gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

初心者が本を書く場合、 新聞社で自費出版(やってくれます。そういうホームページあります)かコンテストで賞を取り,出版させてもらう どっちが良いですか?

A 回答 (7件)

> 新聞社で自費出版の場合も、自分で売らないといけなくなりますか?



そのURL内には、以下のように書かれていますね。

----------------------------------------------------------
広告・書店流通
お客様の本を愛媛新聞で告知できます。いずれも、別途経費が必要です。

広告掲載
愛媛新聞紙面に掲載できます。掲載日はご指定できません。

委託販売
愛媛県内主要書店に本が並びます。

自費出版を制作いただいたお客様のご希望があれば、本を預かり、書店での販売を代行いたします。愛媛県内主要書店に本を並べ販売。注文があれば、全国の書店にも発送いたします。

事前の原稿審査を通過した作品に限ります。
制作部数が200部以上とします。
委託販売期間は一年間とします。
----------------------------------------------------------

つまり、「制作費用とは別に金を出してくれれば、販売代行もしますよ。ただし、どんな本でもOKじゃなく、審査はありますからね」ってことですね。
なので、すみません、私の前回答の書き方は良く無かったですね。
正しくは、金を払えば販売までやってくれる場合もある。でも、自費出版自体は誰でもどんな内容でも可能だけど、販売に関しては、断られる場合もある。ってことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2021/10/05 10:59

> 新聞社で自費出版してくれる所があります。



はい、ありますよ。
でも、新聞社が責任を持って販売してくれる、という意味ではないですよ。
新聞社の「自費出版情報」的なところに書籍名くらいは載せてもらえますが、その程度です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新聞社で自費出版の場合も、自分で売らないといけなくなりますか?https://www.ehime-np.co.jp/enpsc/book/publicatio …

※↑これ載せるの躊躇いましたが、住所までは特定されないと思うので。

お礼日時:2021/10/05 10:42

貴方が何を目的としているのかに寄るでしょう。


作家としてデビューを目指すなら、コンテストへ応募するのが一番です。
「小説家になろう」などのネットの無料投稿サイトでも、閲覧数が多くて、出版社の目にとまればデビューを持ちかけられることがありますが(実際、そういうところ出身の作家さんはいます)、確率としては低すぎます。
ああいうところは、あくまでも、「書くことを楽しむ」「読んでもらうことを楽しむ」「たまに感想を貰えることを楽しむ」ための趣味サイトと思わないといけません。
ですので、作家になりたいなら、コンテストです。
でも、当たり前の話ですが、コンテストで賞を取れる保証は無いですよね。
賞によっては何万もの応募がある中から選ぶのですから、実力が無ければどうしようもありません。
別に作家になりたいわけじゃない、「本」というものを作ってみたかった、友人知人親戚に配ってみたかった、という自己満足な遊びがしたいだけなら、自費出版が良いです。お金と原稿さえあれば、必ず作れます。
ただし、全量を貴方自身が買い取りで、貴方自身が誰かに配ったり売ったりしなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新聞社で自費出版してくれる所があります。

お礼日時:2021/10/05 10:28

自費出版は当然に全額自腹です。

新書版程度でも100万近くいきます。
できた本は全て自身で引き取ります。自宅に山積みになるだけ。書店なぞへは1冊も出ません。国会図書館のみ、寄贈として1冊だけ入ります。
コンテストが良いに決まってます。賞が取れるなら、ですが。
目指せ芥川賞w
    • good
    • 0

文章教室に通うと出版社の公募に応募すると、例え外れても貴方の文は素晴らしいとおだてて、自費を進めて200万ほどで本を作らせるんですよ。

そこまで、後は自分で手売り。本屋には並びません。頼み込んでも自己中のよくある自分史なんか売れません。だからコンテストで出版社から出すのが一番。
「初心者が本を書く場合、 新聞社で自費出版」の回答画像3
    • good
    • 1

最近は選択肢がもう少しあります



○ネット上で公開する。
お金にはなりませんが多くの人に読んでもらえます
小説なら、「小説家になろう」、「カクヨム」など数多くのサイトがあります。サイト上でコンテストがありますので、面白い作品なら書籍化のチャンスがあります

○ネット上で電子書籍を販売する
「KDP」や「パブー」などのサイトがあります。それぞれ長所と欠点があります
KDPは初心者には手続きが難しい反面、利用する人が多いので多くの人の目に触れるチャンスがあります。もちろん買ってもらえるかどうかは作品の面白さ次第です
https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/

パブーは完全に日本のサイトなので初心者でも利用しやすいと思います。でも、知名度が低くて利用者が少ないのが欠点
https://puboo.jp/

他にも探すといくつものサイトが見つかりますよ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返信ありがとうございます
Twitterやブログでも、自分の文章公表しています。一度SNSに載せたものは,小説家になろうなどのサイトにはもう載せられませんか?

お礼日時:2021/10/05 07:55

後者。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング