【初月無料キャンペーン中】gooドクター

仏教における「悟り」は思考によってもたらされるものですか?
釈尊は考えに考えぬいて悟りを啓かれたのですか?

A 回答 (8件)

> 仏教における「悟り」



有名な個人が「悟り」について触れているようなものは、仏教にはないのではないでしょうか。
有名な個人について解説をしている人が、例えば次のようなことを言ったり書いたりしているだけのようです。
平常の生活になんらの作為を加えることなく任運溌無作に生きることが、すなわち悟りの境涯であるとした
衣を著し、飯を喫し、困じ来らば、即ち臥すというような日常の生活そのものが悟りの境地である

悟りの境地を偶文であらわしたという伝説
身は是れ菩提樹 心は明鏡の台の如し
時時に勤めて払拭せよ 塵挨を惹かしむること勿れ
菩提もと樹なし 明鏡また台に非ず
本来無一物 何れの処にか塵埃を惹かん
これでは、悟りが仏教でどういうものかを定義することも出来ないです。

スッタニパータでは、褒め言葉に使っていて、その言葉の表す実態は問題にしていません。
生きとし生ける者の死生をすべて知り、執著なく、幸せな人、覚った人、かれをわたくしは、バラモンと呼ぶ。
牡牛のように雄々しく、気高く、英雄・大仙人・勝利者・欲望のない人・沐浴した者・覚った人(ブッダ)、かれをわたくしは〈バラモン〉と呼ぶ。
かの尊き師、尊き人、覚った人に礼したてまつる。
貴い方よ。あなたに敬礼します。最上の人よ。あなたに敬礼します。神々を含めた全世界のうちで、あなたに比べられる人はおりません。あなたは覚った人です。あなたは師です。あなたは悪魔の征服者です、賢者です。
では真の人・覚りを開いた人であられるコータマさまは、いまどこにおら
れるのですか?
今日われらは美しい〔太陽〕を見、美しく晴れた朝に逢い、気もちよく起き上がった。激流をのり超え、煩悩の汚れのなくなった〈覚った人〉にわれらは見えたからである。

こういうのもあります。
世の中は行為によって成り立ち、人々は行為によって成り立つ。生きとし生ける者は業(行為)に束縛されている。--進み行く車がクビキに結ばれているように。 熱心な修行と清らかな行いと感官の制御と自制と、--これによって〈バラモン〉となる。これが最上のバラモンの境地である。
このように説かれたので、ヴァーセッタ青年と霞ハーラドヴァージャ青年とは師に向って言った、「すばらしいことです。ゴータマブッダさま。すばらしいことです。ゴータマさま。喩えば、倒れた者を起すように、覆われたものを開くように、方角に迷った者に道を示すように、あるいは『眼ある人は色やかたちを見るように』といって暗夜に灯火をかかげるように、ゴータマさまは種々のしかたで理法を明らかにされました。いまわたくしはゴータマさまと真理と修行僧のつどいとに帰依したてまつる。ゴータマさまはわたくしたちを、在俗信者として受けいれてください。わたくしたちは、今日から命の続く限り帰依いたします。

要するに、初期には「悟った・覚った」は、褒め言葉であった、尊者への内包も外延もない褒め言葉で、大乗仏教や密教で修行の程度について合格・不合格という認定用語として「悟り・悟った・まだ悟りではない」と言っているだけで、悟りの実態も合否の判定も不変・普遍のものではなく、その都度自在に相手によって使い分けるものだということです。

事典・日本の仏教・吉川弘文館 には、次の説明があります。
覚り:すべての迷いを超えて真理とその会得に伴う正しい生き方に目覚めた境地をいう。仏のあり方として仏教とその数々の修行法が最終目的としている状態である。この上もなく最も正しい目覚めという意味で無上正覚とも呼ばれている。宗派の教義により「悟り」「理」「智」などの表記もある。

これだと、「もう迷いから超えてしまい、迷わなくなったかのような状態」と思えてしまうかもしれませんが、ゴータマはアーナンダに繰り返し繰り返して、「さとってもなお心が煩わされる」と説明しています。
例:アーナンダよ、修行者は住民の想いを作意せず、森林の想いを作意せずして、ただ一つ、大地の想いによって作意する。大地の想いにおいて、かれの心は勇み、喜び、安定し、解脱する。アーナンダよ、たとえば牛皮を百本の針で伸ばし、しわのないようになめすごとく、それと同様に、アーナンダよ、修行者はこの大地にある高低の道、切株や鰊のあるところ、険阻な山、それらすべてを作意せずして、ただ一つ、大地の想いによって作意する。大地の想いにおいて、かれの心は勇み、喜び、安定し、解脱する。そのとき、かれはこのようにさとる。たとい住民の想いによって、どれほど心の煩わされるものがあろうとも、それらはここに存在しない。たとい森林の想いによって、どれほど心の煩わされるものがあろうとも、それらはここに存在しない。しかもなお、心の煩わされることが存在する。すなわち、ただ一つ、大地の想いによるものである
例:アーナンダよ、修行者は無辺なる虚空の領域の想いを作意せず、無辺なる識の領域の想いを作意せずして、ただ一つ、無所有の領域の想いによって作意する。無所有の領域の想いにおいて、かれの心は勇み、喜び、安定し、解脱する。そのとき、かれはこのようにさとる。たとい無辺なる虚空の領域の想いによって、どれほど心の煩わされるものがあろうとも、それらはここに存在しない。たとい無辺なる識の領域の想いによって、どれほど心の煩わ
されるものがあろうとも、それらはここに存在しない。しかもなお、心の煩わされることが存在する。

そのような用語であるさとりは一定の状態ではなく、「さとってもさとっても心は煩わされる」という悟り・理・覚を指しています。 

> 思考によってもたらされるものですか?

ソクラテスも無知の知のようなことを言っていて、多くの思索家がエンドレスの探求をしたりするのですから、思考によってももたらされることもあるし、どうやったってわかるものじゃないと思考をさっさと断念してしまうさわやかすぎる態度・生活習慣でももたらすことは出来ると思います。 
安易な結論・短絡的態度決定を忌避し、思考を継続するために思考を中止するというメタ思考が使えると、ゴータマのような発想・思考に近似する可能性は高いでしょう。

「仏教における悟りは思考によってもたらされるものですか?」や「釈尊は考えに考えぬいて悟りを啓かれたのですか?」という問いは、ゴータマのような発想・思考からは遠く、さわやかすぎる発想からくる問いのように思います。
    • good
    • 0

釈尊は、何かを悟ったつもりだけで有り、何も、悟っては居ない。



人は、誰も、何も悟れない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは、この世が、矛盾で出来て居るから・・・・

============================

悟りは、自然哲学と、宇宙物理学の融合かたしか得られない。

宇宙物理学では、宇宙時間方程式
自然哲学では、陰陽逆転の法則

この、二つが融合して、この世が、何もかもが、対のせめぎ合いで有り、確定出来ない。極めると逆転する。
つまり、矛盾で出来て居る事が悟れる。

つまり、人は、誰も、何も悟れない事なら、悟れる。
私は、これを、悟った。

==========================


(神様G)は、自分で、自分を産んだのです。

(神様G)の正体とは、(宇宙s)=(時間T)の事です。

宇宙物理学の理論と数式です。

宇宙時間方程式 (T)=(M±)±(E±)
__

↑ 宇宙、神の数式で有り、時間の正体の数式です。



理解出来ても、理解出来なくても、誰かが、否定しても・・・

この数式は、この世の全てを、示しています。

この世は((物質M±)(&エネルギーE±)が、変化進行形の性質にて、互いに、変化、転換を繰り返している。

・・
・・


宇宙物理学と、自然哲学の融合だよ。

宇宙物理学の、宇宙時間方程式と・・・・・

究極の自然哲学で有る、陰陽逆転の法則を、自分で思考しなさい。



~~~~~~~~

この世は、対のせめぎ合い

ゆえに、矛盾で出来て居る。

ゆえに、人は、誰も、何も悟れない。

私は、これを、悟った。

~~~

森羅万象、この世の全ては、極めると逆転する。

これを、陰陽逆転の法則と呼ぶ事にした。

By 逆転地蔵
「悟りは思考から得られるのですか?」の回答画像8
    • good
    • 0

【見性成仏】です。


悟りとは思考では無く、それらを越えたところですね。
    • good
    • 0

悟りが


帰納法的に思考して得られるのであれば
頭の良い人は容易く悟りを得てしまいます

悟りとは究極の法則です
人間の知恵は浅く、思考によって得られるものには限界があります
それを知らず悟ったならば、我見、偏見、邪見の類でしょう
どれ程多くのエセ聖職者が、勘違いし道を間違えた事か

演繹的に少し考えれば、
そこに絶対の「信」が無ければ、勇気ある「行動」がなければ
到底会得する事はできません

すなわち
「信」と「行動」があれば、容易(たやす)く悟ることができる
と言う事にもなります

真に悟った人は、
何があっても、慈悲の行動を一生涯続けます
生命が歓喜しているからです
    • good
    • 0

所詮人間が考える悟りなんてたかが知れている、坊主も同様!神の悟りの方がマシ!

    • good
    • 0

あくまでも自己申告ですから自分自身がそう思えばそうなのだと思います。

    • good
    • 0

悟りの境地とは、



(人は、誰も、何も、悟れない事なら、悟れる。)



それは、この世の全てが、

対のせめぎ合いで有り、矛盾で出来ている事を悟ったから。


ゆえに(人は、誰も、何も悟れない事なら悟れる)・・


これを、悟った。

~~~~~~~~~



これ以外は、人は、誰も、何も、悟れない。

矛盾、矛盾、

対のせめぎ合い、

手探りで、探し続けるしか無い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



確定出来ない・

じっと、していられない。

せめぎ合いだから・・

正しくても、正しくない。

正しくなくても、正しい。

有っても無い。

無くても有る。

馬鹿げた話だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



森羅万象、この世の全ては、極めると逆転する。

これを、陰陽逆転の法則と呼ぶ事にした。

By 逆転地蔵






https://blog.goo.ne.jp/gyakutennzizou/e/af50f6c3 …
「悟りは思考から得られるのですか?」の回答画像2
    • good
    • 0

悟りは<無>の中の有じゃないかな〜。

達磨太子は、<石の上に三年>ですが・・・三年間何を考えたのか??

初めはあれこれ思ったでしょうが、3年も座れば、もう考えることも無くなったでしょうね。

虚無僧(こむそう)大きな傘を着けて尺八を吹く虚無僧も、その最終目的は、
無の境地を味わうことかな〜そこから見つけるものこそが悟りと捉えているのじゃないですか・・・・・・その為に、座禅などで無の世界を味わうのでしょうからね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング