色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

日本の各地では、シカが増えすぎて困っています。
ハンターも高齢化していますし、シカ防護柵もメンテに費用がかかります。
少子高齢化で社会保障費が莫大になってるので、そんな余裕はないはず。

シカの駆除のためには、オオカミを復活すべきでしょうか?
もし、オオカミを復活させるなら、あらかじめ避妊手術はしといたほうがよいのでは??
山でオオカミが増えすぎたらこわいから。

A 回答 (15件中1~10件)

三か月ほど前の別の質問に回答しましたが、日本では絶滅したオオカミを導入して、正常な自然生態系を取り戻そうとしている学者もいます。

 東京農工大学名誉教授丸山直樹氏は、シカの生態、保護、管理を研究するうちに、天敵である野生のオオカミに興味を抱き、1993年に「日本オオカミ協会」を設立、会長に就任し、オオカミ復活プロジェクトを開始しました。 同氏の編著書には『オオカミを放つ-森・動物・人のよい関係を求めて』(白水社 2007)などがあります。 丸山氏は、オオカミを復活させることによって、生態系の自己調整機能を取り戻し、自然生態系を維持することができればと考えているのです。 実際、アメリカのイエローストーン国立公園では、増えすぎたエルクジカやバイソンの個体数管理のため、捕食者であるオオカミを放し、失われた自然生態系のバランスを再構築する取り組みがなされており、成果も得られています。 オオカミは物語の中に登場する際、極端な悪役が多く、その生態と反して「残忍」なイメージが定着し、日本でもそのマイナスのイメージが一般化してしまっています。 「日本オオカミ協会」では、オオカミについての科学的で正しい情報を普及させるほか、自然生態系のバランスを維持するために再びオオカミを導入し、森・オオカミ・人の、良い関係を築くべく活動しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
オオカミはただシカを食べるだけで、なんの金儲けにもなりませんけど
シカであれば、肉、つの、毛皮で一儲けできるな、と思いました。
漢方薬として、中国の富裕層が求めるのでは。

お礼日時:2021/10/15 12:29

駆除された鹿・猪・熊などの害獣で、食用にされているものはわずか数パーセントに過ぎません。

 大半は埋処分、や焼却処分されています。 食用として処理するには、殺処分してから30分程度で血抜きをして、解体処理を始めないと臭くて食べられなくなります。 解体施設と解体技術を持った人が必要ですが、どちらも不足していて、駆除害獣を全て解体処理出来る現状ではありません。 鹿の肉、角、毛皮で簡単に一儲けできるなら、とっくの昔に誰かが取り組んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり金儲けにつながるようにしないといけない気がします。
シカでもクマでも猪でも、殺したら棄てるのはやめて、
漢方薬とかに加工して、輸出したら儲かるのでは。

一石二鳥です。

お礼日時:2021/10/15 12:56

ハブ退治用のマングースがヤンバルクイナやアマミノクロウサギを襲うような事態になりそうな気がします。


ハンターの育成、罠の設置、ジビエ料理や動物園のエサへの転用などの方が現実的でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
シカの毛皮とか肉とかシカの角を
高級品として海外輸出できたらいいのかもしれませんね。
漢方薬として、中国が買ってくれないでしょうか。

逆に増えたシカでお金が儲かっていいかも。

お礼日時:2021/10/15 12:28

避妊手術をしてから放すとなると、繁殖をさせて独り立ちできる大きさまで育ててシカのいる地域まで運ぶ、大規模なオオカミ牧場を維持・運営しなくてはなりません。


実現するにはコストが掛かりすぎますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
じゃ、やっぱりAIを搭載したシカ駆除ロボットとかを
開発する

お礼日時:2021/10/15 10:11

今山や森に居る動物が里や住宅地にも出てきて居ます。


それだけ食べる物が無いと言う事や生息できる範囲が無くなって来ていると言う事でも
有るでしょうから、オオカミを復活させたとしても、そう言う里や住宅地に出て来る動物を
追ってくると言う可能性も否定出来ないでしょう。
そうなってしまえばまず家畜が襲われる事にもなる。
一度家畜を襲ってしまえば簡単に捕獲できる事を学習できますから、何度も狙って
来るでしょうから、畜産農家の被害は甚大ではないでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり、AIを搭載したシカ駆除ロボットかなー

お礼日時:2021/10/15 10:12

鹿の肉は美味しいので、国がしっかりと食用として宣伝していくといいと思います。


鹿肉は人間がいただいたらいいのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
シカだけではなく、猿も増えすぎてるらしいです

お礼日時:2021/10/15 10:12

いや 鹿肉を食うべきだね。



鹿肉料理を開発して ツアーや宣伝を行って 「食肉祭」などのイベントを打つことだ。
「美味しい鹿ナンバーワン」などと全国で競うのも良い。

低カロリー高蛋白鉄分多し。
痩せやすく美容にも良い健康的食材。
鉄の効果的調理が肝。
一般の食卓に乗せられるようになれば成功だろう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
シカ肉なら自給自足、輸出もできるかもしれませんね
お金が儲かるとなれば、シカもどんどん捕獲されて
減ると思います

お礼日時:2021/10/15 10:13

バランスの良い効果が期待できるとは限らないし、人や家畜を襲う可能性も高いので、ハンターを育てる選択のほうが現実的です



そもそもなんで狼が駆除されたのかって、家畜を襲うからですからね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
オオカミを放つと、山に登るのはこわくなりますね

お礼日時:2021/10/15 10:14

>オオカミの習性として、臆病なのでヒトを避けるそうです。



それは一般論でしょう。食べ物がなきゃ肉食なので集団で家畜やペットを襲いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
それは困りますね

お礼日時:2021/10/15 10:14

日本のように人口密度が高くて、山の奥まで人が入りこんでいる国ではオオカミはムリです。



オオカミとしても、敏感で素早いシカよりのろまなヒトを狩る方が楽です。
生きるものとして、いかに合理的に食料を得るかを考えるのは当然のことです。
人間の歴史だって、そういう歴史です。

シカ駆除という人間の都合で復活させられ、野山にバラまかれて、自分でエサを獲れと言われたので、より楽で効率的なハンティングをしたらヒトを殺したと非難される。
その上、種を保存するなと自然に逆らって避妊という「不自然」を押し付けられる。
オオカミ的にはたまったもんじゃないです。

北海道では、山を切り開いて住宅地にしたところでは、クマに襲われる「被害」が出て「駆除」と騒いでいます。
クマにしてみたら、クマの生息地に侵入したヒトを駆除してるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

>オオカミとしても、敏感で素早いシカよりのろまなヒトを狩る方が楽です。

最近は登山ブームで、年寄りが大勢で山に登ってますから
オオカミにとっては、格好の餌食になりそうですね

お礼日時:2021/10/15 10:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング