【初月無料キャンペーン中】gooドクター

ここ最近(20年くらい)の、中国の富国強兵ぶりが凄いですが、本当に武力行使に訴えて台湾を奪取する気なのでしょうか。
中国以外にもロシアが武力でクリミアを奪取しましたが、旧共産圏の国々って19世紀末から20世紀前半の帝国主義さながらのやり方ですよね。
今後の見通しに対し、ご意見下さい。

gooドクター

A 回答 (5件)

本気で奪取でなく奪還と言うでしょうが、やる気は満々でしょう。

別の制度で成功できるという見本が傍にある、というのは耐えがたいと思っているでしょう。
ほんとに やり始めたら、日本は安閑としてはおられなくなりますね。中国は沖縄も もともと中国だったと言ってますからね。ここでアメリカが手を引くようなことがあったら、日本は一気に核武装に走らざるを得ないでしょう。憲法などあらばこそ、ということになりそう。そこまで行く前に西側諸国が干渉して、日本の核武装なんてことはなくなる、と期待しています。尖閣くらいはもぎ取られるかも知れません。台湾は武装したは永世中立国になるんでしょうね。
    • good
    • 0

ここ最近(20年くらい)の、中国の富国強兵ぶりが凄いですが、


本当に武力行使に訴えて台湾を奪取する気なのでしょうか。
 ↑
米国には、台湾関係法という法律が
あります。
これは、事実上の軍事同盟です。
だから中国も簡単には手を出せません。
米国次第です。
米国が台湾を犠牲にしても、という
利益があれば、黙認するでしょう。



中国以外にもロシアが武力でクリミアを奪取しましたが、
旧共産圏の国々って19世紀末から20世紀前半の
帝国主義さながらのやり方ですよね。
 ↑
中国に言わせれば、今まで中国が散々
やられて来たことをやるだけだ
というつもりです。



今後の見通しに対し、ご意見下さい。
  ↑
台湾の重要性を考えれば、米国が
黙認するとは思えません。
また、米国としても、これ以上中国が
大きくなるのは臨まないはずです。

そして中国という国は、共産党員が
甘い汁を吸う為の組織と化しています。
そんな良い想いをしている共産党員が
米国とやり合う、なんて危険を冒すとは
思えません。
    • good
    • 1

米軍は、世界各地での豊富な実戦の経験を積んでいます。

中国軍には、ありません。この差は、非常に大きいのです。いくら金に言わせて近代装備を買って揃えても、使う使い熟すノウハウ/経験が無いと全く役に立ちません。米軍は、最新装備の最強の空母群を多数保有していて、日夜、訓練に励んでいます。対する、中国軍の空母は、ロシアが手放したヨレヨレの中古で、中国軍は、真面な発艦着艦訓練も碌に出来ていないと言われています。
 最新の戦闘機があったとしても、それを乗り熟す乗員パイロットの腕がモノを言います。世界各地で実戦を豊富に経験している数多くのパイロットがいる米軍と中国軍では雲泥の差があります。
 海軍にしても、実際に戦闘が開始されたら殆どがアッと言う間に米軍の潜水艦群に中国軍の潜水艦を含む全ての戦艦は、補足され魚雷の餌食になるでしょう。
 中国が強気なのは、国民の不満を国外に逸らして、国内で不満の声が上がるのを防ぐ為のポーズなのです。そうでもしないと国民の数々の不満が政治の実権を握る自分達に集中して身が危うくなります。
 中国軍の弱点は、中国軍と中国の政権を握る者達が一番良く知っています。なので、口では、対外的に幾らでも強気に発言しても、絶対に開戦はしません。そんな事をしたらアッと言う間に米軍や日本の自衛隊にコテンコテンに徹底的に叩かれて惨めな敗北を喫するのは明白だからです。
 台湾に手を出したら国際社会からも徹底的に叩かれるでしょう。戦争は先に手を出した方が叩かれるのが普通です。
    • good
    • 3

平和に収まると思います。

習近平のポーズですよ
    • good
    • 2

台湾の



ミラージュ2000−5Ei



中国の

J−16

とか

よゆーだね!
「ここ最近(20年くらい)の、中国の富国強」の回答画像1
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング