最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

岸田さんは あまり関心なし。

言っていることが いちいち

耳障りが 良すぎて 違和感あり。

饒舌だが 実が無い感じ。

活躍してくれなきゃ 困るけどねぇ。

岸田さんの 次は 誰ですか。

もう 岸田さんの次が 誰かと 今から 楽しみです。

gooドクター

A 回答 (5件)

麻生太郎は歴代総理より長く居座った財務の大臣の国政から追い出され党の名誉職ともいえる副総裁に落とされ引退勧告を受けたような感じで急速に影響力をなくしている。


岸田政権が長く持つようなら派閥の存続も危ういかもしれない…
細田派はちかく安倍元総理が会長に就くことがほぼ内定しているので…
会長に正式に就任しているのならば無派閥の高市を推薦するのは筋違いで細田派議員から推薦出馬されるだろう…
そもそも高市早苗は今回の総裁選で安倍元総理の怒りを買っている。
国政から追い出され党役員に落とされたとみてよいだろう。
同じ無派閥の野田聖子が国政にのこり高市が残れないとは怒りが反映されているのではないかと思う。
負けるが想定済みだとしても負け方に酷さが見てとれる。
    • good
    • 0

岸田さんの手腕がまだ判りませんが、よく耳を傾けるは気になりますネ


最初から反対の意思の立憲・共産はある程度聞いたら打ち切る勇気も必要です。寄り添い過ぎる事がいいとは思いません。単なる時間つぶしの相手には。応援はしてますが、何時迄続くかと心配してます。

交代するとしたら、次は高市さんが妥当と思ってます。

自民なら内政は誰がしても同じ、寧ろ外政が自由日本を守り抜く最重要課題と考えています。
国際情勢を冷静に考えれば、親中派・親中疑惑・平和ボケ・言うべき時に言えない総理はお断りです。中国共産党に自由日本が飲み込まれてしまう恐れすらあります。
河野さんは靖国参拝拒否、なのに韓国軍人墓地参拝では呆れました。王毅にも服従的態度では左派としか思われません。石破・小泉の支持で喜んだのは寧ろマイナスです。後々、引きづります。

その点、自主防衛を強調した高市さんは共感が持てます。
    • good
    • 3

んー次が難しいねぇ。



今回はまぁあの4人が出たけど半年前に菅の次は?
と聞かれたらたいていの予想は
岸田、河野、石破の内誰か、だったけど
石破が降りて高市、野田が加わった。

高市は予想外だったよね。
でもかなり善戦した。
安倍さんの力によるものは多いけど議員票が114票。
これは捨てがたい。

今回の政策披露でまぁ野田はどーでもいいような政策。
しかし高市はかなりしっかりした政策だった。
しかも自民党が自民党たる本筋の政策だった。

さて、それを踏まえて予想すると
高市はもう一回出てくるよね。
ただし岸田が今回の菅さんのように自分で降りるか倒れるかした場合に限る。
任期が来ての総裁選ならもう一回岸田が出るだろうから
高市は出ない。なぜなら政調会長だからね。
政調会長は現役総理を支える立場だから出たら裏切り者になってしまう。

そこで浮上するのは茂木だろうなぁ。。。
任期到来での総裁選なら
岸田VS茂木

岸田の辞任での総裁選なら
高市VS茂木になるだろう。

河野はもうない。
あれだけ安倍さんと麻生さんに盾突いたんだから
もう無理。

もちろん石破もない。もう彼の総裁への道は消えた。

安倍さんと岸田の関係は良い。
今回も安倍さんの図面による岸田誕生と言ってもいい。

岸田VS河野だけだったら河野になってしまう公算は大だった。
安倍さんとしては絶対河野だけにはさせたくないので
高市が出ると言ったのが渡りに船。
安倍さんはこれをガッツリ利用して岸田に勝たせたのである。
恐ろしいまでの選挙上手。駆け引きの天才である。
岸田は安倍さんと麻生さんにはもう絶対逆らえない。

話はそれたが
要は安倍さんがキングメーカーとしての実力を見せつけた。

小石河連合の小泉はあろうことかその細田派を批判してしまった。
もうそこで勝てるわけがない。

つまり安倍さんのお眼鏡にかなわないと総裁にはなれないことがわかった。
高市VS茂木なら安倍さんが茂木を支持するわけはないので
高市になる。

岸田現役のまま総裁選なら当然岸田になる。

また、大穴だが岸信夫現防衛大臣という線もある。
彼が出れば高市は引っ込む。
高市は総裁の椅子が欲しいわけではない。
あくまで保守的な日本を作りたいだけなので同じような思想の人なら
誰でもかまわない。
今回も安倍さんに何回も再出馬を願ったが出ないというので
自分が出ただけ。

そして超大穴、万馬券の人がいる。
安倍さんである。
彼がもう一回出れば麻生さんは乗る(生きていればの話だが)
もちろん批判は強くまた多いが
彼の信望者、ファンもまた多い。

茂木vs安倍なら圧倒的に安倍であろう。
安倍に逆らうと議員生命もどうなるかわからんというほど
安倍の力は絶大なものがある。

圧倒的な外交力もまた同じ職場である国会議員は知っている。
自民党議員は誰もが安倍の政治手腕はけた外れだという。
だから8年もやっていた。
もし任期や病気がなければもう一期、12年続いただろう。

まぁ安倍の出馬はよほどのことがない限りないだろうが
0パーセントではない。

「よほどのこと」というのは
例えば台湾海峡の有事になった場合対処できる能力を持った政治家は
安倍さん以外にいない。
もし起きたら間違いなく安倍さんは
現役総理に「お前ちょっと総理を降りろ! 俺がやる!」というだろうし
自民党議員も安倍さんに任せようと思うだろう。
圧倒的な外交力を駆使して対処できるのは安倍さんしかいない
と認めるはず。

平時なら次に一番総理に近いのはキングメーカー安倍の寵愛を受ける
高市であろう。
    • good
    • 0

茂木敏充、下村博文、甘利明のこれからの活躍に注目しましょう。

    • good
    • 0

次は、たぶん安倍首相の再登板がくると思います。


おそらく高市さんとセットで政権をつくるのでは。
女性活躍、とか言って。

今回の岸田さんの人事によって、がっかりした国民が多いので
衆院選では、選挙に弱い若手がだいぶ落選するでしょう。
そうすると、河野さんを推す議員は減りますし、
また何か政治家の不祥事が報道されだすと思います。
古株の年寄りに気をつかってつくった
岸田さんの政権はガタついて短命に終わります。
人心が離れたらおしまい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング