最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪


https://youtu.be/IsAFfN10yig


こうした動画を見るとどういう見解・心情になりますか?

gooドクター

A 回答 (2件)

箇所というか、例えば毒に対する感受性は人や生き物によっても大分異なるので、



Aさんには全く問題のない添加物だったとしても、Bさんには微量でも健康面に悪影響を及ぼすなど、マチマチです。

また、食べてはいけない、や、食べると危険というのも少々オーバーな感じもします。食べ続けると危険なのは事実ですが、好きだから時々食べる、というのは全く問題ないですし、我慢するのは良くないこともあるからです。
ケースバイケースだと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

加工食品全般、原材料をみてください
【ph調整剤】という表記、目立ちませんか?

複数の添加物の総称になり、その会社のさじ加減で何十種類種類はいってるのかわからない状態です。リン酸塩という成分はかならずはいっているといわれていて、このリン酸塩は ※腎臓の石灰化を促すと論文がでています。

かなり意識しないと時々のつもりでも『毎日摂取状態』が日本の現状ですね。
(キャットフードにもph調整剤がつかわれているものがあり、腎臓がとくに弱い猫の餌にというのは信じられないことです。)


https://ameblo.jp/eva-omega/entry-11504253512.html
※>>
腎臓の石灰化を発症

リン過剰摂取の影響を研究

短期大学部栄養学科 准教授 松崎 広志

食品添加物で大量摂取


リンは多くの食品に含まれていることから、日常の摂取量は調理による損失を考慮しても不足することはないが、食品添加物に用いられる各種リン酸塩の摂取が問題になる。リンの過剰摂取が生体に及ぼす影響については、ヒトや動物を用いた実験で、カルシウム吸収や血中カルシウム濃度の低下、副甲状腺機能の亢進、骨吸収の増加や骨密度の低下などが観察されており、主にカルシウム利用や骨代謝に影響することがよく知られている。しかし、リン過剰摂取の腎臓に対する影響はあまり知られていない。


腎臓にカルシウム沈着

飼料中リン濃度を正常濃度の5倍量の1.5%に調整した高リン食をラットに投与し、リン過剰摂取の腎臓への影響を観察したところ、腎臓中カルシウム、リン濃度が増加した。また、カルシウムを特異的に染色するコッサ染色を施し、光学顕微鏡によって観察すると多量のカルシウム沈着が認められた。この結果から、リン過剰摂取は腎臓にカルシウム沈着すなわち石灰化を引き起こすことが示された。

リン酸塩の種別で違う影響

加工食品には食品添加物として様々な種類のリン酸塩が添加されており、我々は自覚なしで様々な種類のリン酸塩を摂取しているものと考えられる。このことから、リン酸塩の摂取量の問題とあわせ摂取するリン酸塩の種類の違いによる影響についても考慮する必要があると考えられる。

お礼日時:2021/12/19 14:03

添加物について悪印象を持ったり、今食べているものが心配になったりするでしょうね。



スキップして見ましたが、内容は把握しました。全てが事実という訳でもなく、明確な研究結果も少ないので、信憑性は微妙です。

20分も見る人は、現れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます

事実ではない箇所はどこなのでしょうか?

お礼日時:2021/10/11 18:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング