gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

子育てしていると、自分が子供の頃から無意識に押さえつけていた感情が蘇って辛くなることってありますか?
自分の家族は外側から見れば、幸せなごく普通の家族だったと思います。
自分自身もそう思って生きてきました。
でも、30代独身の時に生きづらさを感じて自分と向き合った時、幼少から成人までの家族の問題が浮き彫りになりました。

大きな原因は同居していた祖父と父の不仲によって家庭内が常にピリピリしていたことです。
また、大人の男の怒鳴り合い、家族同士での愚痴不満苛立ち、不倫(叔父)による妻の怒鳴り込み、親族のいやらしさ、母の不満、私への批判などなど…大人のドロドロ、理不尽さなど余りにも目に耳にする事が多かった子供時代でした。
6歳位までは自分の家族が本当に大好きで大好きで仕方がなかったのに、大人の様子が分かってくる(大人の方も隠さなくなってくる)ようになると段々と家族がバラバラになっていくなんとも言えない寂しさや怒りをいつも心の奥に押し込んでいたのを覚えています。
傷つくことも沢山ありましたが、幼くて癒すことも乗り越える術も分からずいつも平気なふりをしていました。
自立してようやく自分や家族と向き合って解放してきたつもりでしたが、今5歳の娘と過ごして上手くいかない事があったり、感情任せに叱り飛ばす事があると、無意識に昔と重ね合わせてしまって涙が溢れます。
自分が親から言われて傷ついた言葉や態度を同じように娘にもしてしまい、後で謝り抱きしめていますが自己嫌悪に苛まれます。
自分でも神経質で世間体を気にする何でも先回りしてしまう過干渉な母親だと最近よく思います。
娘は繊細ですがとてもユニークでカラフルでひょうきんな性格なのに、私のせいでその個性を潰してしまって、足を引っ張ってしまっているように感じます。
もっと大らかに接して、安心感と自信を与えられるようになりたいのに、どうしたら良いのか分からなくなります。

先日臨床心理士の先生と話す機会があって、昔を思い出す事を話すと、きっと今が1番辛い時で定期的にカウンセリングを受けると良いと言われました。

自分の家族に対して本当は誰も悪くないし、皆精一杯愛してくれていた、温かい記憶ももちろんあると頭ではわかっているのですが、どうしても不安ばかりが大きくなります。
娘が私のように本当の気持ちを隠して生きづらさを抱えて成長してしまう事になってしまわないか心配もあります。
昔と自分の子育てがリンクして辛かった方、いますか?同じような経験のある方、どう克服していったかなど教えてください。
よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (7件)

あります。



親に向けるべき怒りを子供に向けてしまうのです。
子供を愛しているのに、目の前の幸せな子供に嫉妬してしまうのです。
それは親への怒り、憎悪をちゃんと親に向けて解消していないからです。

>自分の家族に対して本当は誰も悪くないし、皆精一杯愛してくれていた、温かい記憶ももちろんあると頭ではわかっているのですが

この解釈が間違っているのです。
自分の心を平穏にするため、惨めな自分を否定するための理屈づけ、「大人の対応」をしただけです。
親、家族に対する子供の時の本音を認めていないからです。
つまり、あなたは「過去の可哀想な自分」を正しく認めていないのです。

>自分や家族と向き合って解放してきたつもりでしたが、

本当には解放されていない、
あなたもそのことに気づいていると思います。

カウンセリングを受けて、自分の子供の頃の気持ちを全部話した方がよいと思います。
カウンセラーとの相性もあるので、時間はかかるかもしれません。
でも、少しづつでも自分を見つめることができれば、子供への対応を変えていくことができます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございました。
「大人の対応」と言われてハッとしました。
大人っぽい。周りからはよく大人びていると言われて育ちました。今思うとそうせざるを得なかったのかなと思います。
癇癪を起こして小さい子供のように喚く父、何か不快になる事や他人への不満があるととりあえず私に報告する母。
私がそれに反する意見を言おうものなら、「まだ子供だから親の気持ちが分からない」と言われたり、反射的に否定されたり、怒りの感情をぶつけられる…
何かいけない事をしても、きちんと分かる言葉で諭される事もこちらの気持ちを汲み取ってもらうこともほとんどありませんでした。
だから今娘とのやり取りで躓きを感じるのだと思います。自分自身も適切な言葉や声がけのやり方がよく分からないから。

今まで見ないふりをしてきた、しまいこんでいた家族の嫌な記憶を、初めて誰かに話したいと強く思うようになったので、カウンセリングを受ける事にします。

アドバイス感謝いたします。
長文を読んで下さりありがとうございました。

お礼日時:2021/10/15 10:02

分かります。



私の家庭はいわゆる普通でしたが、厳しめで神経質な両親の顔色を伺ってたような気がします。すでに中学生の時に、早く家を出ようと思ってましたので、自律というよりは何か溜まっていたのかもしれません。

自分が子育てする側に回り、「自分はなぜあんな仕打ちをされなけばならなかったのか」「今の生活を築けたのは、自分の努力の成果であって親のおかげではない」と、怒りのような感情が沸き立って、ほとんど実家に寄らずに孫も見せない時期がありました。

家族の温かい記憶もあるのですが、マイナスな感情に引っ張られたり、嫌な記憶が張り付いてしまって、子供に対して同じことを言っては、ああやっぱり血を引いてるんだなー、とか。

それが少し変わったのは、ある時から、「我が子は可愛い」から、我が子の友達まで子供は「みんなかわいい」と自然に思うようになっていったんですね。子供たちはみんなそれぞれ輝いている。中には小憎たらしいガキンチョもいますが(笑)

2人目の子供が自閉症濃厚で療育に通い始めても同じ気持ちで変わらなかった。

この先どうなるのか、どうすればよいのか、こうしないとよくないのでは、と不安になることもありましたが、大切なのは先をあれこれ考えることではなく、今を大切に、毎日を普通に生きる、ということが自然と未来を作っていく、ということだと思うようになりました。

なるようになるのです。子育てに正解などありません。

だから、謝罪の時だけでなく、普段から子供を抱きしめてあげる、「大好きだよ」「可愛いね」と言葉で伝える、たったそれだけで、なんとなくうまく転がっていくのだと思います。

執着せず、理想に固執せず、お互いに生身の人間同士として、お子さんとの時間を大切にしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

「家族の温かい記憶もあるのですが、マイナスな感情に引っ張られたり、嫌な記憶が張り付いてしまって、子供に対して同じことを言っては、ああやっぱり血を引いてるんだなー」
正に私も同じです。自己嫌悪と些細なことへのイライラとで負のスパイラルにハマることもあります。
「可愛いね」「大好き」言葉でしっかり伝える大切さを分かっていたのに、娘はいつもたくさん伝えてくれて愛情をくれるのに、私の方が疎かにしていたと思います。もっとしっかり目を見て伝えていきたいと思います。

「執着せず、理想に固執せず、お互いに生身の人間同士として、お子さんとの時間を大切に」
心に沁みるアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2021/10/16 21:11

私はもう人生半ば過ぎましたけど



結婚して旦那の家庭を見た時
世の中 色々な家族の形があり

自分とは全く違う環境で育ったんだろうな
と感じた時ありましたね

私は母子家庭でしたし
生き別れた父親は犯罪者。

母親も今で言う毒親でしたから
恵まれた幼少期ではなかったですね

自分の子供を育てていた時期は

自分に両親が揃っていて
戸建てに住み 自分の部屋がある暮らしで
育っていたら 自分ってどう言う人間になっていたんだろう?
とよく考えました。

そして 自分が してもらえなかったことを
子供達にしてあげよう
と  まるで自分自身が自分を育てるような感覚?

子供の頃にしてほしかったことを
子供達にしてきましたね

それで結局自分を癒やしていたのかな?
という感じです。

過去に起きたことは変えられませんけど
意識の持ち方で 過去を無かったことにはできます。
過去に意識を持っていかなければ
過去は無かったことになるのですよ

忘れようと思うと かえって過去を
反芻してしまうので
意識を過去ではなく 今と未来だけに持っていくんです。

今の貴方は今にいて

過去にいるのではないですからね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
みどり色の犬さまのお話を読んで、育った環境に関しては、複雑な家庭で育った私の母と少し似ていると感じました。
母の場合ですが、私が幼い頃からよく子供時代や結婚するまでの苦労話を聞かされて育ちました。
元々ははつらつとした人ですが、愚痴や不満があると普通大人同士で話すような人間関係の愚痴や不満から、親族に言われた辛辣な言葉なども全てまだ子供の私に打ち明けてきました。
そのうち、日常生活での心がモヤッとした出来事や知人から聞いただけの胸糞わるい話など、自分の心だけに留めておきたくない事まで、まるで女友達に話すように当たり前に聞かされてきました。
どんな大変な生き方をしてかたか物心ついた頃から知っていたので、大好きな母を助けたくて少しでも楽になって欲しくて、まるでスポンジのようにどんどん愚痴や不満などを私が吸い取って、その場で母が笑顔になれる言葉を探していました。でも思春期になる頃にはほんの些細なネガティブな話題ですら、聞くのか辛くなっていったのを覚えています。
成人しても、変わる事なく愚痴や人への批判、家族や親族の悩み、怒りなどを聞かされる日々。反発して苛つく気持ちと、今までこれ程辛い話を聞き続けて、常に味方になってもまだ終わらない…いつまで嫌な話を聞けば母の気持ちを楽にできるのか分からず途方に暮れました。
過干渉もあり、とうとう精神的に辛くなり、自分自身の人間関係も上手くいかず、色んな方に相談しました。
その時言われたのはみどりの犬さんが仰った事と全く同じことでした。
「結婚してあなたに愛情かけて育ててきただけで、お母さんは救われている。」そして、
「お母さんの宿題はお母さんしかできない。あなたはあなたの宿題(人生)をしなさい。」と言われた時スッと胸が軽くなった記憶があります。
仰るように意識を今や未来に持っていくことはとても大切に思います。でも母の言葉を始め、幼少期から家族不仲の中で育ち、嫌な部分を日常的に見て聞いて傷ついてその気持ちに蓋をする…その繰り返しで心の奥にしまい込んでいたその気持ちが今自分の子育てを通して突然フラッシュバックするのです。
正直頭の中は混乱状態です。それを癒す事が出来れば自分の意識もコントロールできるのかなと思いました。
長くなり申し訳ありません。読んで下さりありがとうございました。

お礼日時:2021/10/16 05:32

辛口ですが、昔を思い出すのは、あなたの生育環境・両親とあなたの関係の不都合な点を、大人になったあなたが払拭できていないのです。

不安な状態で現実に関わっていらっしゃる証拠です。

したがいまして、子育てのいい見本があなたにイメージとして浮かばないので、あなたが親にされたような接し方を子供にしてしまいます。勿論無意識にです。あなたが安心の気持ちで子供の家庭教育を行えていないという事です。

あなたが、安心の状態で子どもに接する様になるには、あなたご自身の子どもの頃の不都合を払拭しなければなりません。それには、大人になって観た、あなたの子どもの頃に育った現場付近に行って、子どもの頃の辛さ楽しかったこと、両親のあなたに対する接し方、等々を子どもの頃に感じたことを、今の大人の眼で観るのです。そうすると、良い悪いは別にして親の事情とか気持ちを分かる様になります。一度で分からなければ2度3度行くと分かります。

物事の事情が分かる。と、言う事はとても大切な事です。分かれば、そういう事だったのか。と、いう様にして、分かった事に対する納得します。それは、安心感に繋がります。そして、次の成長の土台になります。必ずです。そして、昔のことと現在を分けて考えられるようにもなります。あなたの子どもさんへの接し方が分かるというようになります。何故なら、安心の気持ちを有している母親は、子供にストレートに伝わります。

あなたが今後子どもさんに接する接し方は、子どもさんに沢山の絵本を読んであげる事です。それは、子どもさんの幼児語から子供の言葉の取得にとても役に立ちます。言葉を沢山覚えるという事はイメージの世界も広がります。その逆、イメージから言葉を覚えたりするのも同じ事です。

更に、子どもさんが何かが出来た場合、子どもさんの目を見て腕などを優しく触りながら子どもさんの名前を、笑顔と共に呼んで誉めてあげましょう。その時、子どもさんの心の中に何か暖かーいものが流れます。そこで、うれしい。お母さん大好き、となります。子どもさんがお母さんに何かを尋ねたりしたとき、ぶっきらぼうな言葉を使わないようにしましょう。あなたの今回の気づき、とても良い気づきだったように思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
辛口どころか温かく具体的なアドバイスをいただけて嬉しいです。
今までも絵本やスキンシップを心がけていましたが、目を見る事を忘れがちで疲れた時や急いでいる時などぶっきらぼうになっていました。
できる事から、少しずつ改善していきたいです。

お礼日時:2021/10/15 13:21

悲しい位に解ります。


うちは父が毒親で、昔で言うと頑固親父、今で言うとモラハラ親父です。
気分のムラが物凄く激しく、意味もなく殴られた事も怒鳴られた事もあります。
母は超箱入り娘で育ち、しかも自営の娘だったので何一つ苦労知らず、父はその土地では有名な地主の末っ子で1番上とは24離れていたのでそれはそれは溺愛され育ったのもあるんですが…両親共に自分の親からは虐待やモラハラを受けてた訳ではないのに、父はそういう環境(自分の思い通り)に育った為か子供も支配下に置いてました。
特に長女のうちには厳しく、末っ子には甘い。
絶対自分の子供にはしない!と決めてましたが、元々パニック持ちなのでたまに感情をコントロール出来ずに限度を超えた怒り方をしてしまいます。
結婚自体今で二度目で、一度目の相手は問題外のモラハラDV超DQNマザコン人間だったのでうちは奴隷と化してました。
色々あり、何とか別れ、今の旦那はうちのそういう所を見ると宥めてくれます。
もうかれこれ10年超えたので尚更ですが、うちの性格を本当に把握してくれてるので優しく諭してくれます。
1番うちの中で衝撃だったのは旦那のお義父さんの優しさでした。
うちもうちの家庭が普通だと思ってたんですが、違ってました。
今思うと異常でした。
兎に角父には逆らえない、中学入るまではまともにテレビも見てませんでした。
当たり前ですが、流行りの曲も全く知りません。
貧困だったので出掛けた事も本当に数えるくらいでした。
同級生とも会話が合わず、本当に苦労しましたね。
自分の子供にはそんな事は全くさせず、ちゃんと世の中を知るために色んな経験をさせていて、本当にのびのびと育ってます。
そう出来たのも今の旦那のお陰ですね。
本当に良いご両親から育った旦那なので、まず人の気持ちに立てる事、思いやり100%なので本当に大事にされているのが解り、色々飢えていたうちの心を満たしてくれてます。

やっぱりパートナーとか周りの環境次第で人はいくらでも変われますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご経験に基づく回答ありがとうございました。
長女と言う事もありとてもご苦労されてきたのですね。
気分のムラが激しく今で言うとモラハラ…正に父もそうでした。
母がよく言っていたのは、家庭が平和を保つ(外から見て)秘訣は誰か(妻)が犠牲にならなくてはならないという言葉でした。
自分が母親になった今、分かった事はそんな事をしたら深く傷つくのは子供だと言う事。世界で1番大好きな母親からそんな言葉をかけられ続けた娘が犠牲になってしまうことでした。
社会に出て生きづらくて困り果てて初めて自分の家族は普通じゃなかったって気づくと言うか、認めざるを得なくなるんですよね。
感情をコントロールできず限度を超えた怒り方、私もしてしまいます。
娘の悲しくてビクッと怯えた様子を見ると、本当にどうにかしなくてはと悩みます。

S.H.A_Mamさんは今は優しい旦那様や義家族に巡り会えて、子供ものびのびと育っているとの事、本当に素敵だなと思いました。
私の主人は口下手で喧嘩っ早い所(外で)もありますが、器が大きく頼りになる人です。
でも自分のこの気持ちを言う勇気はまだありません。最初に回答して下さった方のように、「〜すればいいじゃん」と気持ちを汲み取らず否定されるのが怖いからです。頭で理解できても心が伴わないから勇気を出して相談しているのに。
先ずは専門のカウンセリングを探す事から始めたいと思います。
吐き出させてくれて感謝いたします。
ありがとうございました。

お礼日時:2021/10/15 11:39

今あなたがそれを理解しているのであれば、少しずつ直していけば良いと思います。


皆誰でも感情をコントロールできなくて不安になる事ってあります。
あなたのご両親と対話してみてはいかがでしょうか?
何か見えてくるものがあるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
焦らす少しずつ取り組んでいきたいと思います、

お礼日時:2021/10/15 11:11

あなたの娘は違う。


あの時と今は違う。

不安になる要素なんて、何ひとつないですね。
漠然と不安になるくらいなら、育児書を片っ端から読み漁っていく方が、遥かに前向きだと思います。

前向きに行動してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング