プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

とあるQ&Aサイトで面白い質問を見つけましたのですが、いかがでしょうか?

「新千歳空港について」の質問画像

A 回答 (2件)

道路の融雪で地下水を流したり、電熱線をいれたり、列車の着雪を防ぐのにスプリンクラーで水を撒くところがあります。


あれが出来るのは新潟や北陸のように、雪は降っても氷結はしない気温の地域です。

東北も内陸の東北縦貫道仙台から北の領域のように、北日本の内陸で山脈を越えて強い寒風が吹き荒れて地吹雪となるような地域から北海道方面では氷結するので水を撒くことは出来ません。

そんな事情を知らない地方の方がそういう土地に引っ越してきたとき、雪を解かそうと水を撒く人がいたりしますが、これは絶対禁止の事項です。
厚く凍った氷は春まで溶けることがありません。
表面がたまに陽光で溶けたりすると、かえって滑りやすくなり、歩行者が転んでけがをさせたり、バイクや自転車をころばせたり、自動車をスリップさせたりしてとても危険です。

滑走路でこんなことが起きたら、飛行機は規定以内の距離で止まることが出来なくなったり、ステアリング出来なくなって滑走路を逸脱したりしますから、そこでも絶対禁止です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます。

お礼日時:2021/09/27 10:35

1)新千歳空港は、冬でも、閉鎖されることは、有りません。



 新千歳空港は、強力な除雪車を何台も配備しており、
 余程の豪雪時期でも、短時間の除雪で、運航が可能です。

2)電熱、温水

 冬季の気温は、マイナス20度近くに下降するので、
 電熱とか温水では、飛行場自体が広大な敷地を有するので、
 維持費がもちません。

 また、下手に溶かすと、速攻で、凍結して、スリップします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます。

お礼日時:2021/09/27 09:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング