初めて外国から品物を購入します。

「一覧後○○払い」にするときは、L/Cの発行をするということでしょうか。
また、それは具体的にどうやって手続きをとるのでしょうか。一般の銀行窓口で
できるのでしょうか。

Prepaymentすれば、L/Cは不要という事でいいのでしょうか。船積書類を売り手
より受け取ってからの支払は、Prepaymentの一種となるのでしょうか。


取引先とEメールでやりとしています。Prepaymentした控えを先方に通知したり、
先方からの船積書類やINVOICEなどは、いまの時代でもFAXや紙ベースで対処する
ものなのでしょうか。

初歩的なことですみません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あなたの取引の具体的な内容(輸出国・商品・金額など)が分かりませんので、結論としては、あなたの取引銀行にご相談なさるしかないでしょう。



とは言え、せっかくのご質問ですから、あなたが誤解されている点などを指摘しておきます。

まず、「一覧後○○払い」とは、支払い期日をいつに設定するかということであって、必ずしもL/C発行とは限りません。

あなたの決済方法(支払い方法)としては、次の3つがあります。
1.前払いPrepayment
2.信用状発行 L/C
3.(相手からの)取立て Collection

その上で、信用状L/Cと取立てCollectionでの支払い期日の設定方法として、次の2つがあります。
1.一覧払い At sight
2.ユーザンス usance(「一覧後○○日払い」とか「船積み後○○日払い」など)

これでお分かりのようにPrepaymentとL/Cとは全く別の決済方法です。

PrepaymentにするかL/Cにするかは、輸入するあなたと輸出する相手との(信頼)関係によります。

船積書類をあなたが受け取ってしまえば、それはPrepaymentとは言いません。
あなたが支払いをする前に、船積書類を受け取れるような状況(相手との関係)なのですか?(つまり、輸出する相手は、あなたからの商品代金送金について全く不安を持っていないのですか?)

船積書類のうち船荷証券(Bill of Lading, B/L)は有価証券ですから、現物を航空便で郵送するしかありません。これがなければ、こちらで(船会社から)荷物を受け取れません。

それに、Prepaymentの控えを相手にファックスで送っても、相手の銀行口座に代金が入金されていなければ、何の意味もありません。ですから、控えのファックスだけを見て、相手が船荷証券をあなたに送ってくることはありません。

以上が、一応の回答ですが、あなたのご質問を拝見する限り、輸入取引についてはほとんどご存知ないようですし、私もあなたの状況がはっきり分かりませんので、とにかくあなたの取引銀行(外国為替を取り扱っている支店)へ行かれて、くわしくご相談ください。

なお、信用状L/Cの発行(L/Cを発行するのは、あなたではなく銀行です。)は、銀行からあなたへの与信行為(よしんこうい:お金を貸すのと同じ行為)です。従って、銀行はあなたへの与信枠(よしんわく:お金をいくらまで貸せるかという枠)を設定する必要があります。

あなたと銀行との取引状況によっては、L/C金額の全額をあらかじめ銀行へ担保として差し入れるよう求められるかも知れません。こんなことも含めて、あなたの取引銀行とご相談ください。
    • good
    • 0

個人輸入ではなく商売用の継続した取引と理解してポイントのみ下記します。



1.見積もり書
商品の最低受注数量、単価、支払い条件、発送方法、梱包の種類、重量、才数(容量)などが記載されていると思います。
2.支払い条件
通常,新規取引先へは前払い(銀行小切手)かL/Cが要求されます。L/Cは基本手数料があるので一定金額以上でなければ割高になります。前払いはしたが商品が着かないというトラブルを避けるためのシステムがL/Cです。L/Cなら銀行が発送書類をチェックの上支払うので買い手は安心です。信用できる相手なら前払いでもいいでしょう。(前払いのディスカウトを要求することも出来ます)
3.L/C開設
取引銀行が外国為替を扱う(資格のある)銀行なら先ず相談することです。
支店などで経験者がいない場合は本店などで相談すれば手続き一切を説明してくれるでしょう。初めての場合はL/C金額見合いのデポジットか保証を要求されるでしょう。資金負担面では前払いが安いかもしれません。
4.輸入通関に必要な書類
銀行でL/Cに記載する(取引先に要求する)書類を教えてくれると思います。通常は
送り状(インボイス) x枚、梱包明細x枚と書きます。商品の種類によっては品質証明書、鑑定書、などが加わります。
銀行経由の送付ではおそくなるので、これらのコピをファックスやメール添付で送信してもらうとよいでしょう。しかし、コピーでは通関は出来ません(通関のための書類の準備は出来ます)

注意点
1.商品の輸入規制はないか、許可は不要か
2.通関業務は代行業者に任せるのか、自分で行うのか
3.商売として継続輸入を行うのであれば、銀行などに専門家(業者)を紹介してもらい貿易業務(輸入業務)全般の研修をされたほうが良いでしょう。(将来クレーム発生も予想されます。商品違い、品質違い、未着(欠品)、保険問題など)
誰がリスクを負うかにより見積もり(価格)もFOB,C&F,CIFに分かれます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三国間貿易書類(invoice・b/l)の指示について

どなたか教えてください。私の会社B社はA社(建値:exworks/決済:T/T)から買い、C社(建値:CIF/決済:D/P)で売る事になりました。
ex worksで買うB社は、以前から取引のある現地forwaderに、工場から貨物を引き取ってもらう所から手配してもらう事になってるのですが、そもそも、輸出通関書類(INVOICE・PACKING LIST)はA社が作るものなのでしょうか??B/Lの詳細の指示はB社でしてよいのでしょうか?
と言いますのも、switch b/lより簡単にC社へA社の名前を出したくなくSHIPPER欄にB社の名前を入れようかと思ってるのですが、それをFowarderに依頼するべきなのかA社に依頼すべきなのかわからなく、どなたか教えていただけませんでしょうか。

またA-B社間の契約とB-C社の契約の商品名(例.ゼブラボールペンとボールペンしまうま)が違うのですが、日本で書類を作り替える時、商品名を変更しても問題ありませんか?もし問題がありC社にあわせないといけなくなるとしたら、輸出の通関の時点からA社に変更してもらわないといけないのでしょうか、それともforwaderに変えてもらうよう依頼しないといけないのでしょうか?

すみませんあともうひとつお願いします。統計番号というのでしょうか。これはどの国も同じなのでしょうか?

幼稚な質問ですみませんが、よろしくお願いします。

どなたか教えてください。私の会社B社はA社(建値:exworks/決済:T/T)から買い、C社(建値:CIF/決済:D/P)で売る事になりました。
ex worksで買うB社は、以前から取引のある現地forwaderに、工場から貨物を引き取ってもらう所から手配してもらう事になってるのですが、そもそも、輸出通関書類(INVOICE・PACKING LIST)はA社が作るものなのでしょうか??B/Lの詳細の指示はB社でしてよいのでしょうか?
と言いますのも、switch b/lより簡単にC社へA社の名前を出したくなくSHIPPER欄にB社の名前を入れようかと...続きを読む

Aベストアンサー

No.1の補足拝見しました。

1)ご心配なら、A社作成InvoiceにB社のカウンターサインをされるかB社の空白InvoiceにA社Invoiceを添付すれば如何でしょうか。

B社の機密事項をわざわざA社に知らせる必要があるとは思われません。

独占出来る独自の品物以外の商売では売り先の情報は商社の命です。  余談です。  因みに私はひょんなことから他社の不注意な情報漏洩のお陰で何度か「棚の牡丹餅」ならぬ、労せずして商売が転がり込んだ経験をしました。

2)根拠の無い話に惑わされないで下さい。  白を黒と言わなければ輸入申告品目名と輸出申告のそれが違っていても何ら問題はありません。

Q船積書類(B/L・海上運賃)について教えてください。

輸出関係の仕事をしているものです。至急教えてください。宜しくお願い致します!

B/Lで、買い先に海上運賃を知られたくない場合は「Freight as arranged」と記載する、とよく聞くのですが、既にインボイスには海上運賃(Ocean Freight)が記載されているのから輸入者には分かってしまうのではないですか?
なぜ、あえてB/Lにだけ記載しないのでしょうか。
また、輸出先(国)によっては、As arrangedができないと聞いたのですが、それは本当ですか?

それと、海上運賃でタリフレート、ネットレートというのは何を意味していますか????

Aベストアンサー

>最終の船積書類にはActualのFREIGHTを記載しています。
>それは、輸入国側から指示されてそうしています

なるほどそういうやりかたですか。
そういう意味では、質問者さんの言われるとおり、B/L freight欄の表示が、-as arranged-としても、あまり意味がないかもしれません。

しかし、actual freightで buyer invoice作成という決まりでも、タイプミスをすることもあるでしょうし、B/Lは -as arranged-が無難といえます。

見積時のfreightのままで済めば一番楽なのでしょうが、確か国・顧客によってそのような要求がありえるでしょう。

しかし全ての顧客がそうとは限らないこと知っておいたほうがいいと思います。別の顧客と新ビジネススタートするときのことを考えて。面倒な方法を自分たちから提案することはないですし、またfreightが見積よりも少し安くあがれば儲けになるわけですし。

タリフというのは同盟(船社間)で同意している運賃レートで、いわば定価で、net rateというのは実際に船社に支払うレート。

>最終の船積書類にはActualのFREIGHTを記載しています。
>それは、輸入国側から指示されてそうしています

なるほどそういうやりかたですか。
そういう意味では、質問者さんの言われるとおり、B/L freight欄の表示が、-as arranged-としても、あまり意味がないかもしれません。

しかし、actual freightで buyer invoice作成という決まりでも、タイプミスをすることもあるでしょうし、B/Lは -as arranged-が無難といえます。

見積時のfreightのままで済めば一番楽なのでしょうが、確か国・顧客に...続きを読む

QOn Board B/L と Received B/Lについて

具体的にどうちがうのでしょうか? またB/L上でこの2つの種類の違いが判別可能なのですか?

Aベストアンサー

On Board B/L=Shipped B/Lは、実際に貨物が船積み(Shipped)されてから発行されるのに対し、
Received B/Lは、コンテナヤードなどで運送人に引き渡した(Recieved)際に発行されます。

ただし通常、信用状による取引の場合、Shipped B/Lが要求されますので、引き渡しただけでは不十分で、"On Board Notation"(船積証明追記)をB/L上に追加することで、Shipped B/Lとすることとされます。
Recieved B/Lで、船積追記がないものは、貨物が船に積まれた証拠にはならないので信用度が低く、一般的に手形の買取を拒否される場合がほとんどです。



Shipped on board B/L: これに対するB/LとしてReceived B/Lがある。昔在来船の場合はB/Lの最初の出だしは "Shipped on board the vessel, the goods in apparent good order and condition......." で始まるshipped B/Lが殆どであったが最近はコンテナーが多いので "Received by the carrier from the shipper in apparent good order and condition ......." の如くの文言で始まるReceived B/Lが多くなっている。即ち、船会社は船積み前でもコンテナーヤードで貨物を受け取った段階でB/Lを発行する。信用状でshipped on board B/Lが要求されていたらB/L面に実際に船積みされた事とその日付を証明するサインが無くてはならない。これをOn board notationというが、Received B/LでもこれがあればShipped on board B/Lになる。また、B/LのフォームはCombined Transport B/L(複合運送船荷証券) のものが使われる場合もあるがこれもOn board notationがあればShipped B/Lとなる。厳密にはB/Lの裏面約款をチェックしておくことが望ましい。

参考URL:http://www.jetro.go.jp/jpn/regulations/export_04/04A-011232;
http://www.fureai.or.jp/~kkb/impmanual.htm#blading

On Board B/L=Shipped B/Lは、実際に貨物が船積み(Shipped)されてから発行されるのに対し、
Received B/Lは、コンテナヤードなどで運送人に引き渡した(Recieved)際に発行されます。

ただし通常、信用状による取引の場合、Shipped B/Lが要求されますので、引き渡しただけでは不十分で、"On Board Notation"(船積証明追記)をB/L上に追加することで、Shipped B/Lとすることとされます。
Recieved B/Lで、船積追記がないものは、貨物が船に積まれた証拠にはならないので信用度が低く、一般的に手形の買取を拒...続きを読む

Q貿易実務<スクラップ輸出 船積書類について>

貿易実務初心者です。
周りに疑問をぶつける人がいなく、こちらに質問させていただきます。

スクラップの輸出で、L/C決済です。
そのL/Cには、『船積重量の0.5%を埃として差し引く』と書かれていますので、L/C買取時、0.5%を差し引いて回収します。

輸出地で通関時に必要になる船積書類(INVOICE、PACKING LIST、SHIPPING INSTRUCTION)の重量は、実際に船積された100%の重量を記載し、INVOIVEの金額(AMOUNT)は、重量100%に対する金額を表示してもいいんでしょうか?0.5%を差し引いた金額が表示されるように作成しないといけないんでしょうか?

質問の意味、わかっていただけましたでしょうか?
うまく、説明できなくて、すみません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

インボイスの下部で合計を締めてからその「埃」の分0.5%を差引いて、回収金額を最後に書けば良いでしょう。

例えば、次のように
(XXXには適切な言葉を入れて下さい。)
(-----------)は私がタブの使い方を知らないので空白を埋めるためのものです。 無視して下さい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -
Total: 100 tons Yen 1,000,000.-
Less xxx allowance 0.5%: 5,000.-
-------------------------------
(----------------) Yen 995,000.-

買い取りのために銀行に持ち込むInvoiceはL/Cをよく読んでL/Cの指図通りにすることが必要です。

Q自分で商売する上で双方に控えが必要な書類は何種類あるか?又、書類の名前があると非常に助かります。

自分で商売する上で双方に控えが必要な書類は何種類あるか?又、書類の名前があると非常に助かります。

Aベストアンサー

最小限度の種類では、回答No.2にあるように、見積書、注文書または発注書(立場を変えれば注文受け書)、請求書、領収書ですね。もうちょっと加えれば、仕様書、契約書、納品書(立場を変えれば受領書)もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報