今週中までの生化学の宿題でいろいろ調べたのですが、以下の答がわからないためどなたかアドバイスをお願いします。
1.電子伝達系について
(1)シトクロムcでは,どのような色素にあるどの原子が酸化還元に関係するか.
(2)シトクロムcはどのような色をしているか.掲載されているスペクトルから考
えよ.


2. FoF1 ATP 合成酵素について
(1)生体においてATP1分子はどれだけのエネルギーを蓄えていると考えられるか.
(2)この酵素は細胞のどこに存在するか.
(3)この酵素は何のエネルギーを利用してATPを合成するか.
(4)この酵素はどのようなサブユニットからなるか.

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Mijunさんお久しぶりです。

あんまりヒントあげないほうがよいのかな?
内容よりも調べること自体が大事な気もしますので。

どちらもネットでいっぱいかかるようなものだと思うのですが・・・。

2.2-4は

http://www.jst.go.jp/pr/announce/19991126/index2 …

でわかります。後は勉強してね。
有名な酵素ですよ。
2-1はいわゆる高エネルギーリン酸結合のことでいいのかな?
測定法によりいくつかの答えが出るはず。
少なくとも2つはある。

1はMiJunさんのおっしゃる通りいたるところに答えが。
1-2に関しては吸収スペクトルと色の関係を考えたらわかるはず。
よくある、はっぱがなぜ緑色か?というものと同じ。
    • good
    • 0

少しキツイコメントですが、


>今週中までの生化学の宿題でいろいろ調べたのですが、

本当にしらべたのでしょうか???
特に1に関してはいろいろ情報(ネット・成書等)あると思いますが・・・?????

補足お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QATP合成酵素???

F0F1ATP合成酵素はどんな機能をもっているんですか?

あと、遺伝子の発現における真核生物と原核生物の違いについてもわかれば教えてください

お願いします

Aベストアンサー

こんにちは。
F0F1ATPaseはプロトンの濃度勾配を利用してADPをリン酸化し、ATPを合成します。
真核生物と原核生物の違いは核があるかないかです。真核生物は核内で転写し、核外で翻訳します。原核生物は両方細胞質内です。

レポートでしょうか?がんばってくださいね。教科書も読んだ方がいいと思いますよ。

QATP合成酵素について

真核生物のATP合成酵素はミトコンドリアの内部にあると本に書いてありました。細胞質にはATP合成酵素はないのでしょうか?細胞質において解糖系によりATPが合成されますよね?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 細胞質にはATP合成酵素はないのでしょうか?
> 細胞質において解糖系によりATPが合成されますよね?

 反応の結果ATPが合成されるからと言って,その酵素が「ATP合成酵素」とは限りません。

 「ATP合成酵素」とは『呼吸鎖複合体によって形成されたプロトン電気化学的ポテンシャルを用いてアデノシン三リン酸 (ATP) の合成を行う酵素』に付けられた名前です。

 ・http://ja.wikipedia.org/wiki/ATP%E5%90%88%E6%88%90%E9%85%B5%E7%B4%A0

 解糖系でATPが生じる反応を行っている酵素は「ホスホグリセリン酸キナーゼ」と「ピルビン酸キナーゼ」という名前であり,「ATP合成酵素」という名前ではありません。

 つまり,細胞質に反応結果でATPを作る酵素(「ホスホグリセリン酸キナーゼ」や「ピルビン酸キナーゼ」)は存在しますが,「ATP合成酵素」という名前の酵素は存在しないという事です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ATP%E5%90%88%E6%88%90%E9%85%B5%E7%B4%A0

> 細胞質にはATP合成酵素はないのでしょうか?
> 細胞質において解糖系によりATPが合成されますよね?

 反応の結果ATPが合成されるからと言って,その酵素が「ATP合成酵素」とは限りません。

 「ATP合成酵素」とは『呼吸鎖複合体によって形成されたプロトン電気化学的ポテンシャルを用いてアデノシン三リン酸 (ATP) の合成を行う酵素』に付けられた名前です。

 ・http://ja.wikipedia.org/wiki/ATP%E5%90%88%E6%88%90%E9%85%B5%E7%B4%A0

 解糖系でATPが生じる反応を行っている酵素は「ホス...続きを読む

QATPは生物におけるエネルギー通貨と例えられますがおかしい所があるみた

ATPは生物におけるエネルギー通貨と例えられますがおかしい所があるみたいなんですがどこがどういう理由でおかしいのでしょうか?
また他に適切な例はないのでしょうか?
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

以下の書籍を参考にしてください
ニック・レーン(斉藤隆央),ミトコンドリアが進化を決めたPOWER,SEX,SUICIDE Mitochondria and the Meaning of Life;みすず書房,2007.

Q酸化的リン酸化において、3分子のATPを合成するために必要なH+の数について

酸化的リン酸化について理解できないことがあります。同じ本の中で、「複合体I,III,IVで合計10個のH+が複合体の隙間を通ってマトリクスから膜間スペースへ運ばれる。そして、3個のH+が複合体Vをマトリックス側に移動する時,浸透圧的エネルギーが化学的エネルギーに変換され,ADPとリン酸から1分子のATPが合成される。」とあり、後半には「ATP合成酵素が10個のプロトンの移動で一回転すると,これに連結されているF1のg鎖が回転し3分子のATPがつくられることになる」とありました。ATP3分子を生成するためにH+は9個か10個いくつ必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

3個のプロトンで1個のATPが作られる。と思います。

ATP合成酵素が10個のプロトンの移動
と、
F1のg鎖が一回転すると3分子のATPがつくられることになる

は別々のことと考えていいと思います。

実際、マトリックス内にリン酸を輸送する際にプロトンが必要だし他にも別のところでプロトンが使われますよ。

参考URL:http://hobab.fc2web.com/sub2-respiratory-chain.htm

QATP合成について

ATPの合成について質問があります。
動物がATPを合成する経路として、クエン酸回路や電子伝達系等がありますが、いずれもADPとリン酸からATPを合成していますよね?

例えばクエン酸回路の反応経路はミトコンドリアのマトリクスにありますが、ATP合成の原料となるADPとリン酸はどのようにして確保しているのでしょうか?

(1)ミトコンドリア外部でATPが消費された結果出来たADPやリン酸が、何らかの方法でミトコンドリア内部に運ばれる
(2)ADPとリン酸を高エネルギーリン酸結合でつなげる際、ミトコンドリア内部でATPが消費され、その結果出来たADPとリン酸を使い回している
(3)上の二つを兼用している

候補としては上の三つしか思い付きません。

ご存知の方がおられましたら、なるべくわかりやすい言葉で、ご教授お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

ご心配の通り、何らかの機構がないとATPがマトリクスに溜まる一方で、
細胞質への供給もおぼつきませんし、原材料のADPやリン酸も減る一方です。

実際にはトランスポーターと呼ばれるタンパクによってこれらの物質輸送が行われています。
ATPを排出する時にADPを取り込むものや、H+と一緒にリン酸を取り込むものがちゃんとあります。
http://133.100.212.50/~bc1/Biochem/oxidphos.htm#proton_transport

なお、この反応にATPは必要ありません(ATPなどのエネルギーが必要な場合はポンプと呼ばれます)。

ということで、(1)が正解です。
(2)ではありません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報