色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

自分は喋るのが下手です。
頭の回転が悪いと言いますか…
思ったことをパッと言えなくて、何か話しかける前にもよし、これを話そうと自分の中で少し組み立ててから話します。相槌も下手で、パッと言葉を返せません。
あーとかそうなんですねぇとかで終わらせてしまい会話が弾みません。
また語彙力がなく言いたいことがあってもその言葉が出てこない…どもる…噛む…
とにかくコミュニケーション下手です。
頭の回転が早くてぱぱっと言葉が出てくる人ってすごいなと思います。
何か改善策はないでしょうか?

gooドクター

A 回答 (4件)

会話に慣れる に尽きると思う。



コミュ力診断テストというのがあった。
やってみると良い。
https://micane.jp/psychology-communication

話すことは 本当は重要でないのかもしれない。
大切なことは本来 言葉では伝えられまい。

あくまで補助 あるいは打ち合わせ 段取り。
必要な所をあてがい 重要な点を保持する。
漠然と「上手に話す」より そういった目的意識を持つほうが 上手くいくかも。
    • good
    • 0

>頭の回転が早くてぱぱっと言葉が出てくる人ってすごいなと思います。


その人とあなたの違いは、一つ一つの事柄に自分なりの考え方を持つこと。
なんの考えも無ければ、反論すら出来ず曖昧に解ったような顔をしてうなずくのが精一杯となる。

>何か改善策はないでしょうか?
それは色々あるさ。
自分なりの話術を身につける事と、情報、知識、一つ一つ自分なりの考えを持つ。
    • good
    • 0

それは、頭の良し悪しとは別の「思考の運動神経」の話だと思います。

お笑いの人がアドリブで面白いことを言いますね?
あれが運動神経で、本質的な頭の良し悪しとはまた別です。
ノーベル賞級の学者さんでも、パパッと臨機応変な即応ができる人とできない人がいて、熟考タイプの人は頭が良くてもアドリブは出てきません。

それはそれで個人の個性、味なんだと思います。

あなたの場合、即妙な会話をしようというのは諦めて、人前で何か話さないといけないときは熟考する、すなわちたっぷり時間をかけて話すことを考えたほうがいいと思います。

即妙な会話はスピード感があって面白いですが、そこまで深くない話ですから残りません。

あなたはそれができないなら深い話をすればいいのです。

また、とっさに回答を求められたら「私はそういうのは苦手で口下手でごめんなさい」と素直に謝るのがその場の雰囲気を壊さない方法だと思いますよ。
    • good
    • 1

誰にでも得意不得意はありますので、


そのしゃべるのが不得意というはあまり気にしないが方がいいかと思います。
しかし、勿論、できるならば改善したほうがいいでしょうし、
せっかくそのように感じているならば
少しでも改善できるようにしたほうがいいですよね。
その挑戦は大切です☆

で、わたしがやるなら、
職場でトレーニングするのではなく、
まずは身近なひととしゃべるといいかと思います。
知人、友達、家族でもいいです。
そこで、くだらないことでもいいでしょうし、
ニュースなどをネタにしゃべるといいじゃないでしょうかね。
とにかく、しゃべるということじゃないでしょうか。
そして、そこで、おっしゃる改善点がでると思いますが、
数をこなせばある程度はよくなるじゃないかと思いますよ。
まずは身近なひとと沢山はなしてみてはどうでしょうか。

参考にしてください☆
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング