「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

論理回路を用いた発振回路について調べているのですが、NANDを用いたものばかりです。NOTを用いた発振回路を知りたいのでよろしくお願いします。

A 回答 (4件)

not回路を含めた回路には、動作遅延時間(動きだすのにかかる時間),信号伝播遅延時間(信号を伝えるのにかかる時間)等の遅れがあります。

この時間を利用して、
not回路を直列に奇数個接続し出力を入力に接続すると
-----------------
I I
I--A---B---C--I
0 1 0 1
A
入力 0    出力 1   (A,B,C はNOT回路)
B
入力 1    出力  0
C
入力 0    出力 1
A
入力 1    出力  0

Aの入力値が 0<-->1 の変化繰り返し、発振を繰り返します
    • good
    • 0

もっとシンプルなの・・・


┌R┐
├>┴


GND

周波数は0.7/CRです。いや~よく考えてから回答せねば・・・
ロジックの自励発信器なんて久しぶりなんで忘れまくり!
    • good
    • 0

ちょいと回路間違いました~!



┌>┬>┬>-
R R C
└─┴─┘
    • good
    • 0

NANDを用いた回路って2個の入力をショートしてませんか?もしそうならそれがNOTですよ。



>このマークがNOTだと思って下さい。
R 抵抗
C コンデンサ


┌>->-R┬>┐
│     C │
└─────┴─┘

周波数なんですが記憶が・・・・0.7CRだったと思うのですが・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発振回路、RC積分回路

周期Tを周波数fとRC積分回路のコンデンサCと抵抗Rで求めたいんですけど公式がわかりません…
教えてください!!

Aベストアンサー

こちらの資料が計算の過程まで書いてあってわかりやすいんじゃないかな.
http://www.tzwrd.co.jp/technology/denshi/hasshin.pdf

Q発振回路の『正弦波』出力について

 とても困っているので質問させていただきます。
 RC発振回路を作成して低周波正弦波を出力させる、というものなのですが、『なぜ正弦波が出力されるのか』が分かりません。

 RC発振回路を載せているいくつかの本やWebサイトに当たった所、発振の振幅条件や発振周波数決定の周波数条件については書かれており理解できたのですが、肝心の『なぜ正弦波出力になるのか』が分かりません。
 例えば回路に電源を入れた際の過渡現象などによるゆらぎが、発振に成長すると思うんですが、そのゆらぎがどう変化して正弦波に整えられるのか、その過程が知りたいのです(参考書などではいきなり正弦波グラフが描かれてたりして、それについて全く解答が無い)。
 なお、実際には当方は、増幅器にはトランジスタを用いた反転増幅器、位相器にはCRハイパスフィルタ3段で180度位相を変える進相型を用いています。

 詳細な式や文献、Webサイト、論文等でも良いですので、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

高調波とフーリエ級数について学習されると、nobuchomさんの疑問はおのずと解けるものと思います。

まず高調波ですが、周波数fの振動(正弦波)に対し、周波数2f、3f、4f・・・の振動(これまた正弦波)を高調波と呼びます。周波数が整数倍でないものは高調波と呼びません。

正弦波以外でも、周期が1/fである振動は全て基本波(周波数fの正弦波)と高調波の重ね合わせで表現できます。
例えばパルス波は
sin(2πft)+1/3・sin(6πft)+1/5・sin(10πft)+・・・+1/(2n+1)・sin((2n+1)πft)・・・
なる無限級数で表されます(フーリエ級数)。
第1項のみ取れば正弦波になります。第2項目以降はすべて高調波です。
世の中の振動・発振には完璧な正弦波というものはなく、パルス波に限らず必ず僅かの高調波を含んでいます。

ymmasayanさんの回答にもありますように移相器あるいは同調回路を通して帰還すると、基本波の成分のみが高調波の成分よりはるかに強く出てきます。仮に発振回路に最初にパルス波を放り込んだところで、高調波成分はすぐに減衰してしまい基本波だけが生き残るのです。

なお基本波しか帰還しなくても増幅回路の非線形性により高調波は自然と出力に現れます。増幅器の非線形性を強めにして故意に高調波を発生させ、それを同調回路でよりわけて取り出す「オーバートーン」という方法もよく使われています。(この場合も、帰還させるのは基本波のみです)

高調波とフーリエ級数について学習されると、nobuchomさんの疑問はおのずと解けるものと思います。

まず高調波ですが、周波数fの振動(正弦波)に対し、周波数2f、3f、4f・・・の振動(これまた正弦波)を高調波と呼びます。周波数が整数倍でないものは高調波と呼びません。

正弦波以外でも、周期が1/fである振動は全て基本波(周波数fの正弦波)と高調波の重ね合わせで表現できます。
例えばパルス波は
sin(2πft)+1/3・sin(6πft)+1/5・sin(10πft)+・・・+1/(2n+1)・sin((2n+1)πft)・・・
なる無限級数で表され...続きを読む

QCR発振の原理

トランジスタのCR発振の原理について説明が出来る方、おおまかでもよろしいのでお願いします。

Aベストアンサー

No.2のymmasayanです。補足です。
移相回路で180度遅らせると書きましたが、参考URLの場合は180度進ませるです。
(移相回路がCRの接続の仕方で2種類あります)
進みでも遅れでも180度で反転ですので結局は同じことなのですが。

Q移相形CR発振回路について教えてください。

移相形CR発振回路についてできれば詳しく教えてください。

Aベストアンサー

以前にこの欄で同様の質問に答えた事があります。
読んで見てください。わかりにくければ補足下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=165460

Qブートストラップ回路について教えてください。

ブートストラップ回路について教えてください。
そもそもブートストラップの定義って何なんでしょうか?
専門書を見ているとモータのドライブ回路の上段にコンデンサとダイオードをつけてドライブ能力を向上させる等の説明が書かれているのですが…
また、初心者でもわかるようなサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

ブートストラップとは、「靴をつかんで自分自身を引き上げる(持ち上げる)」から連想される操作の概念です。語源に関しての記述が下記にあります。コンピュータを対象に書かれていますが、電子回路に関しても同じ意図で用いられています。
http://www.yshimizu.com/itrd/sb2002/itrd-sb03.html
http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/boot/boot.html
http://www.shoeisha.com/book/pc/20c/chap02/gen.htm  囲み記事番号「※10」を参照

さてご質問の「ブートストラップ」の定義ですが、語源そのものが物理的に不条理なこともあり、厳密かつ網羅的には困難に思えます。「自分自身を持ち上げる」、その「自分」が何であるか必ずしも特定できないのです。「ブートストラップ」とは感覚的で漠然としたものではないでしょうか。しかし一方で、具体例をあげる事は容易です。

1.ハイサイドバイアス:
http://www.mitsubishichips.com/Japan/files/manuals/km0020a1.pdf
6ページの用例が貴方があげたものだと思います。ブートストラップ用コンデンサのおかげで上部FETのゲート電圧は電源電圧を越える事が出来るようになります。その結果、FETソース電圧を電源電圧まで上昇させる事が可能となります。

2.ブートストラップ発振器:
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/FI-HB/H03K/H03K4_58_1.gif
ノコギリ波の発生回路です。Rを通してCが充電されます。Sを開くとCの電圧が徐々に上昇し、閉じるとCがリセットされるのでノコギリ波形が得られます。Cfが無い単純回路では、Cの電圧上昇に伴って充電電流が減少してしまうので、直線的なノコギリ斜面が得られません。そこに十分大きなCfでブートストラップ経路を設ければ、Cの電圧上昇に関わらず、R両端電圧は、ほぼCfの電圧に等しく一定に保たれます。すなわち充電が線形に持続し、歪の無いノコギリ波形が生成されるという具合です。

3.アクティブガード:
http://www.orixrentec.co.jp/tmsite/know/know_seald32.html
図4をご覧下さい。図中バッファアンプにより、シールド線外被は、芯線と同じ電圧になるようにブートストラップされます。結果、芯線外被間の電圧は零に保たれ、このシールド線が負荷として繋がれる者からみると、静電容量がキャンセルされている事になります。直流リーク電流の阻止にも効果があります。

4.バイアス回路
http://210.155.219.234/bootS.htm
入力保護ダイオードの容量キャンセル、コレクタ負荷の定電流化、入力ハイインピーダンス化などの説明があります。
http://eu11.stripper.jp/pulcino/blog/archives/000021.html
後段のトランジスタのバイアス部に使用されています。エミッタからの帰還(ブートストラップ)が、バイアス抵抗100kΩ、56kΩによる対GNDシャントインピーダンスをガードし、入力インピーダンスを高めています。

5.OPAMPの非反転増幅
非反転増幅を構成した際の、入力差動増幅部の動作に着目しましょう。負入力端子はアンプの出力に繋がれています。正入力側トランジスタのエミッタが、負入力側トランジスタによるエミッタフォロアによりブートストラップされていると解釈できる事にお気づきでしょうか。入力側のトランジスタのベース、エミッタ間に残る正味の信号が零になるまで、ブートストラップが働く結果、正入力端子信号電圧が出力に写し取られるのだという具合に、負帰還を捉えることもできるのです。

6.OPAMPの高電圧用途
http://www.yokogawa.co.jp/tm/TI/gihou/digital/sokutei.html
図15-6 をご覧下さい。OPAMP出力で電源をブートストラップしてあります。OPAMPの入出力端子と電源端子間は 15 V 以下でありながら、それ以上の信号振幅を扱う事ができます。

7.電源ポンプアップ(TV垂直偏向出力部の回路)
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf2/AFA7000/AFA7000CJ2.pdf
6ページをご覧下さい。偏向コイルのドライブには一時的に高い電圧を必要とします。常に高い電源電圧をドライブアンプに使用すると損失が大きいので、必要な瞬間(帰線期間)だけドライブアンプの電源電圧を上げてやろうという仕掛けです。電源電圧に、3-6 間コンデンサに用意された電圧の下駄を履かせるよう、図中 PUMP UP 回路が動作します。

以上、「ブートストラップ」に関する心当たりを列挙してみました。

ブートストラップとは、「靴をつかんで自分自身を引き上げる(持ち上げる)」から連想される操作の概念です。語源に関しての記述が下記にあります。コンピュータを対象に書かれていますが、電子回路に関しても同じ意図で用いられています。
http://www.yshimizu.com/itrd/sb2002/itrd-sb03.html
http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/boot/boot.html
http://www.shoeisha.com/book/pc/20c/chap02/gen.htm  囲み記事番号「※10」を参照

さてご質問の「ブートストラップ」の定義ですが、語源そのものが物理...続きを読む

Qゲートで遅延が起きる理由

 LSIの設計において,ゲート遅延と配線遅延などを考慮に入れますが,ゲート遅延はなぜ起こるのでしょうか.

 配線遅延については,それだけの長さを信号が伝わるために必要だから,と理解できるのですが,それに加えてゲート遅延を考える必要があるのでしょうか.大まかに言って,ゲートの信号伝播方向の長さ(幅)を測れば,配線遅延と同等に扱えないものなのでしょうか.

 私が何か誤解しているのでしょうか.

Aベストアンサー

ゲート遅延は、ゲートと配線に寄生している容量を、充電するのにかかる時間です。

配線遅延は、信号の波が伝播するのにかかる時間ですが、ゲート遅延は波そのものを起こすのにかかる時間と思えばいいでしょうか。

Qクロック 発振回路

clock(1MHz)を74HCU04,74HC04を用いて製作しました.
その回路単体ではきちんとした矩形波(high 5V,low 0V)が観測できるのですが,それを別の回路に接続するときちんとした波形が観測できません.
具体的には,lowで0Vにならずに,1Vあたりでバタついています.
また,ICが発熱していることも気になります.
電子回路は始めたばかりでよく分からなく行き詰ってしまったので,経験豊富な方,教えてもらえると助かります.

Aベストアンサー

C-MOSは低電力が特徴ですが同時に重い負荷には向きませんのでドライバー又はバッファーが必要です

エミッターフォロワー追加するとか 余りインバーターを並列にするは その為です
負荷が発振回路に影響を与えないようにする事が本来の役目で 負荷変動で周波数変動まで起こしかねないのです

インバーター並列は4000&4500シリーズなら電源電圧が低い分には構いませんが74HCはそのまま並列はいけません
それぞれのインバーターから抵抗100Ω前後を通してから並列にします
こうしますと出力インピーダンスが上がってドライブ能力が下がりますけれど安全です

振幅が少し落ちますけれどエミッターフォロワー追加が簡単でしょう

QLEDが電圧が下がると点滅してしまうのは何故ですか?

LEDが電圧が下がると点滅してしまうのは何故ですか?

Aベストアンサー

状況がよくわからないので断定しませんが、
消費電流が多いLED製品で、電源供給能力が低い場合に起こりえます。

1.回路を閉じ電流を流す
2.LEDが点灯する
3.大電流が流れた結果、電源の供給能力が低く電圧降下によりLED製品の供給電圧が下がる
4.LEDが消灯する

以下2~4の繰返し。人の目に点滅と気付く程度に点滅サイクルが長いのは
電源供給側内部にあるだろう平滑コンデンサによるものだと思います。

電圧が充分高い時は少々の電圧降下が生じても消灯に至らないのでしょう。


人気Q&Aランキング