プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

サイクリングしていたら止まっている自転車に女子高生がよそ見して、ふらふらとしてぶっかつてきました。相手はケガもなくごめんなさいと元気よく走っていきました。ケガもしていません。こういう場合でも事件ですか

gooドクター

A 回答 (5件)

言葉の定義によりますが、、、


「事案」・・・「現在問題となっている事柄、今後問題が発生しそうな事柄」

「案件」・・・「処理や調査をする必要のある事柄」

「事例」・・・「ある物事に関して、実際に起きた個々の具体的な出来事」

「事件」・・・「犯罪・事故・揉め事など、社会的に問題となっている事柄」
https://eigobu.jp/magazine/jian-anken
であるとするなら、「事案」もしくは「事柄」ということになりそうです。
    • good
    • 0

不注意による事故です


そうゆうのを事件にしたら街中で肩がぶつかって因縁つけるヤクザになります
    • good
    • 0

運命です。

    • good
    • 0

取り敢えずは、事件ではなく「事故」でしょう。



質問の状況で110番通報したら、まず警察官から「事件ですか?事故ですか?」と尋ねられたりします。
その場合、「事故です」と返事するのではないかな?

そこから警察が捜査して、いずれかに悪質な故意とか重過失などがあれば、刑事事件化する可能性もあり得ますが。
そう言うのもがなければ、そのまま事故として処理されます。
あるいは質問のレベルだと、事故処理と言うよりは、警察官の出動記録に記載してお終いかも知れません。

また、刑事事件ではなくとも、被害や損害があれば、民事事件化する可能性はありますが、相互に愛艇に請求すべきものがなければ、民事事件にも該当しません。

従い、少なくとも法律的に「事件」として取り扱われる可能性は、極めて乏しく、せいぜい「ちょっとした事故」とか。
あるいは、双方に怪我なども無ければ、自分でコケて怪我するより軽微な事故ですから、「事故とも言えるかどうか?」くらいじゃないですか?

たとえば「今日、こんな『出来事』があった」みたいな扱いが、最も妥当と思います。
    • good
    • 0

まぁ女子高生が自転車に体をぶつけたという意味では事件かもしれませんが、道交法とか警察が登場するような事件じゃありません。


そもそも車両の方が止まっていたわけですから。
自転車が壊れたら過失による器物損壊で民事上の不法行為にはなったでしょうが。
後は、本来通常止まっていてはいけないところに自転車が止まっていたのなら、そして人がまたがっていたら、通行妨害の可能性は生じましたが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング