【初月無料キャンペーン中】gooドクター

先月 旦那のお兄さんが亡くなりました
旦那が仕事を辞めて就職活動している最中に突然お兄さんが亡くなってしまい精神的に不安定になっている状態で声が聞こえたりするみたいで仕事に就いても支障が出てしまうかもしれません

心のケアを優先に休ませてあげるほうがいいとは思いますが貯金は10万弱しかなくて家賃やローンの支払いや水光熱費の支払いもあって私は派遣で働いてますが私だけの収入では厳しいです

こうなった場合はどうすれば良いですか?
無理に仕事仕事とプレッシャーを掛けるのも良くないので
親にいくらか借りてでもして休ませてあげるべきですか?

経験ある方コメント頂けると幸いです…。

質問者からの補足コメント

  • 皆様の回答を読ませて頂きました 本当は一人一人にお礼をしなければならないのですがここに書かせて頂きます こんなに沢山回答を頂いて嬉しいです 本当にありがとうございました 旦那はお兄さんと離れて暮らして居ましたが仲は良かったのでダメージは大きい方です 数年前から肝臓を悪くしてしまい透析をしていた為いつ亡くなってしまってもおかしくない状態だったので覚悟はしていたそうですが今でも受け入れられないと言っています 一応派遣ですが仕事が決まって働いてみて様子を見て心療内科へ行くか話し合おうと思います 回答してくれた方 本当にありがとうございました。

      補足日時:2021/10/17 21:16
gooドクター

A 回答 (17件中1~10件)

補足を拝見。


心療内科は敷居の低い精神科ではない。
「心療」+「内科」
一般に心身症と呼ばれる「内科疾患」を治療するところ。
https://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/shinryo/naika/11/
こちらが心療内科の発祥の地。
創設者は池見先生。
質問にある状態でも多くの(ヤブ医者の)心療内科は受け付けるよ。
だが投薬を延々と続けるだけで時間のムダ、かえって悪化するだろう。

医師は来る患者拒まず。
心療内科は単に内科と違い診療報酬を加算できる、つまり儲かるんだ。
「これで様子を見ましょう」
を繰り返すだけで。

心療皮膚科、心療産婦人科、心療整形外科、心療眼科って無いよね。
なら、なぜ「心療」の2文字があるだけで内科に行くの?

心療内科の医師は心身医学を学んだ内科医。
内科医に精神疾患は治療できない。
心療内科はメンタルから患者に寄り添い内科の治療を進めるところ。
行くなら精神科一択。
「精神科なんて恥ずかしい」
「俺を精神病扱いするのか」
なら、離婚一択。
自転車操業で燃料が買えず、底に穴が開いても修理できない、沈みゆく泥船で心中することはない。

手段を選ばすにダンナに立ち直ってもらうのが当面の課題だから、その手段さえも間違えたら加速して沈む。
    • good
    • 0

見落としまさした。

就職活動中なんですね。
どちらにしても生活に余裕がないなら働かないとね。
    • good
    • 0

貯金が10万しかないなら仕事休んでる場合ではないでしょう。


どれだけ長く休むと言ってるんですか?
兄弟の死ならせいぜい4日位でしょう。
私も弟を亡くしてますが、1週間以内には出勤したと思います。
仕事だってあまり長くは休めないでしょ。
    • good
    • 0

>貯金は10万弱しかなくて


問題はここでしょ。
義兄の不幸など関係ない。
借家でローンもあるのになぜこのような事態になるのよ。
ここへ来る前に残高100万のときもあったろう。
仕事を辞めるのは勝手だが、妻のあなたも退職のことは聞いていたよね。
それなら家計のシミュレーションもして収支の確認もしているよね。
一番の原因は自転車操業の生活。
そこに至る考え方や行動は赤の他人には理解できない。
今、ここを脱してもいつまた同じ状況になるやも知れん。
取り敢えず双方の親に相談したら?
二人とも自分の実家へ戻っての別居もあろう。

一人ずつでも自力で生きていけないんだから。
    • good
    • 0

採用されても数か月間は試用期間になるんじゃないですかね?


それでも傷病手当は出るんでしたっけ??
うちの夫は鬱病で何度か長期休職の末に転職したんですが、どの会社も2年以上勤務してから鬱病が悪化して休むという形だったので、傷病手当は出たんですけど、その額は給与の6割程度でした。

これは通常だったら天引きされる社会保険料や住民税を除外した額なので、会社からそれらの天引き分を請求されましたから残りは僅かでしたね。
(初年度は通常勤務出来ていても、住民税は給与から天引きされず、自分で納付するのが普通だと思いますが)

私が実家の会社に入ってOL時代より収入額がUPしたので、娘(夫と前妻の娘)がいてもやって来られました。
私もパニック障害持ちなので、会社が潰れるなどの万が一の時は夫と二人で精神障碍者年金を受給するか、生活保護を受けるしかないかも、と思ったりもしていましたよ。

出来れば休ませてあげた方がいいとは思いますけど、その前に心療内科・精神科は受診した方がいいと思います。
医師から「休め」と言ってもらえた方が本人が自己嫌悪する部分が減りますからね・・・どの精神科医も「休め」と言ってくれるとは限らない上に、休めと言われてもご主人が納得しないケースもありますけど、その結果、結局は悪化するにせよ、診断書なり障害者年期手帳交付の為の書類を出してもらい易くなると思いますので。

ただ、薬漬けになる可能性は大きいです。
ウチも夫婦そろって服薬歴15年以上(私は20年以上)。
でも、普通の生活は送れるので(私が不妊症なので、不妊治療時にはこの精神科系の薬がネックになりましたが)、個人的には納得しています。
夫もそうです。

でも、お兄さんの死がきっかけであるのなら、短期で済む可能性も高いと思いますよ。
今は、昔と違って依存性の高い薬を安易に処方する医師もかなり減りましたしね。
・・・休まなくても依存性が低い薬で楽になれるかもしれませんし、何かをやっていた方が楽ということもありますから、薬を飲みながらこの苦境を乗り越えるのもいいと思うし。
とにかく、ご主人がどうしたいかを優先させた方がいいと思います。
そのご主人が望むことをあなたに言えないってこともあると思いますが・・・責任感が強いと特にね。
その為に専門家の力を借りる。

ご主人自身に本音を言わせるということも大事だと思いますよ。
夫婦で一緒に受診できるところも多いと思いますが、最初からあなたも同行した方がいいかどうかも、ご主人の希望を優先させた方がいいと思います。
    • good
    • 1

旦那さんと お兄さんとの仲が どれくらいだったかによると思いますけどね。


それほど 仲良く なければダメージは少ないと思いますよ。

お兄さんのことよりも自分の家族のために まずは職を探さないとだと思いますけどね。
自分だったら まず職探しが一番 大切だと思います。

でも、貴方みたいな人が妻だったらって思うと旦那さんが羨ましいですよ。
ころむすびさんは優しくて 思いやりの気持を持ってるんですねぇ。
    • good
    • 0

仕事いきな

    • good
    • 3

元々メンタルに問題があるご主人なら、まず病院を受診が最優先だと思いますよ。



うちの場合ですが、旦那のお義父さんが急死した際、旦那とお義父さんは本当に仲が良く相当なダメージがありました。
忌引と色々重なり、1週間は休んで、それから普通に仕事に行きましたが、元々メンタルは強い方で考えないタイプの人なんですが、さすがの旦那でも覚悟が出来てなかったので支えましたね。
無理に頑張る必要はないし、辛かったら泣いたらいいと。
数年前の話ですが、うちもお義父さんとはとても良好だったので、お義父さんの命日やお彼岸、お盆は必ずお義父さんの大好きなモノを買って供えてますね。

貴女もご主人に寄り添いたい、支えたいなら、とりあえず仕事を辞めた原因次第ですが、病院受診をオススメします。

あとお子さんの有無が解りませんので…
二人で生きていける最低限分だけでも掛け持ちしてでも働くしかないのかな?と思います。
    • good
    • 1

プレッシャーをかけるのは良いか悪いかではなく、無駄ですよ。

無理矢理働かせるなんて、できる訳がないからね。
でも、現実はちゃんと見てもらいましょ。次の支払いは、落ち込んでいれば保留にできることではないからね。そして、見えぬものへの不安よりも、目に見える不安の方が、ある意味安らぎですよ。対処不可能なことに縛られている時は、比較的対処可能なものに取り組んで、不安は解消できると、思えた方がいいのです。
この状況をあっけらかんと話して、支払いはこう、生活費はこう、手元のお金はこう、これだけ足りないから、親から借りようと思うのだけど、どう?と、実直に聞くんです。あなたが、彼に負担をかけないように、自分の胸のうちだけで対処してしまうとね、それも彼にとっては見えない不安のひとつになるんですよ。
困った時は、正直に。素直になるのが一番です。で、親から借りるの嫌だというのなら、一緒になんとかするしかないじゃないですか?後お米は何合。明日は卵を買って、あと何日節約すればお米が買えるよとか。今日は、もやしでビタミン取りましょうとか。2人でその日を乗り切るんですよ。現実に対処するとは、そういうことでしかないですよ。現実というものが、あやふやで不安定だと思えると、人は怖くなるんですね。

対処不能なことがある時は、対処可能なことをピックアップして、それを取り敢えずやるんです。やってるうちに、ものごとが必ず見えてきます。
    • good
    • 2

私からの提案です。


まず、ご主人の心労が回復するまで仕事を休ませてあげましょう
そして、心療内科に1度で良いのでお世話になっておきましょう。

次に、地元の社会福祉協議会に行ってコロナ禍による、小口資金特別貸し出しの申請をして、20万円を貸してもらいましょう。同時に、特例法による緊急貸し出しの申し込みも、小口資金貸し出し時の申し込みと一緒に申し込みましょう。これは、3ヶ月間1ヶ月につき20万円の貸し出し、合計60万円の融資を受けることが可能です。支払いは、10年でします。返済年月に、前年度が非課税世帯なら返済は免除になります。2週間前後で振り込まれるでしょう。

以上の様にして当座の生活費を確保し、ご主人の心労の回復を図るのが良いと思います。生活費が心配になると、回復するものも回復しなくなるように思いますので、出来ることから処理していきましょう。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング