教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

海運株は、もう終了でしょうか、?もう上がっていきませんかね?

gooドクター

A 回答 (3件)

海運株は元々低い部分でレンジ形成しており、コロナショックからの回復期にある今、営業利益が大きく回復し、法人税の負担懸念等も考慮して配当を高く支払うとの意見もあります。


ただ、日本郵船なんかを見ると一時期10%を超える高配当で価格も11300円の高値まで過熱感が高まりそこから徐々に下げています。
日筒の節目としては配当権利落ちということがあります。
価格の上昇が見られるも高配当を実施しており、PER倍率は3倍割れと低くなっています。
おそらくですが、現値付近で上昇下降を繰り返し、徐々に下げてくると思います。
2007年の高値12760円を超えるか或いは、これ迄がトップで下値を試すのかは分かりませんが、中長期目線では下げるでしょうね。
20年移動平均線を見ると4000円付近を中心に再びレンジになると思います。
そのころには株価ベースでの配当の調整(減配)は余儀なくされるでしょうね。
22年3月にの配当500円と予想していますので、しばらくは継続するでしょうね。
    • good
    • 0

海外との物流がある限り、


海運業は必要ですので、
浮上します。
空輸では不可能な物流があるから。
    • good
    • 2

海運は、


浮きます。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング