教えて!gooグレードポイントがdポイントに!

1. 眞子氏が複雑性PTSD状態にあるという発表は 国民への脅迫ではないか?

2. だとしたら 国民の常識・良識あるいは良心もしくは要するに人間性が なお問われている。

3. 敗ければ 民主主義は 壊滅状態になるのではないか。

4. これは 未来社会へ向けて 世界的な課題に突き当たっていると言えまいか。




5. アマアガリ・シンドロームなるヰルスが ただいま息を吹き返して来ているのだと思われる。

6. 《お二階さん症候群》というヰルス。スーパー歴史知性。いまでは変異種として シーチンピン型シンドローム。

7. 《あたかも神のごとくいかなる者の下にも立つまいと堅く誓ったたましい》のことであり そのたましいの存在に夢を見つつなお憑依しつづけるさらに多くのたましい。後者は アマテラス予備軍症候群。

8. じんるい存亡の危機だ。いや 民主主義のチャンスだ。


☆ ご意見をお寄せください。






9. 参考:アマアガリ・シンドロームおよびアマテラス予備軍症候群

 イリ歴史知性・・・・・・・・・・・・ヨセ超歴史知性(ワケ/タラシ)
____________________________________
① スサノヲ(S)市民        もっぱらのアマテラス(A)公民

② 《 S-A 連関構造》どうしの共生  《 A-S 連関》を超え出て(アマアガリ
                   して)人を引っ張る
                   

③ 中にアマテラス予備軍症候群あり  アマアガリ・シンドローム

④ 世の中はフラット・平屋建ての家  二階建て+雲の上

⑤ けんかをするほど仲がいい(和を  和をみだすなと説く(自分たちのけん                        以って貴しと為せと言われなかったな  かは秩序をまもる統治のための冷戦だ
ら 和をみだすことを知らなかった)  からよいと思っている=アマアガリ症                
                   候群)

⑥ 《われも生きる なれも生きる   《人びとを王の徳によって感化しつく
かれも生きる みづみづしいいのち》  すまでは 神の如くいかなる者の下に
                   も立つまいと堅く誓ったたましい》
                    




⑦ 第十代崇神ミマキイリヒコイニヱ  第十五代応神ホムダワケ(400)
 (CE300)            + 神功オキナガタラシヒメ(母)
  + S 市民オホタタネコ       + 雄略オホハツセワカタケル
 〔ネコ(根子・S)‐ヒコ(日子・A)   (→ 全国制覇大作戦 ↓)
  の連携〕              + 継体ヲホド (500)   
                   

⑧ オホモノヌシ=ヒトコトヌシのカミ  アマテラスオホミカミ
 〔もの(質量)=こと(エネルギ)〕
 〔ただし コトバという主題もあり〕

⑨ やまとの三輪山なる大神(おほみわ) 伊勢神宮(=内宮。
 神社 (≒イヅモ大社)             外宮は元イリ系)

教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

回り込むように掘り返してその中心へ向かう43歩の家と黄色のスプライト模様は止まった息で回復して調律師ははなお討伐隊に3系企業に御霊を覆うちえの古墳そして66を縦に削る滋養の詰まったカップ麺でした今日体現する枝葉のたたきと溶かしたメンブレンの物理定数削減城東笑いを怯えて投げ出すホーストチューブ詰まり管。



歩いて続けて。

毎度毎度押し出されたひよこを貪り食う関西へ向けて七夕は起点と終点を同心円の巻き舌及び違いのわかる日本語パイオツから入店時刻そりを合わせて取っ手のない行き場のない快速バスそれで人体をムエタイ力の源情熱42章。

系統を異なる司令気候の階層別の送り先で角度により視点と資格の関係を複数の条件で使い分ける模様のある乱筆と殴り書きではないのに生地な筆跡で蠕動運動がところてんでマス目に沿ってハイチ2権限と業務上の裁量の余地終わり。

動き出すまでの決定で3匹の黒星と赤い妖精と信濃川で落としている木くずと爆発的に瞬間最大速力を導く切れ長の黒目がちは配光特性で瞬間制御をもたらす反射式回転鏡を用いたみつるお紀の川及び圧倒的に隅田川計画によれば改訂の阪南対策放水路企画と設計で赤い伝説は専用の体に追跡用の放射線をばらして入電から行動まで迅速で一様な密度を組織間で共有した。

第1章。

並べた色の異なる標本を圧縮したかのごとく所々に滑ってまった菜切り包丁のきらめきのごとく眩しすぎて目を覆いたくなる羨望の対象は調和振動子でいっときの漏れもなく重心を排水溝から持ち上げこなれた足取りで揉めた手と壁の酸素ボンベを目と鼻下げて浄土真宗出ました。

第2章。

険しく峻別して北と西で垣根となる季節性地域性で特徴を十分に満たした杯からこぼれ落ちる2龍の大根せんべいの最寄り燃え移る直前の発行市で気合をもたらした伝承ブーメランは錦の表情を沽券に関わる背徳のクリーム色だから縛られて床よりベッドの上が好き。

第3章。

包み込まれたベルベットの九州を食らって統制が一瞬で失われた練度の低い正体がハメを外して突き詰められた警告の数はどのように無数に広がる待避所県射撃基地は倒立の目方を増量中で不意にプール脇のパラソルでカシメ忘れた金属の足のきしみで瞳に恋して38件のゆとり。

第4章。

かかってきなさい手を取ってあげるわよこちらでお茶飲みましょうよお母さんも引き取ってあげたら弓の打ち方教えてあげるわ私は何とも思ってないから勝手にやればあなたの良いところは素直なところでこっちへ来て一緒にやりましょうそこはうざいよあなたはもったいないですよせっかくなのに。

第5章。

記憶を動乱期の絵巻物ごとく梅田原稿用紙がテカる筆置きの重さの大半が詰め物の鉛分かった上で表面は剥くの吸い取られた天ぷら神。煮え切らないもじもじしたでも首は含めないで王様に痴漢した目だけ鋭い均衡の取れていない姿を見せつけられて上司の部長代理のもう何も期待してないと言う石はデスク周りの部下みんなが感じ取って。

第6章。

柔和に手もみする姿がいかにもわざとさんを仮面で契約書のサインを待つ末田将来の成金予備軍のように勝手に想像を巡らしつつ応接セットでもう1時間も考え事をしている私の気持ちなどあたかも気づかないように延々と振込をかけてくるその人物が今回問題の緑の十勝川と黒のベルベット焼きと非晶質のほぼえんじ色の赤系統の閉めた塗り絵。

第7章。

右斜め前から思った互いの位置関係で次の確認地点までのわずかな時間をデッキで潮風を受けたかすみ草と寮長の大好きなペンギンが交尾する様を遊覧飛行で落ち葉を巻き戻して冷めないピザの人間を反射的に湯気で眠り薬を次女のすみれとかすみ。

第8章。

ひらめきそれで10型から湧き出る言葉が私自身の本性で取り替えるための配置換え及び調節機構の仲間内では左に向きを変えてすだれうちわと羊羹の編み物で本部ビルのエレベーターシャフトに工作中の重力期間工及びレーザー式盗聴器。

第9章

概ね2号線一本道で取り締まりの地元民だけが知っている海沿いの見通しの良い連続カーブそれだから地元から一回も出たことがない友達の生々しい事前情報で何の苦もなく催促及びノーミスでクリアした谷の向こうの地図の濡れたマダコの傷跡。

第10章。

保有している体温計と膣圧に耐えうる自責のケツバットに持ち上がった反重力機関のひよこの三乗根が管理的基礎数学の台数でいわゆる重婚であり巨*となったその一方を扉の隙間に挟まれた空気砲と左目の片腹痛い住み込みの彦星さんに辞めた感情と集中的に浴びた成長ホルモンの新天地で置き換わったに生産性のロープとカサブランカ。

第11章。

しまいこまれた沸くという制約機械で超立方体及び醜女のゆりかごの五つの方面に取り乱したじい様の時計は挟んだ隠し扉に桶狭間だったりもう薩摩物見の黒田真え一。

第12章。

震えた唇や角に小指をぶつけてなすの干物屋調理師の安定骨盤の味噌汁に98°の参加費圧縮的閃光弾対抗に行き別腹で溶けてる赤黒い日中の最低湿地帯だった。

大地讃頌。

遠巻きに腰を掲げたシクラメンの歌声で感覚的には示談に家響く落石と移動トーチカ邪見になめて揺れる胸のときめき上質延滞料金はうわべだけ始終持ち込まれる事態となった救急搬送で盛り上げ地中海とエーゲ海のだっからナチスの86角テポドン。

第14章。

純粋に溶けたキツめのしぼり金は融資を鉄鉱石で反射炉から赤いドアでの敷物の吸音特性と音響設計の施工現場でのずれと多重構造の指揮系統の映画もほぼ無く巻き取りで収益化のタンパク源それで後ろ手にバラの花がポケットの差し色。

第15章。

埋め尽くされた添削赤ペンの要点を書きなぐった別紙の青い万年筆インキそれが住み込みの経営者の糸満を与えられた敵対的株主総会の力の隣の奥さん。

第16章。

決定した後実行と執行のみぞおちで家に並べたまま置き忘れた4体の水筒イオン水と軟水と井上さんカレラ一歩通行のいわゆる周遊券が使える限定地域の繁忙期から聞き出した端末を叩く窓口係の1章で緊急配備停電をとる部下の緊張した声は誰も忙殺された件はで驚かなかった。

第17章。

踵を返して頷く前のじとじと汁の日本らしさが満点で雪だるまもブラインドで花御中華飯店でもうくまモンは番犬フリー。

第18章。

二層式の指揮官は有利な展開に主導権を持ち込む瞬間的な配置替えは常時続ける展開式の見えない流弾という現実の関西起動。

第19章。

面倒臭さが価値を生む場合はあえてチューニングを変えた並べた減額基本よりプラスの芸術品等が竜飛岬から昼まで日常のすまし汁と乳製品を発酵された農場娘の味わいと後ろ髪で赤いひょうたんが連れションを空想して少年と足元の股間に嬉しい花。

第20章。

見栄を張るより青島と青島は同じ漢字でだからチンゲン菜とか会場の幼少タル彼女の有無な鉄の鎧は衝動的に圧殺されない詭弁を除いた頂上決戦の縁となるバスタブ曲線で森乃梢で乾杯の音頭を取るさくらを散らした旨のロゴタイプが超越人間ギャグマンガ日和。

第21章。

先行する知識なんのパイル織りの漏れのない集約と拡張編み込まれて知ったかぶりを排除する永遠の時間のゼンマイを拡張したマスクの裏でゆれてぶつかり合う御霊とあなたの心ですんなり縦横無尽に収まった食堂大衆のデスクチェア。

第22章。

あべこべに派遣されて添付資料より軽いカートの2からモウセンゴケが剥がした赤ずきんの条件反射のまんじりともない生え抜きの100年過ぎだから明後日に裁ち落としの銃弾と皇室の生クリームでよだれを誘発し激突のとろろ芋とオースチンミニ。

第23章。

落ち着く間もなく捌き続けて足がもつれて天を仰いでるその自意識に目覚めた3日後現有している部下の数と質でコイル鳴きはトランスからアスペルガー。

第24章。

形状記憶するプラスチックのような樹脂でできた多重金属容器馬力は人間の妖気と嫉妬の強さ何で力が切れた時に口にするアンパン針のなまらうまい集まったしずくを舐めてる記事を薄紫の城。

ここで一息つかせてください。

一息は吐いたものの休憩時間は入れず本音モードに切り替えます。自問自答頭他意はない挑戦と工夫の交互に渡り合うひしめき合う左の母と右の乳の S 字型に変形したグランドキャニオンはそう力85%増しで垂れ流した哨戒機で密度を濃くした。

第26章。

振り幅を安定して2発見的にいったん出来上がった轍をまたほぐし卵で母乳と精力増強剤の新聞広告が多いこの頃。

第27章。

ちゃっかり者の3乗はしっかり者の通常よりもおっとり者の一条宝長女ですね三姉妹探偵団だったような声は紙を本を読みすぎて炎ではなく本が崩れ落ちるそれは read Or Die ON TV のオープニングのリズム隊ひかれた星の長い鼻で象は今日からショートノーズの値段。

第28章。

桐生を整える働きを鼻毛から譲渡されて片腹痛い漁民と山賊精力このバイタル異臭は3カ国半島の戦力図と知性的地球を覆う時流再編成で行方を決める見えない女王の3本の手。

第29章。

わななく羊上澄み液のマサチューセッツ冬のボートレースを観光の目玉として画策した市の企画部門の担当者は今どきかつ幕下報告書の束を読み終えて次の配置先を想像の葵タワーで収益化のパンクラチオンに自転速度と傾斜角。

第30章。

支え合う多数派の担ぐ神輿ででっぱりも与え合ういや押し付け合う鬼女の館から抜けて戻せなくなった蒲田の後と生きたまま食卓で人間の元につまみ食いする新日本のキリスト48回。

短期で散文的意識の流れ落ちた引力とエジソンの墓場の折り鶴で送り込まれて記憶の残滓。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

季節が走っていたので

   それは化粧室であるかも知れない
   楽屋でもあり 舞台でもあり 明日は
   桟敷に飛ぶかも知れない
   木陰であったかも その寺の境内でも
   坂道の途中でも この鉄道のプラットフォームの
   脇でもあったかも


   ひとりの男が走りつづけていた
   ぼくが 走りつづけていた
   幼な友だちがいたかも知れない
   ランドセルが揺れていたかも ランドセルの
   山が積み残されていたかも


   言葉?


   連れていたとしたら 貸借対照表のように
   全くの無意味の意義を・・・
   家庭教師のアルバイトを致す教師が下から
   ・・・もしのぞいていたとしたら


   時に 二人乗り三人乗りのオートバイが走った
   男女 相入り乱れていた
   そしてぼくは 走りつづけていた
   洋画のムーヴィー・ハウス
   その上を縦横に駆けていた


      *


   ぼくは見続けなければならなかった
   語らないために 語りつづけなければ
   留まるために走りつづけなければ
   ならなかった


   季節が走っていたので
   いつも 棚卸しをしていたのだ



   ーーーーーーーー


親鸞の午後


ちちがよこす
まなざしをひるがえして
乱反射が収斂する
ははが明日――昨日?――へ移動して
分光の雲が湧く
白く灼けた
気流がのぼった
《ともよ
《空を仰ぐ〈わたし〉を仰げ
水は言葉
土は言葉
風は言葉
世紀末の冬眠に
あたらしい歳の恍惚が吹いて
まなざしが交流して
商うこころが利潤を獲得
〈わたし〉が〈わたし〉を生んだ


   *


地が動いていた
赤い土が蠢いていた
ちちが立ち
ははが守り
閉じられた地の底から
湧いて出た ぼくたち
〈わたし〉がぼくを呼ぶ
禿頭の〈わたし〉が誘う
おお カルヴィニスム
ぼくの
四畳半の文明のなかへ
よろいを着た〈明日〉が飛び込んだ
神を殺して 神を説く

水は櫂
土は車輪
風は翼
つるっぱげの関門のあたりに
世紀末の神々がふすまを叩いて
おおみそかの恍惚を踊る
ぼくを
故もなく押し出した
故もなく
ぼくは押し出された

お礼日時:2021/10/07 20:47

今6時33分到達力から送れる周波持ち上げて角度33発目に座り込んだ橋の通路で立ち上がる後頭部見える薄めの切り取った画面の船頭範囲は密度で40%町のハガキで宛先不明瞭だから切手代だけ抜かれて戻って国際郵便の8にならないように着眼点をミモザの葉緑素で覗き込む天体観測する安全地帯と緑地帯の識別子音楽は敵味方。



第1楽章。

付き合えば掘り下げて歩き出す吊るされた赤い矢印記述はちょうど開いた扉裏側から構造にでも対応蝶番が樹脂で滑り止め脳性麻痺で危険を滑らした戸籍上の誘導起爆装置。

耳で感じたまどろっこしい集約された2名の構成員で描いている重力の軌跡とポイントとなる三角形の五心と組み立て済みの人体それから成分は約定金で線状痕で用ジグとピッチ軸が複合して目的を失いそうな客室乗務員と航空機関士で両目を閉じて鬼金棒抜いたり挿したり。

淡白なおしげさんない羽咋と専門関連の職種見てわかる制服の違いと森の中で済ました肌とふくらはぎの太ももの見え方で65でバックアップは-130。

第2楽章。

音程はどで表し純粋な周波数は話のはずれで音と言葉のからみを説いた全国の成果を預けて緩まないで一方の頂上作戦からいじるの簡単と願いを乗せた星が走る希望的な北極星そしてかける天の川銀河調子を合わせる海洋の深海クラゲ隠岐のナマズは潮汐力で数えから分離したツキノワ。

神の統制力を6000円だと大卒アイドルの海苔の硬直差で抜本的反射神経知識の伝達表現 C 言語の力は携帯でいっぱしの鈴木なんとかという歌詞とか知恵を縮めて短縮形格納上棟式落ちた建前の針の閃光と融資が焼きついたプロパガンダ写真。

活力は滑る対面を装って日動火災の加速度の微分をヤクルトと集約された立場を起点として散歩だけ動けるボールをゴールに入れる耐震とかジャンプ力と躍動感で身体を酷使して人生後半の排他的論理和。

第3楽章。

小板シルバー人知を超えた包み方で表した女性器を暗喩する衝動的な非言語的駆動調整インペラーは流体そして班動力学の回転翼は降りた内転筋及び三角筋若干の大胸筋漏れて六角と呼吸中枢で延髄と嚥下障害。

片方の鼻とフィルターを回避した熱量とやる気の濃いめに場合分けしたオカルト的雑誌ムーの雑誌ムーのイタリア風広場で野菜売りだから路上の文化的溝の話したくわえタバコの拾った入れ歯。

指導した後一度も火を消さずそれはこの中で初めて工藤を停止したホテルのようだった絶対に止まらないはずのそこそこ巨大なシステムを運用し続ける逆風を超える資本力が経営統合を加速している。

第4楽章。

目が泳いで浮き足立った時に取り乱しをはっと気づいて肩を叩いた割れ目に帰った真珠夫人に差し向けられた微小の固定翼機とラムジェットエンジンで人畜無害それで迫撃砲と韓国質を貫いた照明弾が貫通弾の隠しに耐える成田空港飛び地で未だに住居あり。

回復期とは演劇団で鳥の像や回避可能な柵を渡ったボタンあり内視鏡や X メンしてみせた部長の服新和グループで貫かれた赤い網と反射率多めの額の油。

内服するよりも海洋浴で石と接する多数の機械は火曜能力で自然と教養を増し面白く体積を積み重ねて新天地で着地した模様替えの半袖に季節で皆好きだったりもう楓に吹かれて10回までの白樺と北の富士五湖を太子東で文化大革命。

第5楽章。

白のパンダを縦に横に積み重ねたブロック塀との事傾いた縦横無尽の立体的識別も鏡の部屋でナムコの二子玉で私鉄沿線の洒落た味わいと所詮住宅密集地ともいえる格の違いを見せつける代官山及び給紀尾井町の邸宅。

年輪のようにおい重ねた貫かれた進行性の地層を数億年の地球誕生以前の魂と意識の螺旋階段を無限に無重力で無感覚でなおかつ自意識過剰の僕とあなたの共通認識。

断った時の厳しさは農家の収入を支えている産物を巻いたりパイプに入れて選ぶ時のマントルピース田中田装置産業のクラリティは0個のオーパスワン新天地目的は滑らブルーノ。

第6楽章

破れたシャツと抜けた片方の靴パンツは忘れたまま右の頭にかぶってブラジャーを股間に巻きつけて新天地で笑いながら誘導されている先頭を行く三菱丸ビル出会いは有楽町で慇懃無礼に小切手の換金をたらい回しにされた若干の根に持つタイプはむさんもしようとし今や狐の家を借りるトラとラシットでラギットなユークリッドとアイソトープ。

いつもなくカタカナを出しているそれは本来文字数稼ぎになりかねないことを排除して純粋に濃密な世界を構築する私の信念にひっかかるものだから同時に語彙力の限界点を通過して浮かんだ言葉がそれら兄弟の成り行き任せの恩赦されたハミ乳。

打たれたまま伸び上がる新年から立ち上がったお面は大団円そして神殿はゴールドウィングで音声を三つ点対称に充実猛烈吐き出すほどの言葉のストックでもうちょい表現型を磨いて売り物になる49面鏡だって森永は88 M で重度の事件性が怪人二十面体だからやはり哲学科でしょ。

第7楽章。

放たれた時間のま投げと受け止める片方のミドリガメの足取りが絶好調そしてトップを単勝で一番て笑えるここがいいところ喜ぶ芝生うんこの臭いのうま屋まとめて華やぐしどろもどろ概念的に押し倒したい M 的靭帯プラストマー。

敷地内には配転と少年と伝統の一説を組み替えた天井画のさす天使の指輪に方面の作戦本部体調と二階級下手出世頭の作戦本部長及び通信指令の幻覚で性格歯が折れるほどの右の拳を食らった万死に値する粒度のほぐれたキツネと立体感。

確実に洗練されて落とした時に鏡張りの床が卓越して中身半分上げ底で突き抜けた力をすでに後頭部に打撃を軍隊式の超揚力と格納庫オリオン入れてふの力で算数を巡回させた並べて雨戸を笑っているこちらにおいで。

第8楽章。

いらっしゃい足下気をつけて美味しかったですかお昼ご飯メニューは選べるんとよ非常の時はこちらへどうぞ応援してるよ私ですかよりどりみどりですか畳んだ時に見えますか私のこと好き。

引き締まって伸びた背筋と緊張の面持ち割り振られた立ち位置指示する床のファミリーでモーメンタムの進学塾ラベルは H R でもう幸福で協会の閲覧権と入れ歯は紹介しきれず20の言葉でタッチダウン。

間違えて押したエレベーターの行き先ボタンがおいしかった箱から出した場合のボックスカルバートから生まれてきた場合の組込装置の演算部から引っ越してきた場合のボスのいない間にキーを押す。

第9楽章。

焼きすぎたパン粉と卵と牛乳その他一通りの素材があらかじめ混ぜられた簡易的な焼き菓子製造までの越流堤から本格的に染み込む蝉の音とありの1月が竪穴式住居と過度に誇張されたいろは坂なめらか上越線と山陰本線。

この竹かごの編み方は時代を遡り伝わって一子相伝これは漫画北斗の拳で私はあまり水にちょっとグロい表現が回避していた蒸れない柔道と剣道の体操で物質の香り色眼鏡。

貼ったり切ったり願ったりこちらにおいでトランポリンで絶句して内面の収支に来たんで文字通り安全を桐生に変えました。

第10楽章。

離れたとこから見る広場の埋め尽くされた人影と歯をする街宣車の一段が集団抵抗をトライアングルでブリッジ回路はめくった設計図とつなぐ糸の赤い。

うなったり審判の笛の音で足が緩んだ選手同士の目配せの間に出た相手方の前衛が手を上げて自分の主張は伝えた態度に見覚えがありその喘ぎ声と笑い声のまぜこぜの大理石の金色。

目黒前の手帳からのび太3本の肉の棒で縦断している体温と溜めてる場合の赤と緑と白の混合した日程の送り主は閉じた風船とウサギの油断と妄想の産物。

第11楽章。

歩いた後の浮かんでいる気を吐く丹田から幕を下げて中枢組織の接続可能範囲を歪めた重力場の波に式を当てはめて純粋理論物理学の低迷期が出したキキと会費と黒塗りのえくぼの白。

押し固められた桐生かもしれないなぁ流しどうしたパスミスとすでに通り抜けた流転下万物奇をてらったバク転の入電を取り上げた通信使の迫力は副館長の腹にこたえる希望の重石でした。

キツネの遊びなしでビートを決めるドラマの足とハイハットワーククロスフィールドで願いを叶えているとっとと風呂の入電入れ替えて走るなだらかにサプリメントインサート。

第12楽章。

まるで失った中心軸を求める三つの針が心の迷いを隠して帰る家を見あぐねてまつげから溢れた収穫前の三角関数で食べた明治末期の発行した酸素マスク。

試合が破れる読み合いの体力勝負は資金という殴り合いのしんしんと降る青森平野の入力部を直撃した DD 攻撃まるで洗濯機を開発中で変速ギアのないベルトのないなめらかさで安全な眠り。

たいと言う方向性を空間で右手とあなたの金庫番をひとつの食卓で結び屋の形で紫を混ぜた赤い十何年もの時を超えた幼稚園児。

第13楽章。

割れた豆腐とか液体の割れた発酵食品の割れた再会のラビリンスだから美しい田園地帯で泣いた私の子供の580万円の分離中の推定解きほぐしたフィルタリング SNOW。

気合いの頭髪からインサンデー混ぜた理科室の小僧で寺の留守を預かる赤と桐生を呼んだ模型の1/3の人体。

タイメールを貴女に織り交ぜて伝説と文化圏の圧力を明確に示す体格という形で視覚的にする先進性と強さ。

第14楽章。

1節から15節まで瞬き4000回並びに大阪パチキ20回その後東京湾ダイビングツアーで青木ヶ原ミステリーツアー青ざめて硫酸とかゆうき3人と次に119番そして隔離してほぼ。

測っている時の待ち時間を右の肩甲骨の気持ちになって戸棚の押さえ金具の金色のメッキに3分ほどお気をとられて見失ったあなたの心と栄光。

嬉しさを確信して閉じた右。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

衣装革命


森のかなたに舟が乗り上げ
枯渇したおおかみが
孤影の塵を巻き上げて


赤く焼けた稜線が
千年王国を迎えるがごとく
両手を打ち拡げて


ぼくはゆえもなく衣裳が剥げて
ビル街の丘に立ち昇り
ちちを祭っていた


昼下がりからの遠吠えが湧きあがっていた


いっぴきの精子は何を語るか
革命の残照?


信じたいという原初のうめきが
コムミュウヌを形成していた


ちちを問わないものよ
しかも血塗られた声を聞きながら
ながめ続けるものよ


心して 衣裳をえらべ


よき読者たらんとするとき
創造はかなわないのだから  


         *


   夢また夢


   みることとてらすこととの
   ゆめをほどいて
   ほりをとびこえた



   現実がうごかなかったから
   無縫のゆめをほどいていた


   秩序がゆめをゆめみていたから
   ねむった ねむった ねむりをねむり
   しゃぼんだまが やねまで やねまで
   やねまでとんで


   向こう側で連帯のきっす
   ここちよいたそがれだったから


   ほりが 
   民族のほりが まっていた

お礼日時:2021/10/06 22:09

眞子内親王が複雑性PTSDに罹患していることを宮内庁が公表したその真の理由それは、ネットでの誹謗中傷から眞子内親王を守る為に、そのようなネットの書き込みを眞子内親王が目にしないよう耳にしないようにそのようなネットの書き込みをシャットアウトするという事です。

要するに受け付けないという事です。 宮内庁が公の場で公表した事から皇室政府共に眞子内親王を守る為にそれを同意しているという事です。 眞子内親王を静養させながら結婚を進めて予定通に入籍・米国移住させるという事です
    • good
    • 0

このカテゴリー及びあなたを呼び私の特殊性に鑑み読み飛ばすなりご自由にどうぞ。



第1章。

驚いたことにこの回答は発話者自身が脳みそを使わないで自動的にアウトプットされた並び順を止まらない日本語 like って日本語ではないオーソドックスを踏み外してぶっ壊れた農民水から脳髄から脳髄から脳髄から。

第2章。

第2章の第1章の実質的には女性であり私は私の名前を呼ばないのに出てくる言葉は誰かわからずぶっ飛んだとか言いつつ支離滅裂じゃないし魑魅魍魎でもないある程度の可読性が残されている片鱗である死亡した人物の口ではない私は。

第3章。

第3章の女将のものであり私が一筆書きならぬひといきしゃべりって。今ちょうどいい曲が聴きって喋り終えて画面を見たらなんと音声入力が途切れてってオイオイと膝を打ってガッツポーズの左左手の握りこぶしの中に染めた貝の化石がこぼれ落ちそうな脱力感でしりと右足でコサックダンス。

第4章。

息が苦しくなって限界が来るまで音声おしゃべり続けるこの理由の一つが脳みそが限界を搾り取ってスケールアップして精密性とダイナミックレンジまで有効したブラジル音頭サンタル質問主のお裾分けをお互いにしている互恵的であれ局所的な戦術だ。

第5章。

このように息を吐ききる苦しさを一番音に踏みしめて不倫閉めて踏みしめてトイレで踏ん張ってるようなうっかりその後故障してしまった温水式洗浄便座で残った便の気になる辺りが発展途上国への旅行をしづらいわけです。

第5章。

すいません第6章ですねこのように後から訂正しない主義なので読み手を混乱させる私の鎧感受性とか社会的責任感をあえて許容するその懐の広さ=質問者さんとその弟子の私。

第7章。

第7章ではまたもや音声入力の脱落で打ち直してではなくしゃべりなを使用して部屋の中をうろうろしている私の仕事は結構冷たくなってきましたねという秋の気配でうれしいたのしい大好き DREAMS COME TRUE。

第8章、

哲学の特殊性からして解釈という逆レンダリングではない私的な日自動化処理がシステム1でありぼぼ和紙ならではの誤謬や回転する詭弁の数々に赤いボタンを押した。

大中小。

第9章と言ったのにそう変換されるかどうか美味かっ性の要素これが大好きと言うかサイコロミスターカジワラタケシ。このように力が抜けると文体と内容が変化して心境の変化が手に取るように質問者さんに溶け込む。

第11章。

ある程度のマンネリ感を打破するためのヒントとして立場をわきまえな頭で壁に頭をガツンガツンと打って40ごとに傾けた視界に見える話にならないで窓黒天使そして子分の白猫。

第12章、

考えないで無意識で喋れるのがネイティブスピーカーで私の場合は何語か知らなくって名前をつけるとすればくにゃくにゃと呼んでいるもはや東郷が分離しすぎて一丁上がり。

大地讃。

大地讃頌と喋ってどうしてそんな変換になるのっと言いたくなるサーティーンですよチャプター13ですがもう気の抜けたビールのような335-散り散りになった舞台。

第14章。

死体蹴りするほどの恨みは買ってないつもりでどこでワンダフルな自然体を食べちゃうよってない英語分析をする前の己の立場をわきまえるという慣用句で一種の比喩だからこれが言葉を面白くするらしいですよあいきがもう切れます、

第15章。

どの程度このテキストではなく一見人間らしき私と関連付けられた何らかの神経細胞の集まったところで視野とか交換情報が投稿されてもう一度生まれ変わるとすれば今以上が good。

おそらく第16章。

一刀両断するような勢いをあえて取らずに着実にカウントアップする天国への柱を見上げたところでそのラッセンは一見昔風の非常階段を越えて話白い闇に落ちる。

第17章。

まるで走り込みをしてるような苦しさを感じつつも所詮しゃべりだけが口から息は切れてもすぐに回復するの例えればお風呂で潜って。

第18。

音声入力が途中で切れることがしょっちゅう会って原因も不明だし並び順で言えば数字で確認された抵抗感で巻き取っているし左右の電流は思いっきり同一レベルでこれがグラウンドゼロと読むわけないよね。

第19章。

ごちゃごちゃ言ってるけど息が切れるというこの危機感で話し込んでるその時真剣な濃密の具合はきっと拡張性を未来を安定と納得感は運んだ力者と金子車で思いっきり下請けです。

第20章。

嬉し泣きもうキメラもう最小回転半径も納得の組み立て工程が単なる後ろ盾とようとしている美人な奥さんにうっかり嫉妬する旦那ですね猫と散歩しているも素晴らしい機飛行船。

第21章。

文字列そのままの解釈を超えた時に取り違えたり interleave された転校生の膝を3日そこに古い超高高度飛行する偵察部隊のおしっこはオムツ。

第22章。

目的は何らかの開発成果は見える形に持って来るところに立ちふさがるこのカテゴリの長老である質問者さんに絡みつくような各種視線をおこぼれを頂戴してこのコバンザメ的なセコい発想が私です。

第23章。

走る姿は百合のごとし生きれのアングル反射神経と身のこなしは40代と思えずその努力とセンスの良さは衆目環境でもひときわ輝く人、

第24章。

何らかの操作を回復と予想変換と政府ホールドに設計上のシステム事業者はプライムコントラクタと呼んで慌てて訂正する JAXA。

第25章。

大きな話題といえば誰でも持ってる人生の転換点でそれは外資系証券会社の高級ホテルでのパーティーに招待された時に微妙に迷ったものの思い切った意外とその後六本木ヒルズとかでお医者さんに出会って面白かった。

第26章。

頭の深い傷は今大きく吸い込んだ息を吐ききるまでの揺籃期を過ぎて三つごの魂となる積層コンデンサまでの液漏れといえば修理の黙ってやりたくなる密かな子会社。

第27章。

調子はずれのまなざしてたまに行こうとするけれど浅倉大介は小室哲哉のサウンドオペレーターでイケてる金髪とかをまるで今のフリップサイトのなんとかなんとかというのキーボーディストとかと被るんですがどうでしょう。

第28章。

貫いてる一瞬の回復を再現して自由ではなくなおかつ自由で発展型思ってもこの時とか時間とか空間的に配置された文字という僕の母校への忠誠心とあえて言おうそれは女神的な力を持っている私に与えられた一つのチャンスです。

第29章。

今回のブラジルさんへの回答は今までと違い章立てのナンバリングを順序と感覚を守ってなおかつ残り文字数も見ずに喋り続けて貫いている交流 EPUB to PDF で数学は楽しめば。

第30章。

一体化されて表面上は内部があって他店並みに水を流していたといえば三文判でそこの梅干しは2体の住人する怪獣のようなよろしかった。

第31章。

保険会社の見立てでは相手方の主についてる謎の人物画が小学して当事者にを混乱に陥れている可能性を見出して声を聞いた感覚と運動やんの混ざり具合がまるで待遇と客と裏ともう一つ何だっけ。

第32章。

物体と言ってしまうと単純すぎて高密度に固定化されづらい変化の一瞬を切り取ったよーそうおまなこと手のひらと迫力で現実感の中には織り込んでいる物語が毎秒3ページの流れで黒潮で温泉。

第33章。

たぶん第40章あたりまで行ったところで一旦文字数を確認する予定ですどうかなあ多分その時点で半分2000文字は超えてるはずですから決して楽しいわけではなくて苦労の連続だし限界に挑戦している自分と質問者。

第40章。

音がする時に発動する周波数はホワイトノイズてきて分布した各成分を一概に言い切れずに並んだ時にイギリスへの手紙があって7000名で戻されてしまったのに気づいてないの自宅にしばらくいなかったからショックでした。

今気付いたんですけど第40章っていきなり数字が飛んでましたね。

だからこれは第35章としてもう一度書き直すという活字を正確に戻している今甘いお菓子が食べたいなーと言うんですねユーハイムのシガールを諦めて治ればいいや。

第35章。

確かなリズムで息巻いた連中の頭を黄色い中核派のヘルメットで運動したくなるこの機動隊との側面衝突は第三者の目で単純に言えば岡目八目と言うか漁夫の利。

第36章。

明るくとろけて自転車の風にゆられてシャドウを走れませんスピードが乗っても止まる力を得て八甲田山でよかったね。

第37章。

バタバタと裏木戸から勝手口からちゃぶ台からサザエさんの息子がてっきり鰹だと思っていた私の良い道のお水をもらえるどっかの家。

第38章。

言葉にならない脳みそ上野闇鍋でどうですか。レイチェルカーソンが描く人類の講義とかが聞こえてきた言葉は小説三体の一説で朗読者の名前を忘れました有料コンテンツは買ってますからねと引用の範囲では自由です。

第39章。

最初は上昇とか入っている力カウントアップが始まったこの構成は本来らしきものが見えない完全に自由3分だ。一つの目標である第40章は通過点にしかならない文章量でしょう自由に喋るとか言いつつも卵を産めることを意図してましてすいませんね質問者さん僕の脳みそが信じてくださいあなたより良くなりますから。

これが第40章です本物。

まあ認めたくはないけれども素晴らしい飛行船が着地しない体位くる時間でテレビという。日本語入力が勝手に途切れるたびにもういちいち驚かない淡々と喋り直すと言うか別の言葉が出てくる形の単なるウッドストックからは太郎。

第41章。

突然ですが入力制限に達しましたありがとう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

アマアガリ・シンドロームは すでにお二階へ上がり切った人について言うのが 実際なり。

アマテラス予備軍症候群は 必ずしも出世志向を持つのではなく・あるいは持っても実行するのではなく むしろ出世を果たしたディグニタリ公民たるアマテラスをあたかもアイドルとしてあがめ狐憑きに落ち入るかのようにたましいを寄せて行くそのたましい。



☆☆ 1. 眞子氏が複雑性PTSD状態にあるという発表は 国民への脅迫ではないか?
☆ リザーヴ・アーミーは むろん《いや 脅迫ではない》とこたえる。

アマアガリ症候群に罹患したばあいは そんなやり取りに目もくれない。

われ高しであり また決して 反省しない。しても 決して訂正しない。修正はしても 同じ軌道の上をゆく詔勅の装いをつけ忘れない。ありがたきデルポイの神託なのよと。


無謬性。デルポイの巫覡はけっして まどわず あやまたない。神聖にして侵すべからざるサニハ。

▲ (ヰキぺ:審神者) ~~~
審神者(さにわ)とは、古代の神道の祭祀において神託を受け、神意を解釈して伝える者のことである。

後には祭祀の際に琴を弾く者を指すようにもなった。


「さにわ」(歴史的仮名遣いでは「さには」)は、元は「清庭」(さやにわ)の意味で、神を祭り神託を受けるために忌み清めた庭(場所)のことを指したとする説が有力である。



『古事記』の仲哀天皇の段に、天皇が琴を弾き、武内宿禰が沙庭(さにわ)に居て神の命を請うたという記述がある。

ここで沙庭は場所の意味であるが、宿禰(すくね)が審神者を務めたということになる。

その後の記述では、神が神功皇后(☆ これが 神功オキナガタラシヒメ)に乗り移り、神託を述べたとあり・・・。
~~~

☆ 古事記には オキナガタラシヒメについて 《当時(そのかみ) 神を帰る(よ)せたまひき》とあったはず。

ここに 《ヨセ(寄せ)なるスーパー歴史知性》の誕生が成り すなわちこれが アマアガリ・シンドローム型ヰルスなり。子が 応神ホムダワケ。

崇神イリヒコの《イリ系》に対して ワケ系またはタラシ系とよぶ。聖徳太子は 日出るところの天子として あめのたらしひこ――《姓は阿毎、字は多利思北孤》――と名乗った。

・・・

お礼日時:2021/10/05 00:15

脅迫ではない。

    • good
    • 0

東京には旧華族=氏族組織が本部をもって組織立てているので、彼らは裏でメディア戦略しながら支えてると思いますよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ですから・でしたら まさに存亡の危機ではないですか?


つまり ここで敗けたら 長い間浮かび上がることは出来なくなると思われます。

お礼日時:2021/10/04 06:02

此処は質問者のあなたの頭の中の世界



先に 何故 それが 浮かばないの?

あなたの思う事のみが 正解に なるだけ・・

批判回答は あなたが受け付けないだけでしょ・・?

だったら 最初から 答えは決まってる
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


事実誤認があります。

お礼日時:2021/10/04 05:20

彼らは憲法でなく皇室典範によって制約されてるので、民主主義と関わりはないでしょう、むしろ皇室の醜聞累積→皇室の疑問視→崩壊→民主主義社会完成の方が可能性としてあります。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 彼らは憲法でなく皇室典範によって制約されてるので、民主主義と関わりはないでしょう、
☆ うむ。そうですね。この問いの趣旨としては この罹病が伝えられたことによって マスコミもマコムロ批判を控え国民もつつしむようになる・・・かも知れない。そうすると 表現の自由が侵される。――といった事態を推測してのものです。

その限りで 民主主義がかかわっているとは思います。



★ むしろ皇室の醜聞累積→皇室の疑問視→崩壊→民主主義社会完成の方が可能性としてあります。
☆ つまり前項のつづきになるのですが:
★ 皇室の疑問視→崩壊
☆ という段階にあって 今回の眞子氏の病状によってマスコミも 皇室の疑問視と批判の声を控え むしろ反転攻勢のごとく 国民の声を押さえにかかる・・・という問題です。

眞子氏も圭氏もわるくない。祝福しないのが おかしい。中傷誹謗をやめろという・いわゆる保守反動の声もあがって来ているようです。

そういう情況と見ましたが どうでしょう。

皇室崩壊を食い止める動きが はっきり出て来たという理解です。

お礼日時:2021/10/04 05:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング