プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

カーオーディオにはそれなりに力を入れているのですが、ある時ダッシュボードにダッシュマットを敷いた際、音の響きが悪くなった感じがし、敷いたり外したり試しましたがやはりいい影響は無いと判断しました。
その時に、カーペットなどは当然に吸音・防音効果があるのだから、車内の音を吸収する素材(ファブリック)は無いに越したこと無いのでは?と思いつき、後日シートにも全面に合皮カバーを被せたところ効果あり、音が非常にクリアに低音が厚くなりました。
という事はフロアマットとかもラバー系に…と徹底的に排除した方がいいような…と色々考えております。
しかしカーオーディオ関係の記事でも今までそのような話は見たことは無く、デッドニング商品を扱っているメーカーでも、車外からの音の侵入にはナーバスでも、車内での響きについてはノータッチです。
何故でしょうか?ただのプラシーボとは思えないのですが…。

A 回答 (5件)

あなたはいろいろ試した結果、音は吸収させるより反射させた方が良い音に感じたってことですよね。


あなたにとって聞き心地が良いのであればそれで良いと思いますよ。
No.3様の言うデッドorライブとか、
ピュア2chとサラウンドマルチch。人の好みはそれぞれですので。

一般的には、スピーカーからの直接音が本来の音であり、反射音は余計で邪魔ということで、反射より吸収に力を入れます。

吸収の例はレコーディングスタジオや放送ブース。スピーカーで言えば密閉型。宝石で言えば水晶玉。素材そのものの純度に拘ります。

積極的に反射を利用する例は教会や音楽ホール、スピーカーで言えばバスレフ型やバックローデッドホーン型。宝石で言えばダイヤモンドの144面ブリリアンカット。計算されつくされた反射率に拘ります。

どちらが正解なんて決めつける必要も無く好みで良いのですが、
反射音は計算・制御・調整が難しいのです。吸収させる方が簡単なのです。
特に複雑な室内形状、大きいシートが半固定で占領され、かつ複数素材が組み合わされて使用されている車では難易度マックスでしょう。
カスタマイズしようにも機能的制限や法的制限もありますし。

また、走行中よりアイドリングでの停車中、それよりもエンジンオフでの停車中の方が余計なノイズが少なくなるので、結果的に音楽そのものに集中できる事は実感できると思います。
だから静粛性向上に着手する。これも分かりやすく基本事項としてありと思います。
    • good
    • 2

最終的には主観の問題。

例えプラシーボ効果でも、音が良く聴こえるなら拘ればいい

なお音質ではなく音量の話だが、dBドラッグレースでは共振防止用に車にセメントまで流し込んで音量に拘るが、同時にファーなどで内装をデコったりもする。百数十dBだと吸音素材はもう誤差範囲でしかないのかもれないが・・・
    • good
    • 0

車空間は狭く、比較とすればライブ(響きやすい)方向です。


一般的には吸音材を増やす方向でしょう。
もちろん、好みもありますので、デッドよりライブが好きな人は反射しやすい素材にすればそういう方向へ持っていけると思います。
ただ、先の方も書いているように、車の内装を大きくいじるにはそれなりの勇気がいり・・・w
    • good
    • 0
この回答へのお礼

吸音されると何故だかもどかしく感じるのです…。

お礼日時:2021/09/28 21:43

高級車の内装をいじったら、高級じゃなくなるからでは。

    • good
    • 0

プラシーボではないです。


厚手の布は吸音材として働きます。

フロアマット、シートで吸音されること、それ以外の場所に吸音されない、
ダッシュボード、ウインドウでは音を反射するとの前提で設計と音質調整がされています。
純正外のインテリアを用いれば「厳密」には音質の再調整が必要になりますがほとんどの場合は一体ナビに装備されているトーンコントロール、グラフィックイコライザで調整して必要十分な音質にするというのが一般的な思考です。
細部が気になる人はカーオーディオプロショップに大金を積んで好みの音質にしてもらっています。

先にも述べたようにマット類はあるべきところにあって吸音してくれるとの前提です。
あなたのプランでは吸音してくれる物体が無くなるので車室内で音が響き渡る、エコーが掛かったような状態になるので逆に聞きづらくなります。
過ぎたるは及ばざるがごとし、です。
またそこまで行くと快適な運転のためのアイテムが欠落していきます。
車の機能としては本末転倒になりませんか?

ダッシュボードマット撤去、本革調シートカバー施工、ここまでにとどめて以降は一体ナビのトーンコントロール、グラフィックイコライザで音質調整していってください。

エンジン音、外部からの騒音も車室内に入ってくる、
スピーカーの設置場所も理想からは程遠いのでリスニング環境としては最悪です。
車室内はオーディオ部屋にはならないので割り切りが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに20万円近くかけたカーオーディオと、数万円のホームオーディオでは悲しいかな後者の方が音が良かったりしますが、いい音ってだけだと何だか乗らないのですよね…。
不思議ですが。

お礼日時:2021/09/28 21:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング