電子書籍の厳選無料作品が豊富!

経営における困難で、よく質問や指摘されることとして、「賃金水準の低さ」が挙げられます。前述のように私たちの事業は、高齢者・障がい者福祉や指定管理者制度での子育て支援や公共施設の運営が中心となっているので、【必然的に事業収入もその制度や法律によって定められています】。よって、昨今言われているヘルパーや保育士などのエッセンシャルワーカーの待遇の低さは私たちにとっての課題にもなっています。
↑ワーカーズコープ(労働者協同組合)という非営利組織の課題についての文なのですが、【】のところが、どういうことかよくわかりません。

事業で利益を上げることと、制度や法律との関係性がわかりません。

どなたか説明いただけませんか。

A 回答 (3件)

非営利組織は利益を上げてはいけませんので、「事業で利益を上げる」こととは根本的に相容れません。


株式会社(そのほかの会社法人など)は利益は株主に分配しますが、非営利組織が利益を上げても利益の行き場所がありません。
利益を上げないけれど、経費や人件費はかかりますから、収入は得ないといけませんが。そういう制度です。
世の中には利益を上げない団体はたくさんあります。公益法人とか、一般財団法人とか、学校法人とか宗教法人とか。
    • good
    • 0

> 高齢者・障がい者福祉や指定管理者制度での


>子育て支援や公共施設の運営が中心となっている
ま、そこが中心じゃ利益はあがらないでしょうね。。。
公共施設の運営には、法律の規制もあるので利益が上がらない仕組みだと思います。
低所得の貧乏人に相手では、吸い上げる金銭がありません。

広告に力を入れて利用者を増やしたり
お金持ち相手の高級サービスを展開するか?

魅力的な有料サービスを増やすことですね。
安定事業を元手に新しいサービスを
やるべきだと思います。

よは、他のサービスでマージンとってヘルパーや保育士に回すようにしないと賃金は、あげられないでしょう。

後は
高齢者が高齢者の面倒を見るとか
障害者が障害者の面倒見る仕組みを作る。とか

で、人員も最小にしていくしかないです。
例えば、田舎の集落では、そのような形で支え合っていたりしますからね。
    • good
    • 1

経営一般について語っているのではなくて、介護業界についての文言ですから当然です。



介護報酬という制度があって、それに定められて縛られているわけですから。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!