gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

Appleは、半導体不足の影響により、2021年のiPhone 13生産目標を最大1000万台引き下げる見通しだと明らかにしたと伝えています。その影響は?

gooドクター

A 回答 (2件)

10月13日、Bloombergの報道によると、複数の関係者によって、米アップルは長期化する半導体不足を理由に新型スマートフォン「iPhone13」の2021年の生産目標を最大1000万台引き下げる見通しだのを判明しました。


同社は10-12月に9000万台の新型モデル生産を見込んでいましたが、半導体メーカーのブロードコムとテキサス・インスツルメンツ(TI)が十分な部品供給に苦慮しているため、この数字は下方修正される見通しをアップルは現時点で生産提携先に伝えているという。
この情報に合わせて、iPhone13発売以来、iPhone12シリーズを買ったほうが賢いだろうという声はますまず高くなりますでしょう。
    • good
    • 0

Android に流れる。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング