色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

宗教信じている人達に質問です。何を根拠に神様を崇拝しているのですか?

A 回答 (11件中1~10件)

基本的なことはNO.10様に仰る通りです。



ただ、ある年齢まで生きてくると超越者(神のようなもの)の存在を痛感いたします。キリスト教とか仏教にこだわりません。なぜならキリスト教だけになってしまうとキリスト教だけの世界の神に留まってしまいます。仏教だけというのもしかりです。狭くなってしまいますよね?

神のような者(すなわち超越者)に愛されることの大切さを痛感するので、宗教というよりも超越者の存在を信じ、祈りを捧げるのです。

まあ、普通の方(常識的な人)には決して理解されない(既知外扱いされる)ことだとは思います。
m(..)m
    • good
    • 0

宗教は理論や理屈ではありません。


信じるだけです。

だから根拠などありません。
あるのは、きっかけですね。

ワタシが知っているのは。

・死にそうな目に遭った
・子供と上手く行かなかったが
 宗教の言う通りにやったら上手くいった
・親がやっていたから
・逃げ場が欲しかった
・仲間が欲しかった
・騙された、いや説得された
・儲かる 幹部になると儲かるそうです。
・神秘体験をした
    • good
    • 1

仏教に於いては、『神』を信仰の対象(本尊)とはしていません。



『神』の取り扱いについては、宗教・宗派によって異なります。

先ずは、あなたがその事を良く知りましょう。
    • good
    • 0

結果を見て


神や仏を肯定する事は出来ても、否定する根拠はありません

貴方は自らの存在が何であるか、それすらも十分に認識していない
貴方は死によって、己の有限性に気づかされる事になります
貴方は無限の『富』や『権力』を手にしたとしても、
いつかは死ぬという定めからは、絶対に逃れることはできません

この有限性を自覚し、死の恐怖や不安を克服するために、
人間は何らかの永遠性に参画し、動物的本能の生き方を超えて、
初めて一個の人格となることができるのではないですか
愛を説き慈悲を説く宗教が無かったら
人間の知恵はいかにも底の浅いものに、更に邪悪なものに
なっていただろうと思います

政治経済道徳芸術、すべてが宗教から始まったのです
現在もなお、すべての底辺に宗教があります
内村鑑三は「死のあるところ宗教はあらねばならぬ」
と言い、更に
経済の背後に政治がある 政治の背後に社会がある 
社会の背後に道徳がある 道徳の背後に宗教がある 
と述べています

神や仏を肯定する事は出来ても、否定する根拠などないのです
    • good
    • 0

一番信頼できるバイブル、聖書は御言葉の糧❣イエスキリストは言う、人はパンのみにて生きるにあらず神の口から出る一つ一つの言葉で生きる

もの❣
    • good
    • 1

神秘体験。

    • good
    • 0

S価学会の信者の場合、政教一致している公明党の候補者が沢山議席を獲得する事でございます。

    • good
    • 0

神様とは限りません。


仏様もあります。
太陽もあります。
山もあります。
北斗七星もあります。
    • good
    • 0

人間や動物の体の仕組み、植物の美しさ、


地球のすばらしさ、宇宙の壮大さ。
数学、物理学の法則
これがすべて自然にできるわけないでしょ。
全知全能の神様でないと作りようがありません
    • good
    • 1

根拠なんてないだろ。

安心を得るためにやってるんだ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング