鉢植えのサボテンが数個集まったので寄せ植えを作ろうと思います。
そこでサボテン用の土(砂?)というのを購入したのですが、
白くて粒も大きめでサラサラ。こんなサラサラの土に植えても
大丈夫なのでしょうか?(屋外に置こうと思うので風などでサボが
倒れないかしら?)
それから、サボテンの種というのをもらい、半信半疑に植えて
みたら、意外と簡単に芽をだし、直径1.5cm(針も含めて)
くらいまで成長しました。このサボも寄せ植えに一緒に植えたい
のですが、小さすぎるとよくないのではないかと思いまして。
どのくらい成長したら植え替えてもいいものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

サボテンにも種類があり、通常の培養土でも十分OKのものもたくさんありますよ。

例えば、シャコバサボテンとか(ウチはほとんど普通の培養土です。サボテンの土を使うとなぜか失敗します)
普通の土の場合は、水遣りに気をつけて下さい(雨もです)。サボテンは、もともと乾燥したところの植物であることを忘れないで!
また、寄せ植えについてですが、まず、植え替えのお話から。通常植物は、イッキに大きな鉢に植え替えると、成長がにぶる、という特徴があります。サボテンも同様か、と思います。なので、できるだけサイズが同じくらいのサボテンを適当な大きさの鉢(すいません現物見てないので、不明瞭な表現ですが)に寄せ植えするのがベストでしょう。
とはいうものの、小さいコばっか集めて作ればいいかというとそうでもありません。小さいコは、変化に対応する力がまだありませんので、少し大きくなってから(これはサボテンの種類によって異なります)にしましょう。
植え替え(寄せ植えも同じ、根っこの環境が変わりますのでね)は、人間にたとえるなら大手術と同じです。
ちなみに、サボテンの植え替え(寄せ植えも含みます)は、春先が失敗が少ないと思います。秋口からは休眠するコが多いので。今年の夏に種まきしたのなら、来年の春ぐらいまでそのまま育ててみてはいかがでしょう。
それと、サボテンの寄せ植えに多肉植物を加えても、ベリーグッドです。
秋は花が咲くサボテンが多く、楽しみですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい説明をありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/09/03 15:48

下記のページを参考にしてください。



サボテンを種から育てよう
http://www.mediojp.com/02e-taneya/saboten/sodate …


サボテンの特徴と上手な育て方
http://www.tokyu-hands.co.jp/nte_engei_03.htm


サボテンとは
http://www.sabosabo.com/shopping/hakase.htm#Anch …


個別の管理と育て方
http://www.hi-ho.ne.jp/bk_ashiya/cultivation.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラベンダーの質問でもお世話になった方ですよね?
ありがとうございました。楽しいHPでした。

お礼日時:2001/09/03 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサボテンに詳しい方。コレは何って名前でしょうか?

サボテンに詳しい方。コレは何って名前でしょうか?

知り合いの知り合いから巡って回って貰ったサボテンがあります。
これは何という名前のサボテンでしょうか?

また、持ち帰る際に土がサボテンにかかってしまい、サボテンの刺に土が少々、絡まっているのですが、大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

画像も無い。特徴も書かれていない。何も書かれていないのですから、
名前を答えられる人は居ないでしょうね。
大きさや色や形などを書かないと、名前は誰も答えられませんよ。

一つだけ答えますが、サボテンの表面に土がかかっても、吹き飛ばして
しまえば何の問題もありません。根が浮いているようなら、時期的には
可能ですから植替えをして下さい。

Qサボテン植えるとき根についてる土はどうする?

先日ミニサボテン100円のものを購入しました。
四角いポットにたくさん入っていました。
持ち上げると根っこに腐葉土と見受けられる土が四角柱の形でくっついていました。
それなのでもちろん鉢はついていません。
直径4~6センチの素焼きの鉢を用意して植えたいと思います。
用土はサボテン用のものに腐葉土を混ぜてます。
サボテンの種類は黄金司、金鯱、松霞、リトープスです。
そこで質問なのですが、このときサボテンの根についている土は落としたほうがいいのですか?それとも形を崩さずに植えるべきでしょうか?
根を水洗いするとかは必要ないのでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あまやんです。

結論から言うと、よほどの小苗(3センチ以下)でないかぎり、土は落として交換してください。
特に、ポットの形に固まっている場合はほぐして下さい。土は必ず石灰分を入れて下さい。
水洗いは厳禁。腐敗の原因になります。

ただし、今は寒いので、まだ本格的な植え替えはやらない方がいいです。ポットなら、そのまま仮植えして、春先くらいに成長をはじめたら本格的に植え替えるのがいいです。

サボテンにとって、植え替えは非常に重要です。
サボテンは追肥で大きくするというよりは、
植え替えで大きくするといっても過言ではありません。

サボテンは成長しながら、土の中の微量要素を吸収し、逆に酸や毒素を排出していく性質があります。どうしても植えかえられない時は、石灰をひとつまみ入れると成長がよくなります。
また根の通気性がよくないと、根腐れ、成長不良の原因になります。だから土の交換は非常に重要です。
今ある根よりも、新しい根をどれだけ出させるか、というのが若い苗の生長には大切です。太い根だけを残しても、細かい根はどんどん出てきます。

ちなみに、松霞と黄金司は同じ仲間(マミラリア)で小形種、年数がたつと、小さな子供がいっぱいできてきます。これをはずせば簡単に増やせます。花も咲きます。寒さにも強く育てやすいです。

金鯱は短幹の大型種で、直径40センチくらいにならないと花はさきません。寒さにはあまり強くありません。

リトープスはサボテンではなく、キク科の多肉植物です。これは、夏型と冬型があり、植え替え時期は異なります。脱皮して増えていきます。これは少々栽培難しいですが、栽培法や植え替えについては下記URLを見てください。

参考URL:http://www.shiojiri.ne.jp/~tanaka/mesen/p37.html

あまやんです。

結論から言うと、よほどの小苗(3センチ以下)でないかぎり、土は落として交換してください。
特に、ポットの形に固まっている場合はほぐして下さい。土は必ず石灰分を入れて下さい。
水洗いは厳禁。腐敗の原因になります。

ただし、今は寒いので、まだ本格的な植え替えはやらない方がいいです。ポットなら、そのまま仮植えして、春先くらいに成長をはじめたら本格的に植え替えるのがいいです。

サボテンにとって、植え替えは非常に重要です。
サボテンは追肥で大きくするというよりは...続きを読む

Qサボテンが攻撃してくる?

カテゴリーがわからずここにしてしまいました。違っていたらすみません。
私の友人の1人がかなり前に行っていたことです。
子どもの時におばあちゃんちに行くと、鉢植えの大きなサボテンがあったそうです。大きい棘があるのでいつも「いやだなー」と思っていたそうです。
ある時遊びに行きサボテンを見て「この棘が気に入らないなー」と思いつつ横を通り抜けようとしたら棘が刺さったそうです。友人は絶対にサボテンには触れてないと言い張り「いっつも嫌だって思ってたから絶対攻撃されたんだ。サボテンは棘を吹き矢みたいに飛ばすんだ」と言うんです。
そんな話聞いたことがないし、第一サボテンがそんなことをしたら危なくて花屋さんが店頭に並べて置けないじゃないか?と言っても「あの種類のサボテンはやるんだ!」と譲りませんでした。今、本人はいい大人になってますがまだ「サボテンは気に入らない奴を攻撃する」と言っています。
仲間内では「絶対近寄りすぎてうっかり刺さったんだよ」と言ってます。本当にサボテンが棘を飛ばすなんてしないですよね???

Aベストアンサー

サボテンの針と言われる部分は葉が変形したもので、
これを飛ばすといった事はありません。

サボテンの種によっては針が長く、先端に行くにつれて
非常に細くなっている品種があります。気をつけて見ないと
ぱっと見では分からない位置まで針が伸びていることがあります。

我々は目で見た情報だけで距離感を測っていますから、
サボテンの横を通り過ぎたと思っていても、針と接触可能な
距離であった可能性があります。

ちなみにゲームやアニメ・特撮などの世界では
なぜかサボテンが針を飛ばします。強力だという事ですね。

Q普通のサボテンと、エケベリアの寄せ植えについて

エケベリア(黒法師)と普通の丸いサボテンを寄せ植えにしえています。
ですが…エケベリアがどんどん枯れて来ました。

エケベリアもサボテンの一種だから、土も一緒だし、寄せ植えも出来るかな…と、思ったのですが…それがいけなかったのでしょうか?

水は、普通の丸いサボテンに合わせてあげています。

どなたか、ご助言お願いします。

Aベストアンサー

あまやんです。

黒法師については、夏は全くやらないというのではなく、枯れない程度に、できるだけ涼しいところに置き、週1、2回くらいを目安に水をやったらいいです。土は市販のサボテンの土で問題ありません。ただ、あまりに大粒のものは向かないので、花の土を半分くらい混ぜてもいいでしょう。
 下葉が落ちて、背が高くなったら、上は思いきって、切って赤玉などに差し木し、下はそのまま管理していくとまた芽が出てきます。葉差しで増やす事もできます。一株を長い間古木に育てるよりは、新しいものを増やして行く感覚で育てた方がきれいです。

短毛丸、花盛丸の仲間(エキノプシス)は、玉サボテンの中でも最も丈夫な種類で、日本の気候にもよくあい、暖地では庭の地植えでも大きくなって群生して開花しているのを見かけるほどです。暑さ、寒さにも大変強いです。この仲間は、一般的なサボテン(白いサボテンなど)と違い、夏に水やりを控える必要は全くありません。ただし、冬場は水を控えめにし、ガラス越しの日光にあてると翌年の開花が促進されます。

土も、市販のサボテンの土でもいいし、強健で生育旺盛なサボテンなので、肥料が多めでも大丈夫です。むしろ肥培した方が開花しやすいです。植え替えは毎年してください。石灰をひとつまみ入れるとさらに良いです。

 ただ、夏に水をやっても問題ありませんが、夏場はあまりにも直射日光が強いと日焼けするので、夏場は昼間は半日日陰のようなところか、樹木の下で遮光した方がいいと思います。

最近人気のあるのは、「王冠短毛丸」という種類です。とげがなく、美しい大輪の香りのある花を夜に咲かせます。(下記URL) この仲間は、すべてこの系統の花です。6、7センチくらいで開花すると思います。子吹したら、はずして差しておくと簡単に増えます。

エキノプシスは黒法師よりはずっと性質が強く、根も張り、大きくなるので、多肉植物はもちろん、他のサボテンとの寄せ植えは無理です。また、黒法師を寄せ植えをするなら、サボテンではなく、秋冬型のエケベリア類、ベンケイソウ類、セダム類でやった方がいいと思います。

サボテンの世界は奥が深いですよ!初心者からマニアまで色々楽しめます。がんばっていろいろ育ててくださいね。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~kakikuke/saboten20020927.html

あまやんです。

黒法師については、夏は全くやらないというのではなく、枯れない程度に、できるだけ涼しいところに置き、週1、2回くらいを目安に水をやったらいいです。土は市販のサボテンの土で問題ありません。ただ、あまりに大粒のものは向かないので、花の土を半分くらい混ぜてもいいでしょう。
 下葉が落ちて、背が高くなったら、上は思いきって、切って赤玉などに差し木し、下はそのまま管理していくとまた芽が出てきます。葉差しで増やす事もできます。一株を長い間古木に育てるよりは、新しいもの...続きを読む

Q埼玉県内のおすすめのとんかつ屋を教えて下さい!

とんかつを食べたくなりました。埼玉県内のおすすめのとんかつ屋を教えて下さい!できればさいたま市から近い場所がベターです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

さいたまでは有名な、「がってん寿司」はごぞんじでしょうか。
その系列で、「かつ敏」というのがあります。
http://www.gatten.co.jp/contents02/09katsutoshi/
埼玉で展開していますが、大宮近くでは、東大宮や岩槻にあります。
店舗一覧は、
http://www.gatten.co.jp/contents/map/

新宿のとんかつサボテンは、新都心のけやきひろばにあります。
http://r.gnavi.co.jp/g586305/

あちこちにあるのが、とんかつ和光。
与野のイオンにもあるし、コクーンにも、浦和の伊勢丹にも、まあ、主だった駅ビルにははいってます。
リーゾナブルに、ということですと、「かつや」。
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/index.html
豚カツもいいですが、カツ丼が低価格でおいしいと評判です。
自動車でのアクセスがよいところに多いので、大宮だと、駅からはとおいです。
http://ff.gnavi.co.jp/shop/98/4005050.html

さいたまでは有名な、「がってん寿司」はごぞんじでしょうか。
その系列で、「かつ敏」というのがあります。
http://www.gatten.co.jp/contents02/09katsutoshi/
埼玉で展開していますが、大宮近くでは、東大宮や岩槻にあります。
店舗一覧は、
http://www.gatten.co.jp/contents/map/

新宿のとんかつサボテンは、新都心のけやきひろばにあります。
http://r.gnavi.co.jp/g586305/

あちこちにあるのが、とんかつ和光。
与野のイオンにもあるし、コクーンにも、浦和の伊勢丹にも、まあ、主だった駅ビ...続きを読む

Q水栽培のヒヤシンスを土に植えても花は咲くのでしょうか?

水栽培のヒヤシンスを育てていて3センチほど根が出ている状態です。
これを、今からガーデンヒヤシンス用の球根と混ぜて同じように土に植えてもちゃんと花が咲きますか?
また、開花時期も同じくらいに咲いてくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

まったく問題なく開花します。
水栽培用の球根はひじょうに大きいので、
地面に植えると見ごたえのある花を咲かせます。
今なら開花時期に影響はありませんが、
品種によって半月くらいずれる可能性はあります。

ヒヤシンスの花は雨に当たると寿命が短くなりますので、
花を長く楽しむためには、プランターや植木鉢に植えて、
花の盛りには軒下などに移した方がいいと思います。
特に大きい球根は花茎も大きくなるため、
雨水を花に含んでします、
その重さに耐えられずに折れてしまうことがあります。

Q冬のサボテン…水遣りについて

一目惚れしたサボテンが有り…初めて、サボテンを育てる事にしたのですが、分からないことがあります。
サボテン用の土の袋に、[サボテンは、冬の間、水をあげてはいけない]と、書いてありました。
本当に、冬の間は一切、水をあげないで良いのでしょうか?
その袋には、[夏は週に2回くらい]と書いてありましたが…あるサイトでは、[細く小さな根は、水が無いと枯れてしまうので、水を完全に切らしてはいけない]と書いてありました。
サボテンの水遣りなどの管理は、どうしたら良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

サイズが小さいもので最低温度が5℃を保てるのでしたらごく少量水を与えても大丈夫ですが直径が
5cm以上あるのでしたらお彼岸まで断水が無難です。
小苗でも水を与えて光量が不足だと徒長してしまい
全く価値がなくなってしまいます。
根が成長を始めるのが最低温度と最高温度を足して
15度くらいです。全く水を切らすとマイナス3℃くらいまでは耐えられますが水を与えてる場合は0℃で枯死します。短毛丸だとするとサボテンの中でも
寒さには強いほうです。

Qサボテンの鉢植えの砂。なぜ固まっているんでしょう?

こんにちは。よろしくお願いします。

ずっと前から不思議だったので、お聞きしたいです。
gooで検索もしたんですが、これだって内容のものが、なかったので・・・

サボテンをいくつか育てています。
お店から購入すると、大抵糊状のもので固められた土に、「固定されて」生えてますよね?
ああする事に、どんなメリットがあるんでしょうか?
サボテンも、植物です。
根っこも、のびのびしたいのではないか?と。

一度、1年ほど、固定されたサボテンがうちにいまして大きさが全然変わらないし、まあ、私の気持ちが済むのなら、と鉢から出そうとするのですが、固まっているのでそうそう鉢から出ません。かと言って、サボテンを引っ張ると、切れてしまいそうです。
結局、金槌で鉢を壊して、砂もそれで砕いて、なんとか、サボテン本体を救出(?)しました。
で、とりあえず、園芸用の土に植えておくと・・・
時間とともに、大きくなりました。
(結局は、私のうっかりで霜で枯れましたが・・・)

じゃあ、あの固めた砂は「成長させないため」ですか?
どうなんでしょう?
ご存じの方、教えてください。
よろしくお願いします。

こんにちは。よろしくお願いします。

ずっと前から不思議だったので、お聞きしたいです。
gooで検索もしたんですが、これだって内容のものが、なかったので・・・

サボテンをいくつか育てています。
お店から購入すると、大抵糊状のもので固められた土に、「固定されて」生えてますよね?
ああする事に、どんなメリットがあるんでしょうか?
サボテンも、植物です。
根っこも、のびのびしたいのではないか?と。

一度、1年ほど、固定されたサボテンがうちにいまして大きさが全然変わらないし、...続きを読む

Aベストアンサー

小さい鉢が多いですから、輸送時の振動などで砂がこぼれるのを防いでいます。
また実際に買って置いてから、転倒してもこぼれない事やサボテン自身がぐらつかないメリットがあります。

Q株分けしたサボテンについて

最近サボテンの株分けに初挑戦したのですが、サボテン用の土がどこにあるのか分からず、とりあえず親サボテンの土を使っています。まだひと月程しかたっていないので枯れた様子はありませんが、根が生えた様子もありません。それで少し、不安になってしまいました…。やはり土はどこかで購入した方がいいのでしょうか。

近所の花屋さんにはサボテンの土は置いていなかったように思います。なるべくネット通販じゃない所で購入したいのですが、大体どの辺りで購入すればいいのでしょうか。また、株分けしたばかりの小サボテンにとっていい土とはどういったものなのでしょう。

分かる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

サボテンは丈夫なので 砂のみでも育ちますが

サボテンが自生している地域って意外と土は養分が豊富なの
もとは森林だったところが 極度の乾燥化のため サボテンに進化したのみ生き残った という土地なので 土には腐葉土に富みます

サボテンの愛好家は 砂に 腐葉土 モミ殻燻炭 蠣殻 などをまぜて植えています

サボテンはカルシュームを補給したほうが生長が善いので 蠣殻など カルシューム源を少しませるといい
鳥系を扱っているペット屋さんに売っているかも

大変なときは 山野草用 のてもいいかな

Q1週間前に植えたつるバラの大苗を地植えに植え替えても大丈夫でしょうか。

約1周間前につるバラの大苗を10号鉢植えにしました。品種はアンジェラです。
これを地植えにしようと考えています。
それは,日当たりや,水やり,今後の成長を考えてのことです。
まだ,2月中なので,根は活動していないので,植え替えは大丈夫だと考えているのですが,どうでしょうか。
それとも,鉢植えで1年間育ててから,地植えにするほうがいいのでしょうか。
また,このアンジェラの大苗の他にも つるミミエデンという品種のバラも1週間前に鉢植えにしていますが,この品種は,あまり病気に強くないようなので,地植えよりも鉢植えで育てるほうがいいのでしょうか。
アドバイスよくろしお願いします。

Aベストアンサー

バラの植え付けは今が時期(休眠期)なので最適です。従いこの時期に苗木が多く売られています。
出来れば早いほうが良いと思います。
ミミエデンはどちらでも問題ないのですが、病気 特にうどんこ病が発生しやすいので
その対策(風通し、日当たり)に注意が必要です。鉢の方が管理がしやすいかもしれません。
庭植えなら 苗木ですので、雨の時の泥除けが必要かと思います。
鉢植えなら(雨除け、)日当たり、風通しと場合によっては早めの薬剤散布(春)で大丈夫でしょう。
時々ジョウロ等でシャワーも必要かと思います。(風通しは大事です。)

結構どちらも 日々の点検と早めの対策が好ましいと思います。
バラは比較的病虫害が多いので、放置は危険です。


人気Q&Aランキング