gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

仮想通貨、株をやるにあたって「待つ」ということはすごく大切ですか?

gooドクター

A 回答 (4件)

株と仮想通貨を同様に考えることはタブーです。



株式投資は中央市場が存在し、例えば東京証券取引所のような市場で、ここでは株式の厳正な取引が行われ、売買が成立すると投資家の保有する株式は保管振替機構で安全保管されます。
取引そのものは証券会社を介して取り組みますが、投資家の資金はMRFや信託銀行等で資金管理され、株式は保管振替機構で保全されます。
また、金融商品取引法という法律で監視されており、制限値幅やサーキットブレーカーにより大幅な下落時等に投資家の損失の拡大を防ぐ策も設定されています。
一方で仮想通貨は、市場というものが無く、投資家同士で通貨の交換をしているにすぎず、言い換えれば仲介者に手数料を払う形でインターネットオークションで仮想通貨を売買しているだけです。
従って、万が一、運営する仲介業者が倒産すると資産は保全されません。
株式投資の場合、仲介業者である証券会社と市場の重複したセキュリティにより安心できますが、仮想通貨の場合仲介業者のみのセキュリティとなります。
前にも言いましたが、金融投資商品である株は分離課税対象であり、暗号資産である仮想通貨は雑所得で総合課税であるので、税種目も異なり、これを同じと考える矛盾があります。

いずれにしても相場ですから、待つというより経験値が重要でしょうね。

株の格言に「買いは家まで、売りは命まで」なんてありますから・・。
    • good
    • 3

「待つ」=冷静に判断する。

という意味もあります。

・普通のリーマンならモニターの前で缶詰は不可能です。
仕事終わって帰宅して損切をできるご自身の範囲を超えていた場合、塩漬け、中長期に変えてインカムゲインを狙うなど判断が必要となります。

・また、岸田さんがやっちゃいましたので、焦って手放したり、焦って買い増したりはどうでしょ??タイミングが悪すぎます。


底値で買って高値で売れれば一番良いのですがw
NO1さま、NO2さまが実情です。
    • good
    • 3

大事なことではあるけれど、待つのは比較的簡単なので、


さっさと損切りすることの方が難しく、そちらの方が大事と言われます。
    • good
    • 3

仮想通貨はともかく、株の格言に「休むも相場」というのがあります。


 
https://www.daiwa.jp/glossary/YST3346.html#:~:te …
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング