最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

この間ヤブガラシの斑入りの話を聞きました。

自分で育てられてる方、見かけたことならある方、おられたら、教えて頂けませんか。

質問者からの補足コメント

  • 斑入りのヤブガラシの話を聞いてから、前から抜かないとと思いながらそのままになっていたのを見ると、これ斑入り?という感じになっています。

    西日しか当たらない所で、ただの日焼け?と思ったり。

    画像の右の方も繁っている(同じ株です)のですが、そこはほとんど緑で斑入りはなっていません。

    斑入りのヤブガラシを育てていると言っている人がいて斑入りの研究をしている様子でしたが、斑入りヤブガラシを買ったのか、自分で見つけたのを育てているのかが分からず、斑入りのヤブガラシ売っていたりするのかを知りたくてこの質問を立てました。

    皆様の回答からして、斑入りであろうと、ヤブガラシが販売されることはまずなさそうですね。

    「斑入りのヤブガラシ」の補足画像1
      補足日時:2021/10/14 20:49
gooドクター

A 回答 (7件)

http://mizukino-chonaikai.org/Shizen/2019/201904 …

ねんねんころり さんには
此方がいいかな?
遺伝子の事にも触れています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔からよく見る植物、園芸店へ行くと斑入りばかり、ということもあったりで、斑入りが少し気になっていました。

今回よい勉強になりました。URL、ざっと目を通しました。又じっくり読み込みます。ありがとうございました。

お礼日時:2021/10/19 23:17

また追記だよ。


斑入りにもいろいろとあって、安定して出るタイプもあれば、不安定なものも多いよ。
何時の間にか斑がなくなってしまうこともあって、これを「先祖返り」というんだよ。
ツバキなどでは「一過性」の斑も多く、斑入りの枝を挿し木しても斑が出ないこともよくあるので。
正直、研究する人はいるだろうが、植物によって府の出る原因が違うようなので、ヤブカラシだけ調べても意味はないかも。
初めから葉に斑模様が入っている種類もあり、これらは斑が入らない方が珍重されることもあるのでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が話を聞いた人、斑入りの研究をする中でヤブガラシも調べているのだろうと推察いたします。

植物の多様性、改めておもしろいですですね。

お礼日時:2021/10/19 23:28

斑入りのヤブガラシは


見たことはあります。
農薬の所為だと思っていますが
と、いうのは斑入りを
刈り取られた後から
生えてきたものには斑は
入ってないからです。
『斑入りヤブガラシ』で
検索すれば沢山でてきますよ。

一例

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/ku …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

63904702sさんのお礼に書いた人は、刈り取ったツル性の植物、刈ってから生えた葉は最初斑がなくなってるが、そのうちにまた斑が出てくる、を繰り返すそうです。

斑入り、何という不安定さ。斑入り、そんな不安定な状態の代物なのだと初めてしりした。


添付URLにあったラウンドアップ、今の能書き、CMなどでは安全と謳っている様ですが、ベトナム戦争でジャングルを枯らしたのがラウンドアップだと書いてあるサイトなどもあります。最近農薬はよっぽど大量摂取しない限り大丈夫、が定説の印象を受けますが、何かと気がかりなことは色々ありますね。

お礼日時:2021/10/19 22:18

追記だよ。


斑入りのほとんどは「偶然の産物」であって、出現理由などほとんど不明ないんだよ。
比較的出やすい植物もあるが、出にくい植物も。
斑が遺伝するものも一部にはあるが、ほとんどは遺伝はしない。
特定のウイルスが原因で出るものもあるのでね。
ちなみに、たくさんの植物を栽培していると時折斑が入る事はあるが、一時的な出現で終わることもあるがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の回りで斑入りだったものの斑が消えたということはないのですが、刈り取ると次の新芽は最初斑が消え、そのうち斑が出てくるという場合もあるらしく、とにかく斑入りというのは不安定なんですね。

お礼日時:2021/10/19 22:02

追記だよ。


補足の画像を見たが、これは斑入りではないよ。
何か別の原因で起きたもので、斑入りとは違うよ。
とにかく、厄介な藪ですら枯らしてしまうこともあるほどの旺盛な繁殖力で、意図的に植える人などいないよ。
こちらでは「貧乏草」といって忌み嫌うからね。
わが家でもよく生えてくるが、発生源がお寺の敷地なので、毎年悩まされているから。
地中に長い地下茎を伸ばすので、除草剤も効きにくいんだよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足で添付した所の近くもっと日当たりの悪い所で、同じ様に葉が黄色く斑点みたいになっている木がありました。補足の画像、西日が当たるんじゃなくて、西日さえろくにあたってなかったのかなと思いました。葉が緑豊かになるには日当たり、ですかね。

お礼日時:2021/10/19 21:57

ヤブガラシはある意味で有害植物ですから絶対に家に持ち込まないこと。


「実例」
とある新築された家に放置された隣地から塀の下をくぐって繁殖するようになりました。
上部を刈り込んでも次はどこから芽を出してくるのか大変なようです。
それが道路の反対側で10m以上離れた隣地でも芽生えました(おそらく種)

私も退治するには見つけたときにはグリホ系の除草剤を撒布しますが1年ではほぼ不可能でした。
ドクダミはすぐ近くに芽を出しますが、ヤブガラシはゆうに5m以上は離れた場所からも。
それにスギナを加えて近づけないよう気をつける代表選手です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時既に遅し。わが家に蔓延りだして20年近く。

確かに悩ましくはありますが、私は心底嫌ってもいません。

根がズズズズズーッと途切れず、どこまで続くかーと引っ張るのはとても楽しいです。2メートルくらいになることもしばしば。ちょっとしたストレス解消になることも。

わが家も庭から5㍍はゆうにある家の下を這って裏の方にヤブガラシが芽を出した時にはその繁殖力に舌を巻きましたが、感覚的には地下茎で伸びてきた感じがしています。

今ネットを繰ってみると、少ないながら種ができることもあるようなので、種で増えることもないではないようですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/10/15 23:14

参考までに。


ごくまれに斑入りが出現することはあるが、栽培する人などいるのか。
地域によっては「貧乏草」とも言われるほどの嫌われ者です。
そんな草を栽培する気になる人がいるのか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

斑入りのカブガラシ、出現することはあるのですね。

その人は詳しくは分かりませんが、多分植物の研究者、斑入り植物の研究の一貫として、鉢で育てている感じでした。

63904702sさんが目撃された斑入りのヤブガラシとはどんなにものでしょう。
どんな条件で出現したと考えられますか。

お礼日時:2021/10/15 22:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング