【初月無料キャンペーン中】gooドクター

there is no substitute for
~に代わるものはない

Nothing can take the place of this; nothing is as good; nothing is as effective. In keeping with our theme today, you might say, "There is no substitute for kindness and courtesy". Or, "There is no substitute for drive and courage".

上記は、"there is no substitute for"の説明です。
この説明文中の下記表現で、"as good"と"as effective"があるのですが、"as"の後に文や名詞が来るのは、よく見かけるのですが、"as"の後に形容詞が来て、その後に"as"が続かない表現は、親しみがありません。

nothing is as good; nothing is as effective.

つきましては、次の点について御教示願います。

①"as good"と"as effective"の意味と構造(品詞)資料があれば、URLの添付もお願い致します。
②"keep with"は、"keep up with"と同じ意味なのか。

A 回答 (1件)

> nothing is as good; nothing is as effective.



次のように"as this"tが省略されているだけ:
Nothing can take the place of this; nothing is as good (as this); nothing is as effective (as this).

> In keeping with our theme today

 本日のテーマに沿って
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

原級の「as+形容詞/副詞+as」の二番目のasは接続詞で文が来、文全部を表現すると長くなるため、重複部分は省略するということは存じていましたが、
聞き手又は読み手が、理解できる場合は、asを含めて省略できるんですね。

>本日のテーマに沿って
in keeping withでイディオムだったのですね。
ということは、in line withと同じ表現ですよね。

お陰で腑に落ちました。
重ねて感謝いたします。

お礼日時:2021/09/26 02:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング