gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

自己責任論が蔓延するようになったきっかけは何ですか?

gooドクター

A 回答 (7件)

以前の社会ではなかったかな…


ずっと前には日本ではあまり自己責任はささやかれなかったかと思います。
わたしの記憶ですが、
きっかけになったの、9.11のタリバンに拘束された日本人かな。
たしかジャーナリストかと思いました。
あのあたりから自己責任、自己責任と社会で言われるようになったかと思います。
    • good
    • 2

イラク邦人人質事件です。



外務省によるイラクへの渡航自粛勧告を無視し
2003年のイラク戦争以降にイラク武装勢力により
イラクに入国した日本人が誘拐され、
人質として拘束された事件。

家族が、自衛隊はさっさと退去しろ
と叫いて、国民の顰蹙を買いました。

人質になった人の言い訳が、火に油
になりました。
「劣化ウラン弾の調査に行った」

専門家でも無いのに、とパッシングの
嵐でした。
    • good
    • 1

バブル崩壊後の新卒氷河期からでしょう。

    • good
    • 0

イラク拉致事件ですね


日本以外では 自己責任という言葉はなく 当たり前のことでしたから。

国民皆保険など国が援助してあたりまえという認識にどっぷりつかっています
    • good
    • 0

大人(政治家や高官)が責任を取らなくなったから。

    • good
    • 0

日本人ジャーナリストがイスラム国から拉致された時からです



「危険な地域であることを知っていながら行ったんだから国に頼るな」
という人が言いました
    • good
    • 0

大きな政府を否定して小さい政府を目指すアメリカ共和党の主義主張が正論であるかのような報道ではないでしょうか。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング