ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ふと疑問に思った事なんですが,中学校の問題で,硫黄と鉄を加熱して硫化鉄ができる反応ありますよね.熱と光を発するため加熱をやめても反応が持続するということですが,このとき試験管に入れた硫黄と鉄の混合物の下部ではなく上部を加熱する理由は何ですか?
上部は空気と接しているので,酸素の供給があるからですか?明確な理由が分かる方回答よろしくお願いします.

A 回答 (2件)

>>混合物の下部ではなく上部を加熱する理由は何ですか?


>>明確な理由が分かる方
教育熱心な中学の先生しか答えられないかも。
推定なら出来ます。
硫黄の沸点445℃付近なので、もし底部に火がついたら付近にある硫黄が沸騰しその上にある粉末の鉄と硫黄を吹き上げるから。
粉末の混合物なので(スチールウールを使っても同様)中にたくさんの空気を含んでおり、それが膨張するだけでも十分危険。
上に火がつく分には融けた硫黄を通して泡が上がるだけで危険は少ない。

この回答への補足

検索していたら
http://onl.net/~taka1997/education/2003/chemistr …
のところに『斜め45度にし、混合物の上部を加熱するようにすると発熱量が抑えれて安全です。』というのが書いてありました.でも,なぜ上部だと発熱量が抑えられるのかが分かりません.

補足日時:2005/03/10 21:37
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます.その可能性はありそうですね.実際に上部を加熱した場合と下部を加熱した場合の違いを実際に実験した方おられたらどんな状況だったか体験談を教えて頂けますか?

お礼日時:2005/03/10 18:17

鉄と硫黄の反応は発熱反応です。

なので最初一部分を加熱すれば、それ以上加熱しなくても反応していきます。上部を加熱するのは反応が自発的に進んでいくことを視覚的にわかりやすくするためです。

化学反応式は
Fe+S→FeS
なので酸素と関係がありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.視覚的に分かりやすくですか.他に発熱の効率などの観点から科学的な根拠がありそうなのですが.

おっしゃられる通り酸素と関係はなさそうですね.普通ガスコンロとかで見ると火って上に伸びてますよね?そういうことも何か関係しているのでしょうか?

お礼日時:2005/03/10 18:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄と硫黄の混合物の加熱実験について

中学生です。
学校で鉄と硫黄の混合物の加熱し、
できた固体(硫化鉄)を塩酸にに入れる、という実験をしました。
その時発生した気体は硫化水素、ということは解るのですが、
しばらくして、黄色と灰色が混ざったような色の膜が塩酸の上の方に出来ていました。

この膜とは一体何なのでしょうか?
推測でもいいので教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

使用する塩酸の濃度によると思いますが薄い酸の場合には反応によって生じたFe^2+が空気中の酸素で酸化されFe^3+となりそれがFe2O3などの薄い膜となって表れたことによるものでしょう。

Q分子を作る 作らない <中2理科です>

分子を作る作らないの違いとはなんですか?

なにを見ればわかりますか?

ネットで調べて、塩化ナトリウムはNaClなので1:1なので分子を作らないとわかったのですが、酸化鉄はFe2O3なのになぜ分子を作らないのですか?

数字が大きいから関係ないのですか?

大きい数字はなんですか?(普通は右下にある気が・・・)

あと、単体の方の分子を作る作らないの違いとはなんですか?

教えてください

しつもんが多くてすみません・・・。

Aベストアンサー

詳しい理由は高校の化学で習いますが中学レベルで考えるなら

分子を作らないものは「金属や金属の化合物、炭素や硫黄」
分子は作るものはそれ以外ぐらいに考えておけばいいです。

ナトリウムと鉄は金属なので分子を作りません。

数字は原子の数です。酸化鉄Fe2O3は鉄原子2個に酸素原子3個がくっついて出来てると
いう意味です。この辺は高校の化学でやります。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/genshi2.html

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

Q鉄+硫黄→硫化鉄 (試験管に脱脂綿?)

中学2年の理科の質問を子供に受けました。

一応、化学式・化学反応式。燃焼等の説明はでき子供も納得?してくれましたが・・・。

「混合物を加熱する試験管に脱脂綿で口を閉じる」と教科書にあり、その理由がわかりません。
考えられるのは・・
酸素を使用していない。を示すため?
燃焼中に有毒ガスが発生?(あり得ないと思いますが・・)

だれか、教えてください。

Aベストアンサー

多分反応熱で「沸騰」したイオウ顆粒やそれに伴ってはじけ飛ぶ鉄粉による被害を防ぐためでしょう。
適切な実験方法だと思います。

Q中一理科の光合成の実験について

熱したエタノールにつけて脱色したのち、ヨウ素液を加えて反応を調べる実験において、まず「熱湯につける」という手順がありますよね。教科書や多くの参考書ではその理由を「葉をやわらかくするため」とありますが、熱したエタノールに、少し長く入れるだけで充分にエタノールはしみこみ脱色できるように思います。葉をやわらかくするためというだけなら必ずしも必要な手順ではないように思うのですが、どうなんでしょうか。
また、調べていると熱湯につけるのは「デンプンが糖に変わるのを防ぐため」と書いてあるのもありました。その理由のほうが納得しやすいのですが、そんなに早く糖に変わってしまうのなら、葉をとってすぐに熱湯につけなければ意味はないわけで、エタノールに入れる直前の処理としては理由がおかしいように思います。

次に、エタノールにつけた後水洗いする理由について調べていたら「ヨウ素液がデンプンと反応する前に、葉に残ったエタノールに溶けるため」と「すぐに乾いてぱりぱりになるのでエタノールがしみこまないため」のふたつを見つけました。(もっと簡単に「葉をやわらかくするため」とだけ書いてあるものを一番多く見かけましたがこれは後の理由と同じと解釈しています)どちらも正しいように思うのですが、よくわからないので教えてください。

熱したエタノールにつけて脱色したのち、ヨウ素液を加えて反応を調べる実験において、まず「熱湯につける」という手順がありますよね。教科書や多くの参考書ではその理由を「葉をやわらかくするため」とありますが、熱したエタノールに、少し長く入れるだけで充分にエタノールはしみこみ脱色できるように思います。葉をやわらかくするためというだけなら必ずしも必要な手順ではないように思うのですが、どうなんでしょうか。
また、調べていると熱湯につけるのは「デンプンが糖に変わるのを防ぐため」と書いてあ...続きを読む

Aベストアンサー

最初の熱湯には、2つの意味があると考えられます。1つは、細胞を殺してそれ以上の光合成やデンプンから糖への分解が起こらないようにすること。もう一つは、細胞を柔らかくしてエタノールがしみこみやすくすることです。前者の理由を考えれば、光を当てない部分は実験の直前まで光を当てないのが理想です。後者については、エタノールに長時間つけすぎると葉が固くなりボロボロになるので、短時間で効率よく処理できるようにしているわけです。
エタノール脱色後の水洗いは、エタノールに浸って固くなっている葉を柔らかくするためです。実際に実験をするとわかりますが、エタノールに浸った葉はとても固くてピンセットで操作しているうちに割れてしまうこともあります。それを水洗いして軽く水に浸すと、水が吸い込まれて柔らかな状態になります。

Q豆電球の明るさが並列回路の方が明るいのはなぜですか?!?

並列回路と直列回路を比べたとき,並列回路の方が豆電球が明るくなるのはなぜですか?
そのとき豆電球と乾電池は同じものを使いました。
教えて下さい!!回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

豆球を並列にして電源に繋ぎますと、豆球それぞれに電源の電圧がかかりますから豆球1個の時と同じ電流がそれぞれに流れて光ります。豆球を直列にして電源に繋ぎますと、直列の豆球の合成抵抗は豆球1個の時の2倍になります。豆球直列の両端には電源の電圧がそのままかかりますが、豆球1個には電源電圧の半分の電圧しかかかりません。つまり豆球直列の場合には同じ電源に繋いだ豆球1個の場合に比較して流れる電流が半分にしかなりませんのでその分暗くなります。オームの法則で全て理解できる事ですので良く考えて下さい。


人気Q&Aランキング