新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

生命保険の死亡保険について質問です。

素人ながらに調べたところ

全てではないが、一般的に

定期保険
メリット:保険料が安い。終身保険よりも死亡時に降りる保険金額が高い。
デメリット:解約返戻金がない。

終身保険
メリット:解約返戻金が多い
デメリット:保険料が高い

と知りました。

ということは、終身保険で満期まで持ってる人は
損するのではないでしょうか?
はなっから、満期まで持つつもりなら、
定期保険の方が良いと思うのですが、この解釈は間違ってますでしょうか?

終身保険は解約返戻金が魅力であって
1番解約返戻金が高い時に解約するのが前提なのではないでしょうか?

終身保険の満期までもつなら
定期保険で満期までもつ方が、保険料は安いし
降りる保険金額が多い気がしますが、
この解釈あってますでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

終身保険 のメリットは、終身保証(死ぬまで)である事と、


保険料が一生上がらない事。
そして、補償内容が変わらない事。

定期保険のデメリットはその逆で、
一定期間を過ぎると、補償が終了するか、更新が必要である事。
更新時の保険料はかなり増大します。
年齢によりますが、1.5倍から2倍位になると考えてください。
更に、補償内容が劣化します。

ですので、現在の年齢が若く、お子さん(現在いなくても将来に備えて)が
独り立ちするまでとか、40~50歳位までの老後資金を貯めるまでとかに適します。
終身保険は、極端には葬式代が出れば良いとかに適しますが、
定期から終身に切り替える時期(年齢)を誤ると馬鹿高くなります。

バブル崩壊前までは、魅力的な保険が沢山あったのですが、
崩壊後は、保険会社も苦しく(業績が思わしくなく)保険料が高い割には
補償がプアな商品が殆どです。
    • good
    • 0

>終身保険は解約返戻金が魅力であって


>1番解約返戻金が高い時に解約するのが前提
いいえ、終身保険ですから、何歳になっても死ぬまで補償があるのが魅力なんです。
もちろん、終身保険を生命保険としてではなく、解約返戻金目当ての貯蓄代わりに利用するのもありですけどね。
(自分も老後に解約する前提で掛けた終身保険はあります)
でもその場合は、掛け捨ての定期保険ではなく、貯蓄型と比較しないと意味がありませんよね。
    • good
    • 0

定期保険が満期になるまでに死ななかったら


払った保険料は捨てたのと同じです。
これを「損した」と考えるか「元気で良かった」と
受け取るかが問題です。定期か終身かを考えるより
大きな問題です

どっちにしても、保険は安心感を買うのであって、金銭的には
損をします。加入者が損をしなかったら保険会社は利益がなく
経営が成り立ちません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング