件目は小学校中学年から中学校いっぱい暮らしました。
子どもが友達と遊べるように半ば集合住宅の性格もある、長屋風のタウンハウスでした。
共有のプールと、アスレチックジムやパーティーホールを備えたクラブハウスを備えているので、大人の世界の訓練にも使えるという所でした。

3件目は子どもが高校の4年間住んだところで、同じ学校に通う仲間の多い地域でした。
当地では高校生活は大学に進学する前にいろいろな活動をする大事な時期です。
仲間がいることは、その助けにも励みにもなるので大事でした。

子どもが大学に入る時、4軒目の今のところに住み替えました。
ここは、もう広い庭は要らない、広い家も要らない、日々私とカミさんが暮らし、子どもの家族が来て困らないだけのスペースがある、という我々に最適化した家です。
庭などの管理は自治会が雇った業者がまとめて行ってくれるところにしました。

たぶんここが住み替え最後かと思います。
この後は老人ホームでしょうから。

これらの住み替えを通し、家の間取りなんて言うのはあまり重要ではないことが判りました。
せいぜい、戸建てか集合住宅か、平屋か複層階か、住宅地の中での位置、ぐらいですかね。

ただ、家の評価はかなり細かく見るようになりました。
価値を下げては大変ですから。

一番は、物件と住宅地は、1年を通して自分の目で確認しました。
普通に天気のいい日は当たり前で、雨や雪の日、その数日後なんて言うのは大事です。
地面に残る水や氷雪、地面から染み出す伏流の地下水などを見るためです。
そして家の内部の観察。
我々は必ず信用のおけそうなプロの検査員を雇い、あらかじめ用意されている検査項目や評価基準を確認しつつ、こちらの要望もそこに加えてもらっています。
少なくともA4の報告書で写真付きで数十ページにはなります。
それをもとに、値段や修理などの交渉を行いますのでこれは大事です。

この町を紹介してませんでした。
どっちの方角の隣り町からも50キロ以上離れてぽつんとある町です。
州立大学の旗艦校(本部校)を中心にした町で、人口は5万ちょっと。
その人口の半分がここの大学の学生と研究者、残りの半分が教職員、と言う文字通りの文教都市です。

歴史的背景の薄いアメリカにあってその大学には由緒があり、日本には知名度がありませんが、世界的に権威のあるイギリスの機関が毎年発行する世界大学ランキング『THE』では日本の東大・京大に比肩する優れたところです。
国から研究専門大学の指定も受けていることで、国や州はその品位維持のために多くのお金を提供してくれています。

なので、学生・研究者・教職員の他、研究を支援する企業や財団の品位を高めるため、田舎とは思えないほど都会的な生活が送れるようになっています。
田舎の自然と都会の文化の両方が手に入り、街に行けばいつも若々しい人たちの活き活きした姿が見られる。
日本の学生のように遊びほうけていたりバイトで生活に苦しんでる姿を見ることなく、勉強や研究に専念している彼らとの生活はとても快適です。

州や市は街の治安や風紀の維持をはじめとし、住み心地に直結する福祉サービスをとても効果的に提供してくれています。
たとえば、早朝から深夜まで、町中を縦横に頻繁に運行するバスは全てタダです。
散歩していてふらっとダウンタウンに行きたくなっても簡単に行くことが出来ます。
大学病院はいわゆるホームドクターの部門で全米一を誇っていますから、年寄りにはとても安心です。

子どもはこの大学の医歯薬バイオ系と、隣町の州立工科大と、別の隣町の私大の医学部の掛け持ちの研究員をしていますが、これらの大学の成果や研究者の力を期待して、町の周辺には医薬界のシリコンバレーと呼ばれる地域が形成され、就職先にも困らなくなってきています。

いろいろお話ししましたが、一言に『住む』といっても、『一度住み始めるともう離れない』という原則を崩せると、こうも変化に富んだことが出来る、ということを言いたかったのですが伝わったでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素敵なご経験を交え、沢山のお話をお聞かせくださり誠にありがとうございます。
日本では住み替えはやや大変にはなりますが(手数料など)、
「1度住みはじめたらもう離れない」という原則を持つ必要はない、ということを改めて感じます。
ただ、住み替えをするとなると最低600万くらいは余分にかかってしまうかと思いますし、
余裕資金がないと少し難しくなるため(手数料などが結構かかり、さらに耐震性のよい建物などを求めるには)、
少し慎重になってしまいます。。

でも、将来的な移住は十分考えられるなと思います。
色々なお話、本当に参考になります。
ありがとうございます!

お礼日時:2021/10/01 18:27

住む処は どこかを犠牲にして選択しないと 踏ん切りが尽きませんな


どの程度で 手を打つか その人の裁量です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントくださりありがとうございます。

本当にそうですね。
何処かを犠牲に選択しないといけませんよね‥

ありがとうございます。

お礼日時:2021/09/26 17:57

>No.3です



田舎で小さな不動産業をしています

マイホームを買うとき「どれくらい融資可能かな?」から
始まるから大きな家になってしまい長期返済になってしまいます
また売る側も売上が欲しい(笑)

これこそ腹8分目的に余裕を持たないと病気や怪我、経済状態で
一気に地獄に向かいます

日本には買い替え特約(古い家を売って新しい家を買う時は譲渡利益に対して課税されない)があります
ですので中古住宅を短いローンで買って
数年後に売って頭金にして住宅を買うとメリットが大きいです

築20年程度以下ですとかなりお得感がありますよ
また売る事を考えて使うと綺麗に使う事を心がけ
見た目が綺麗だと買った価格よりも高く売れることもあります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスくださり誠にありがとうございます。

譲渡取得税がかかるのを忘れていました‥
20%もかかるんでしたね、、

買い替え特約といいますのは、買い替える時に、新しい家を取得する時のローンの際の特約でしょうか?

今検討中の、県内主要市街地から離れている利便性が劣る物件でしたら、
最低限のリフォームに留めるため、ローン無しで購入するようになります。

退職後(主人が65歳くらい)に買い替えとなると、買い替え時にローンが組めないと予想されますが、
ローンが組めない場合、買い替え特約は使えないでしょうか??

お礼日時:2021/09/26 09:06

注文住宅を建てて3年後くらいに、敷地内同居だった姑から追い出され、今の中古を購入しました。


舅からは三日以内に出て行け!と言われたんですが、そんなことができるわけもなく、でもこちらも意地になっていたので、1か月以内にローンを組んで、追い出される原因でもあった引き取ったばかりの継子の中学に越境通学の許可をもらって、今の中古に転居。

娘の送迎が負担じゃない地域の中で売りに出ていた中古物件はココともう一軒しかなく、もう一軒の方が町の中心部なのにいまだにボットントイレだったことでこちらにしたんですけど、翌々年、今の家のすぐ近くで新築数十軒の販売開始。
うちが組んだローンにプラス100万くらいで買えるって知った時はショックでしたよ。
ウチは購入時に既に築10年くらい経っていましたから尚更。

ただ、大手の工務店が展示場として造った家なので、壁紙やクッションマットに統一性が無いこと以外は、ちゃんとした造りなんですよね。
両隣との距離が近くてもお互いに目線が合い難いという部分も気に入っています。

実際に内覧させてもらうとまた違った見方が出来ると思いますよ。
・・・内覧し過ぎて余計に混乱する可能性もありますが、それで家を買うこと自体を一旦断ち切るぞとすっぱり切り離せたらそれはそれでいいのでは?

かくいう私は、亡くした愛犬の次にまたワンコを迎えるかどうかでドツボにハマってます。
対象は違いますが、悩み始めるとホントにキツイですよね・・・誰かにワンコを押し付けられた方がましだとすら思ってます、、(余計なことまですみません)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントくださりありがとうございます。

それは急な決断で相当大変でしたね‥
義理の両親とは特にトラブルになりやすくて大変ですよね‥
急いで家を決めると、情報も少なく、後悔な点も出やすいですよね。。

現在、県内の主要市街地中心から車で下道1時間ほどの場所で、中古物件をおさえてもらっているところで(内覧済)、
キャンセルするかしないかで頭がぐるぐるです‥
地方の県なので、主要市街地は重要なんですよね‥ 
高校も主要市街地内ですし。
でも生活できない事はなく、スーパーや病院など必要最低限は揃っています。
この物件の利点は、
1番は建物が理想ということで、調べた中でかなり耐震性が高いこと、
大地震でも小さい規模の被害で済む確率が高いこと、
近々にも同居の可能性もあるのですが それが可能である間取り、
主要断層から少し離れている(大地震だとこのくらい離れているだけではあまり変わらないとも言われておりますが‥)、
小学校入学前に決められる、
主要市街地からは遠いけれど、周辺環境は悪くない、
などです。

退職後に買い替えをするにしても、
この場所で本当にいいのか、
将来的な買い替えも視野に入れるなら、
もっと利便性のいい場所で、耐震性はすこし落としてもいいのでは?とも。
でも、利便性が上がるとやはり高い物件になってくるので、難しいところです。。

お礼日時:2021/09/26 08:23

マイホーム持つ考えをやめればいいですよ


中古でいいなら間取りも条件が緩い位だし
地震より頭おかしい隣人の方がリスク
買ったら簡単に離れられないし毎日ストレス
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントくださりありがとうございます。

しばらくずっと賃貸も考えました。
しかし、耐震性が高くて、ペット可で、近い将来に同居になりそうなので間取り広い、となると、賃貸も家賃が高くて‥
昔、夫が飼ったペットがいまして、、

でも、本当に近くに意地悪な人が居たり、害がある人が居ると、それはもう大変ですよね‥
中々買い替えることも大変ですしね‥

しかし、家賃で全て出ていってしまうなら、
将来的な買い替え案も、、
とも考えます。。

お礼日時:2021/09/26 07:53

既に買ってしまった者ですが



やはり引退後(子供が巣立って)は違う場所(マンションや、郊外)に
引っ越したいと考えています

家を買うときは子供部屋や客間を考え、できるだけ部屋を作りますが
子供が巣立つと無駄です

欧米では家具付きが多いので自宅を何度も買い換える人が多いと聞きます
少子化や地方の過疎などもありますが
一生涯済むとは考えずに売る時のことを考えて買うのが良いのでは?

将来は2LDKで良いです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントくださりありがとうございます。

子供が巣立つと部屋が無駄と言いますよね。
どうなるか全くわからないですが、
離婚してほしくないですが、万が一娘が離婚した場合は使うことがあるかも、とか、娘家族が来たときに泊まってくれるかも、
なんて考えますが、老後は狭くてもいいかもしれませんね。

確かに、状況に合わせて買い替えることがいいですね。
売るときにもそれなりに費用がかかりますから、買い替えたいときにお金に余裕があるといいな‥と思います。。

お礼日時:2021/09/26 07:47

ハザードマップで道路挟んで約20mくらい表示無し


分譲は工事中に売れる。

ハザードマップで黄色くらい50Cm浸水程度
水路がある分譲地土盛りして対策済み
直ぐに完売しないご時世です。


ある町で虫食いくらい
価格が大幅に下がた地域がある。数年前に赤い部分になった。 
黄色でも最近、ビビリ君が多く買いません。
ご高齢者はマズ買わない。
相場より安くって立地が良くても、リスク説明すると、買わない人が増えてます。

ハザードマップでは問題無し。
裏山があるだけで、買い控えするご時世です。

どこの役場もも水害対策工事はしてるがしばらくは
がおいつかない。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

コメントくださりありがとうございます。

水害も気にしなければならないですよね。
これから異常気象などで豪雨の可能性は高いですもんね‥

地震に水害に、気にするポイントが多くて嫌になりますね、、

お礼日時:2021/09/26 03:24

気分を害すると思うけど、これは「下手の考えや休むに似たり」の典型だよ。


質問者が自分で述べているように「ぐるぐる迷ってしまい」、結局答えは出ずに休んでいるのと同じ。
とことん考え抜いて導き出した結論というのは尊いものだけど、下手の考え~~で出た答えはコイントスやサイコロ振って決めるのと大差ない。

それはさておき。
質問者が多角的にいろいろ考えていることは良いことだと思う。
浅い考えや思い付きでマイホームを買って失敗する人も少なくないからね。
災害や将来のことまで考慮している質問者の考え方は適切。
付け加えるなら、生涯かかる費用など金銭面の計画をフィナンシャルプランナーあたりに相談してみるといいと思う。
どの時期にいくら必要になるのか具体的に分かることで、悩みのいくつかは解消するか軽減するはずだ。
購入の資金計画ではなくて、それも含めた人生の資金計画ができることで、もう”下手の考え”ではなくなるよ。

また、”一生に一度の買い物”という認識も古くなっており、自分や家族の年齢による生活段階(ライフステージ)に応じて、2~3回の買い替えをする計画も有効となっている。
質問者の場合、今現在で比重が大きいのは職場や学校の通勤通学、つまり利便性だと思う。
子どもがまだ就学前なら家は狭くても可能だが、高校生くらいになれば広さも必要になるが、行動範囲も広くなるので駅から遠い物件でもいい。
同居も可能な間取りというのは、まだ先の話だと思うので現時点では却下。
いまは利便性を優先し、10~15年後に買い替えする可能性を視野に入れてゆとりのある購入計画を立てるといい。


他方。
マイホーム、買わなくてもいいんじゃないの?
一昔前と違って、賃貸派も増えてきたのでマイホームを購入する必然性は薄れてきたよね。
”周りが買ってるし~~ ”とか、”いつまでも賃貸は恥ずかしい~~”みたいな考え方は古くなってきている。
災害に対する安全面や世間の目も少し気にして、しっかりした構造で築浅の家賃のやや高い駅近くの賃貸物件に住むというのもアリだろう。

いずれ、”この場所なら買ってもいいな”と思う場所が定まったら、そこで買えそうな物件が出るのを気長に待つという選択肢もあるし。

家族ともよく話し合ってみるといいと思うよ。
ぐっどらっくb
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスくださりありがとうございます。

下手の考え休むに似たり。
まさにその状態に近いかと思います。。

資金計画、確かに漠然と「将来的に買い換えは可能なのか」「どの程度の予算に抑えたら適切か」などを把握するとまた違いますよね。

そうですね、私はあまり世間体やマイホームについての見た目はそれ程気にしておらず、
賃貸でも構いません。

ただ、賃貸で耐震性がよく、ペット可、同居可能なとなったりすると、家賃が、、、
うちはペットがいるんですよね、、、
若い頃に何も考えず飼ったペットです。
同居は、数年以内にかなり高い確率で発生する恐れがありまして。。年老いているので‥
極力断りますが、転がりこんでくるつもりかなとも。

義両親は義実家を将来的に継いで欲しそうなので、あまりゆっくりしていると邪魔されそうだなという思いもありました。
義親にとっては馴染みの町に住みたいということや、自分の好きにできる家に居候させた方が強気になれるからかな、とも思いますが。

おっしゃる通り、やっぱり利便性も大事だなと。
この地は安全!という土地なら多少の不便も受け入れたいですが、
安全性は中途半端、といいますか、かなり確率が高い断層が近くにあり、
更に大規模な大地震になる断層。
嫌になります。

利便性をとなると、耐震性や耐久性は落ち、価格は高くこと、
また断層には近くなったりします。
それに、また探すのか‥という気持ちや、いつ見つかるのか、そんな物件は何年か以内に出てくるのか?、という気持ちが出て参ります。

以前、その時はこれだと思った中古が、すぐに取られてしまったり、
出てすぐに連絡したのに5人待ちなんてことも。
そう考えると、理想に出会ったとしても買えるのかは分からなくなってきますよね、、

お礼日時:2021/09/25 11:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング