【初月無料キャンペーン中】gooドクター

インフルエンザのワクチンを打たなくても叩かれることはまずないのに、
コロナワクチンを打たない人が叩かれるのはなぜですか。

gooドクター

A 回答 (6件)

集団免疫の獲得の問題になる対象だからでしょう


本当に理由があって、打ちたくても打てない人を助けるためにも、打てる人には打ってもらいたい、というのがあります
集団免疫を獲得するには多くの人の協力が必要です、それを大した理由もないとか、間違った知識で接種を拒否している人を見れば、そりゃ大多数は「なんだかなぁ」と思うのは普通だと思いますけどね

そもそもインフルエンザとは致死率が違います
そして治療法もまだ確立されていない

コロナ禍によるマスクや手洗い、行動規制でインフルエンザがどうなったか知っていますか?
インフルエンザの種類によっては、もしかしたら根絶されたのではないか、というくらいに感染者数が減りました
逆に言えば、それだけの規制を敷いても新型コロナは止められなかった、それくらい新型コロナは感染力が強いウイルスだということでもあります
手抜きすれば一気に広がるんですよ

そもそも、こういう場所で「私はうちません!」なんて宣言しなければ叩かれることなんかないのでは?
ワクチンを打たないなら、自分を律し、行動規制をし、人に会わない生活をただ続ければいい、人に接触しなければ感染することはほぼないですからね
それが可能な職業なのか、それであなたが人生を楽しめるのかは知らんですけど
    • good
    • 0

まず、ウイルスの強さの格が違うかと...致死率や、感染力の強さなども..


インフルエンザにかかって入院する人は、少ないですよね。まだコロナについて謎な部分もありますし。
あと、インフルエンザには、特効薬がありますが、コロナには現時点で使える特効薬がないからかと。そこで重症化を抑えてくれるのがワクチンなのでコロナワクチンを推奨されているんだと思います。
    • good
    • 1

インフルエンザウィルスに対しては、国民いや全世界的にある程度の抗体能力を獲得していて、感染しても死んじゃう人はそうそう居ない


また、感染再生産性もコロナよりも低い

新型コロナに関しては、まだ人類は有効な抗体を獲得出来ていない

そういう違い
    • good
    • 1

インフルエンザは世を壊す程ではないからです。

インフルエンザの特攻役もあるし。コロナは世を壊しています。特攻薬もありません。ワクチン接種しないと世の中を元に戻せないからです。持病で打てない人間以外はワクチン接種するのが人の良心です。
    • good
    • 0

コロナワクチンは「努力義務」とされているからでは?



厚生労働省サイト
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0067.html
    • good
    • 1

自分のためではなくて、他人の命を危険にさらすからです。


わがままは許されません。
個人の自由は尊重されなければなりません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング