色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

世界の人口200億人って2100年ぐらいにはなりますか?

A 回答 (3件)

20世紀に1人の女性が7~8人産んでいた国も、今では下手をしたら2~3人であり、さらに減少中だ。


主要先進国は韓国の0.8人を筆頭に2人を大きく下回る国がほとんどであり、先進国以外も冒頭に申し上げたように、2人未満に多くの国が向かいつつある。2人未満になったら確実に人口減少に向かう。

最新の人口予測では、今世紀中に世界人口が減少に向かうことが明らかになっている。100億人を超えることは無いという予測も出ている。

人類が宇宙に進出して人口が200億人を超える日が来るかもしれないが、2100年までにそれが実現するとは思えない。
    • good
    • 0

国連によれば、2050年の世界人口が94億人から100億人の範囲にある確率が80%とのこと。

 更に、2100年の世界人口は112億人と予測されています。 「中位予測」という、将来の出生パターンは基本的に従来と大きく変わらないと仮定する計算方法が使われています。
    • good
    • 0

2020年で78億人。


毎年0.8億人増加とすると。0.8億人×80年=64億人
78億人+64億人=142億人

疫病や戦争を考慮すると、200億人はならないですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング