色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

現在40代前半で将来海外移住をすることを念頭に投資を行っています。現在の資産は下記のとおりです。
海外にて運用:1300万円
預貯金:2400万円
投資(NISA+IDECO+特定口座):330万円
保険解約金:1000万円

遅まきながら今年から資産運用を開始し、こちらでアドバイスをいただいたように、月々50-60万円を全世界株(VT)、米国株(VTI/S&P500)にETF/投資信託を利用して投資に回しています。(5年後くらいをめどに約3000万円を投資に回す予定です。)

今回は保険解約金について質問があります。投資を始めてから、入りすぎていた保険はすべて払い済みにしていましたが、払い済みすら無駄だと最近理解し、解約をしようと思っています。700万円相当の解約になるのですが、その700万円はどれくらいのペースで投資に回せばよいでしょうか?

現在は非常に高値になっており、VT/VTI/S&P500などに回すにしてもいきなり全部つぎこむのは高値掴みになりかねなく、今後の暴落を考えてもリスクを感じます。その場合、例えば5年くらいかけて月々11600円ずつ程度ドルコスト平均法で投入したほうがよいでしょうか?

となると、一気に解約するよりも、4つ払い済みがあるため、1つ解約し、投資に回り終わった段階で次を解約し投資に回すというような作業になるかと思います。このようなやりかたでいいか、ご意見をいただければ幸いです。なお、(すきなようにすれば?投資に答えはないというような答えになっていないご投稿はお控えいただけますと助かります。)

どうぞよろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (1件)

保険は万が一の時の保証ですが、過剰に加入すれば保険会社の儲けを積み上げるだけです。


私個人で言いますと、株をメインに投信(一括買い、積み立て型、ロボアド)、iDeCo、国民年金基金に取り組んでおりまして、毎月の定期預金も別にしております。
保険は終身の医療保険を1つ入っております。
私の場合、株の配当収入が主収入であり、全体の80%ほどを中長期保有しており、20%を利食い目的で短期売買しております。
投信は一括買いが5つですが全部元本割れ、積み立て型はiDeCoを含めて15%ほどの成長をしております。
米株中心にリターン率の高いものに振り分けていますが、まさにドルコスト平均法の応用をしております。
株にも10年以上連続高配当なんてのも多いですし、株は保管コストとなる信託報酬がありませんし、安定配当を受け、リターンを再投資しています。
投信の分配金は減少傾向にあり、ベテランの投資家さんは成長後に売却して買い替えるというケースが多く、時間がかかり資金の固定と信託報酬の積み上げが私にはあまり向かないので、割合としては少しにしています。
ですが、個別の金融商品を配分して取り組まれる姿勢は良いと思います。

確かに投資はこれという正しい方法が無いという人もおられますが、自分に向いた取り組み方はありますので、ストレスが掛かるような取り組み方ではなく、バランスをとった方法が良いと思います。

40代での投資は決して遅くはありません。
気が付いた時が転換点ですので、資金管理とリスクに関して十分な知識を持たれて取り組まれると、将来が明るいですね。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング