「不機嫌なジーン」で主人公・仁子がよく着ている緑系のチェックコートがどこのものか分かりませんか?また仁子が健一くんと別れるときに家で着ていた白いカーディガンも探してます。自分なりに探したのですが、一向に見当たる気配がありません。お分かりになる方は是非教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

白いカーディガンでしたら、


ここのサイトに載ってましたよ。

違いますか・・・?

参考URL:http://blog.livedoor.jp/tvcheck/
    • good
    • 0

全く持ってそのドラマを見てないので、ご質問のアイテムについては分かりかねますが、


今発売している雑誌「LUCi(ルーシィ)4月号」でドラマヒロインのファッション大追跡という企画をやってます。不機嫌なジーンの竹内結子さんも載ってます。

似たような企画をCancamなんかでもやってることがあるので、本屋さんに行ってチェックしてみては??
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不機嫌なジーンの仁子のバッグ

第1話で竹内結子さん演じる仁子がロンドンにいる時に持っていた、赤いハンドバッグ。あれはどこのブランドのバッグなのかわかる方いらっしゃいますか?
お店がどこにあるのかもご存知でしたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

お勧めのサイトです。ばっちり回答も載っていますよ。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/tvcheck/archives/12735583.html

Q不機嫌なジーンの挿入歌のCDがほしいのですが

不機嫌なジーンの挿入歌
ラヴァーズコンツェルンのCDをさがしています。
誰が歌っていて、
どうすればCDをみつけられますか?

Aベストアンサー

歌っているのはサラ・ヴォーンです。
オリジナルサウンドトラックCDにはインストゥルメンタルしかはいっていないようなので、サラ・ヴォーンの歌をお聴きになりたいのであれば、参考URLのCDはいかがでしょうか?(これの他にもサラ・ヴォーンが歌うラヴァーズコンチェルトを収録したCDはいくつも発売されているはずです。)

参考URL:http://cd-dvd.nifty.com/pUCCM-4020/

Q不機嫌なジーン

「ここが面白かった」とか「今後期待する展開」などありますか?
私はあまり魅力(竹内結子の周りのキャスト)や面白味を感じられず、来週見ようかどうか迷ってます。
暇な質問ですみません。

Aベストアンサー

仁子(竹内結子)の元恋人の教授が、言わば奇人でその行動が予想しがたく、おもしろかったです。
#奇人は彼一人では無かったですが。

竹内結子さんも、中性的な魅力(誉めているのだか・・)に似合った、ぴったりの役柄だと思います。

トレンディドラマとしてでなく、コメディとして観てました。

生物についてのプチ知識も散りばめられていて、生物の原点に戻って人間社会の「常識」に改めて光を当て直しているようで、ちょっと考えさせられるところもありました。

とりあえず来週も観たいと思っています。

Q不機嫌なジーンのオダギリジョー

オダギリジョーさんの大ファンです。
今回のドラマ出演をとっても楽しみにしていたのですが、
2話、3話とも出番がありません。
まさかご病気とか?何かご存知の方、おられませんでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この間「不機嫌なジーン」の特集みたいな番組をやっていて、それを見ていたら「オダギリジョーさんはドラマの最後の方でキーパーソンとなってくる重要な役割を演じます」とか言ってましたよ。これから、登場してくるんだと思います。なにやら教授(名前忘れました・・・)とオダギリジョーが演じる役が、過去に何か共通点があり、つながっているんだとか。特集では普通にオダギリさんのことも話していましたし、もうドラマはほぼ撮り終っているでしょうし、大丈夫だと思います★

Q不機嫌なジーンの最終回

不機嫌なジーンの最終回を見逃してしまいました!
結局どうなったんでしょうか?
教えてくださいー!

Aベストアンサー

↓とりあえず下記URLをご参考に・・・

仁子は南原のプロポーズを受け、幸せを感じながらも「このまま教授に頼りっぱなしで生活するのは気が引ける」と考えてしまいます。
そこに吉田教授から民間の研究所を紹介され、南原からはオーストラリアについて来て欲しい!と言われ悩み、結局民間企業を選びます。
南原は半年で日本に戻れると言っていたので・・・
約束どおり、南原は半年経って日本に戻ってきましたが、南原の仕事は忙しく、オーストラリアのアパートはそのまま残してきたといいます。
しかし南原は仁子には自分のそばで自分の子供を産み、育てて欲しいと願い、「オーストラリアに来ないか?」と再度尋ねます。
しかし仁子は自分の研究がしたい。
南原もそれを察して「そうだよな、来るんだったらあの時(半年前)に来ていたはずだ。俺はお前をどんな災害からも守る!だから俺のそばで俺の子を産み、2人で育てたい!だが、それでオーストラリアに来たらお前は後悔するだろう」と言い、仁子も「私は教授のそばにいたい、けど今行ったらきっと後悔する」と言い、結局2人は泣きながら「さようなら」と別れてしまいます・・・

数年後、仁子は新聞でも評価されるような有名な生物学者になり、再び教授と再会。
しかし教授の隣には他の女性。
仁子も教授も、新しい人生を歩んでいるので、「元気そうだな」「えぇ」「お元気で」程度で別れてしまう。

また数年後。
仁子はロンドンでの学会の帰りにタクシーに乗っている。
そして運転手にラジオをつけてください、と頼むと、ラジオからはあの懐かしい曲(ラヴァーズ・コンツェルト)が・・・

そこで終わりでした。
結局2人は別れてしまうんです・・・私としては何か腑に落ちない最終回でした。
いいカップルだなと思ってたのに・・・

参考URL:http://www.fujitv.co.jp/gene/index2.html

↓とりあえず下記URLをご参考に・・・

仁子は南原のプロポーズを受け、幸せを感じながらも「このまま教授に頼りっぱなしで生活するのは気が引ける」と考えてしまいます。
そこに吉田教授から民間の研究所を紹介され、南原からはオーストラリアについて来て欲しい!と言われ悩み、結局民間企業を選びます。
南原は半年で日本に戻れると言っていたので・・・
約束どおり、南原は半年経って日本に戻ってきましたが、南原の仕事は忙しく、オーストラリアのアパートはそのまま残してきたといいます。
しかし南原...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報